ネンドマツですね

3月23日 金曜日 晴れたけど寒い

見た目倒しの寒い一日であった。日光が風に負けたかという感じ。知らぬ間に春分の日も過ぎたのか・・・と考えていたら、5時を過ぎても窓の外が明るいのに気付いた。地球は公転しているようだ・・確実に。もうとんと関係のない言葉となったが、年度末の人事異動・・の時期でもある。基幹病院に昨日勉強会に聴講に行ったのだが、予定のお部屋は真っ暗闇であり・・・やっぱりな、この押し迫った年度末にはないよなと思いながら退散してきたものである(予定は変更されたご様子デス)。夜は夜とて、新・映像の世紀なるビデオクリップを見て、またまたゲバラの著作を手にとってみる。若者が時代を動かした20世紀の時代のお話である。ワルシャワ条約機構 VS NATOっていうの・・・中学校の時に習ったものな・・・。スポーツに政治的なものを持ち込むべきではないとかいう議論もよく耳にするが、女子体操選手のチャスラフスカさんとか、思いっきり政治的な行動をとっておられるものな。

時代は変わったものだ。ベルリンの壁も今はもうない。インターネットとか・・・誰が予想し得ただろうか、かつてのブッシュ大統領は複数形にしておられたが・・・。

そんなこんなの・・・ネンドマツである。昔の医局で過ごす三月末は寂しいものであったな。みんなの出発とか、色々な想いの交錯するこの季節。

それにしても、新・映像の世紀第5集 若者の反乱って傑作である。何度見ても刺激を受けるお年寄りに日々近づきつつあるワタクシ。番組はデビッドボウイのベルリンでのシーンなどで締めくくられる。50年後にはどのように振り返られるのだろう・・・今の世の中、もうこの世にはいないと思うが。