真実と虚構

5月31日 木曜日

朝から雨が降っていたがいつのまにか止んでいる。あまりにも世の中に色々なことが起こりすぎていて、ほぼテレビを観ていない生活の小生にはかなり遅れている部分がありそうである。さりとて眠る時にはラジコちゃんを付けっ放しにしているので、ある程度のことはフォローできているつもり・・・。ついでに夜中に目覚めると伊集院光さんとかおぎやはぎさんとかのおしゃべりも少し耳に入ってくる(おかげで朝はやや熟睡感が乏しいのですけど・・)。読み物は読み物で、一家してミステリーとか推理小説ものにハマっているので、ノンフィクション(真実)からフィクション(虚構)に最近はややモードチェンジです。何日かかけて読むのですけど、相変わらず読んだところから数十ページ戻っては読み直す作業を繰り返すのでなかなか終わらないんだな、これが・・。で、クライマックスに近づくとちょっと勿体無いような気がしてわざとゆっくりしたペースで読んでみたりしているのだ。



ちょっと奮発して購入してみた単行本・・。これははじめからかなり読み入ってしまう感じのやつです。

真実と虚構・・・ラジオで流れてくる議会を傍聴してみると、ちょっと耳を疑うような議論がなされています(こんな部分はテレビではオンエアされてないのだろうな・・・)。ここまで劣化してしまったのですね。鬼籍に入られたような歴代の政治家の方々がおそらくあの世で嘆いておられることでしょうね・・。ま、嘆息しつつ、毎日のお仕事に精一杯頑張ることとしませう!