さくら

4月1日 日 晴れ

絶好のお花見日和のお天気である。年度末、幾人かの先生方がクリニックに離任の挨拶にみえた。いずれも地域医療やご自身のキャリアアップに頑張って来られた方ばかりで、お忙しい合間を縫って、小生などに会いに来ていただき甚だ光栄なことだと、とっても嬉しかった。新天地でもその能力を存分に発揮していただければと思う。年度末はお別れの季節でもあるが、同時に明日からの新たな出会いの季節でもある。寒い冬にお別れをして、桜が咲いて瞬く間に散ってゆく・・というなんともドラマチックな季節の移り変わりはそれぞれの人々の人生に一つの節目を形作ってくれることであろう・・・私の日常はな〜んの変化もないのであるが。



地域の桜も場所によって咲くタイミングが異なるのですね。患者さんとの会話にも度々登場することとなります、この季節。みなさん待ち遠しかった春なので。ご高齢の方ですと、来年もまた見られるのかしらとか、もうぼちぼちよろしいですわ(意味・・わかりますよね)とか色々と仰います。エンドオブライフは神様のお決めになることですので、それまでは1日1日をありがたく過ごしていきたいものだと思っています。いのちを鴻毛のかろきに比してはなりませぬ・・・。