三度目の〇〇

9月28日 木曜日

世界情勢が激動している最中に、日本の政治状況もてんやわんやのようである。メディアではもっともらしい解説がされているが、いずれもしっくりくるような、そうでないような・・・。僕が思うに、やってる政治家たちも何がどうなるのかよくわからない状況になっているのではないかと思うのであります。2045年問題ってご存知でしょうか・・。シンギュラリティっていうのが巷で囁かれています。人類(日本とか外国とか関係なくって・・人類です)の社会に爆発的な環境変化を巻き起こすような技術革新のことを言うのだそうである(技術的特異点って言うそうです)。2045年にAIが人類の脳みそを上回るのではないかということだそうな。2045年には私もこの世におるのかどうかわかりませんので、もうどうでも良いのではありますがちょっと覗き見てみたい気もします。



この間見て来た映画のタイトルですが、三度目の〇〇の意味がちょっとわかったような気がしました。三度目の政権交代・・っていうテレビのサブタイトルをみてから・・・。でもリセットとか、改革とか言われても今ひとつピンとこないのは・・・自分が生きてるこの世の中、そう簡単にリセットもできなければ、しがらみを断ち切ることもできないってことが身にしみてわかっているからなのではないのでしょうか。何となく、東浩紀さんの主張が徐々に理解できるような気がして来た今日この頃です。そう、私たちは地道に、何の代わり映えもしない毎日をコツコツと生きて行くしかないのであります・・・・政治家さんはいいよね、勝手にポンと解散とかリセットできて。そんでもって、バンザーイとか・・・どやねん。