コオイムシ

7月2日 月曜日 暑い

今日は深夜にサッカーの日本代表の試合があるそうですね。私はすでにおネムになりつつありますのでおそらくリアルタイムでの視聴はできないと思いますが・・・頑張れ日本チーム!ワッフルと小便小僧のチームを打ち破れ!なんて考えながら本記事を更新しております。



お仕事、終了終了・・・とか思いながらお外に出ますと、お母さんとボクが当院駐車場にお車を止めて、なにやらしておられます・・・。近寄ってみると、よくよく存じているお母様が子供さんの昆虫採集に付き合って来られているようでして・・

「タガメをうちの子がこちらで獲ったみたいで・・・」

「タガメじゃないよ・・こおいむし!」

「(小生)コオイムシ?行為虫?子追い虫?・・・・」

一心になって駐車場の脇の溝に手を突っ込んでおられます・・何だかその虫が無限にいるらしく、次から次から手で捕獲しては見せてくれるのです。一方で、駐車場に車を止めていることに気が気で仕方がないお母様はソワソワ・・子供さんはウキウキ・・という何とも微笑ましい状況に相成りました。

コオイムシ・・・実は子(背)負い虫、というのがそのネーミングの意味のようです。普段駐車場の横を何度も通っているのですけど、そんな虫なんかに気づきもしないものですね、大人って・・。見えているはずなのに見えないもの。



そんでもって今は、カラテカの矢部さんの漫画的エッセイ・・のような自伝のような・・とにかく名作を読みながら(奥さんに教えてもらいました コレイイ)、お昼間は山中先生(師匠)のこれまたエッセイを堪能しながら・・・眠りに落ちていきます     zzzzzz