ブログネタあれこれ

11月14日 晴れ 気温低い

クリニックのリンクにくっつけておくのは果たしてよいものかどうか・・思案中の当ブログであります。なにせ医学的に有益な情報からは、かなりほど遠い内容を誇るものであり、絶滅危惧種のようなものであると自負しているところです。ところがブログの下書き欄には書きかけのネタが常に複数個存在している(TypePadよくできています、有料ですけど・・)のですね。内容的には若干門外不出のおもむきを持つものもすくなからずあり、日の目を見る瞬間がくるのかどうか微妙なものたちの集まりを形作っているわけです。ヒトって、そこに地雷があると踏んでみたくなったり、ドアノブがあると回してみたくなったり、顔に痛がゆいデキモノがあるといじいじと触ってみたくなる生き物だと思われないですか?。これをやったらダメよ、っていわれた赤ん坊が『あ〜あ、やっちゃった』って言われるような出来事、そこかしこに存在しているわけです。・・・ですが、やはりお披露目する事のできない文章、埋もれています、下書き欄に。えへん、今週末は外科当番でお仕事をしております。不幸にもお怪我をなされたり、風邪をひかれたりした方はどうぞおいで下さい。

のぼう

少しづつ進行中の読書です。まだ評価は保留・・・、とりあえず『でく・のぼう』の一言目の台詞には少し惹き付けられるものがありましたが。乞うご期待!

 

先にみ〜っけた

11月13日 水曜日→願望でした 火曜日

ときどき耳にする事・・・アメリカは日本の領土問題が解決しない事を望んでいるっていう言説。おそらく本当なんだろうなあって思います。日中あるいは日韓と同じく、まさにアメリカもステークホルダーそのものであり、どちらの側にもはっきりつく事のないスタンスが、アメリカへの求心力を高める事となりかれらの国益に叶うのである、という理論ですね。事ほど左様に領土問題というものは厄介なシロモノなんですね。何となくみんな、そんな簡単に解決なんてしっこないよね、っていうのはわかっているのだろうと思うのですが(そんなこと考えるのは非国民の私だけなのでしょうか?)、表向きはそうとは言えないのです。先占の法理っていう理論があるそうです。要するに、初めてその土地を見つけた人がその人の領土にできるって言う理屈です。で、アメリカなんかはもとを辿れば、ネイティブインディアン(こう呼ぶのを良しとしない人がいるのですが、すみません)がそこにいたのは間違いないのだけれど、彼らは国家というものを持たなかったために、その権利がないんですね。まあ原始的な法則でそれほど知性的な制度ではないなと思うわけです。思うに、そんな制度でも頼りにしなければ、戦争を除いて他に解決する方法がないのでしょうね、領土問題って。あとは大人の智恵を総動員して、いかに解決したかのようにみせる技というか知性がわれわれ一市民にも求められているような気がします・・・。

文殊

のどが痛いという症状で来られる患者さんが増えています。栄養と休息を十分にとって、みなさま健やかにお過ごしください。

Have a happy weekend!

11月11日 土曜日 晴れ

土曜日の診察は、これで一週間が終わるということもあって朝から勢いでがんばります。土曜日だけはお昼過ぎの1時まで開けていますので何となく長丁場なのではありますが。診察の合間にはしょっちゅう送られてくるダイレクトメールの中身のチェックなんかをしています。学会雑誌はぱらぱらとめくって積んどくコーナーに直行します。医師会関連の書類は重要な物もたくさんあるので要チェックコーナーに(ところがこれもすぐに山に埋もれてしまい、期限切れ間近に気づくなんてこともあり困ったものです)。結構読み込んでしまう物の中に、「週刊医学界新聞」という小さな新聞スタイルの医学書院の発行物があります。前職の時にサンプルが送られてきて、いつの間にか継続的に送られてくるようになり、興味深い特集も多いので退職時には転居届まで出して今も送ってもらっています。今回は外来診療の神様と言われるローレンスティアニー氏を囲む座談会の記事が載っていました(実は彼の著書のいくつかを義兄が翻訳しております。みなさまよろしく・・・)。テクニカルな事だけでなく、暖か目線の彼の至言にしばしう〜んと頷かされました。総合的な外来診療の知識と技術、まだまだ勉強しないといけません・・・

キャラ弁

明日は娘の塾のテストだとか。こんなおべんとう食べながら日々がんばっておられるようです・・(私は模擬試験には昔からひとつも良い思い出がありませんが・・)

そんなに昔はハイレベルだったのか・・・?

11月7日 水曜日 立冬、でも比較的穏やかな一日

朝は時計代わりにつけているテレビですが、相変わらず誰かや何かを叩く話題に喧しい。今朝は『暴走◯◯』の名付け親のあの方の話題でした。気づけば名付け親のこの方も暴走◯◯と呼ばれてましたが・・・。いろいろな立場の方がさまざまな事を述べられていましたが、どうやら誰の意見でも同じように語られる前提事項は『いまの大学生のレベルは劣化している』ということのようです。これにはあまり誰も反論をされてはいませんでした。が、本当にそうなのでしょうか?まあ学力の低下は実際にあるのだとは思いますが、そこまで言われる程のことなのかと思いました。世のおっさん連中(当然私も含まれるわけですが)に尋ねてみると、ひと昔前まではまるで手柄話のように『大学の頃は、授業なんて出た事もないし、麻雀かパチンコを覚えて、授業は必要最小限だけ出席して・・・』なんて聞こえてきたものです。なんだ、自分たちもろくな学生生活送ってないじゃんか。と考えるわけですね。いろんなことに興味を持ってフィールドワークをしたり、社会に関わっているまじめな学生諸君もいると聞きますし、なにより今の人たちの方が、外国の人との交流も多いですし、フランクに気後れせずに会話をしたりする能力は昔よりも向上しているなあと思うことも少なくないと思います。自分の事は棚上げにして『無駄に4年間過ごすくらいなら、すこしでも早く就職して社会のために働きなさい・・』などと述べておられるのを聞くに付けて、思わず他局に変えてしまったのは私だけではないのではないかと思います。たとえ学力が低下している学生さん達であったとしても『4年間、どういう風に過ごそうが、放っておいてくれよ』という気持ちになるのが当然ではないかなと思いました。私ならそう思うと思います。そんなこと仰っている政治家が今のような社会の仕組みづくりに携わってきたわけですし、メディアの方達はついこの間のiPS騒ぎにまんまと騙されてしまっていたわけですし、悪い人たちを取り締まる役目の人たちにしても冤罪逮捕の話には事欠かない状況なのです。

怒れ、学生さんたちよ!!劣化しているのは、われわれ大人たちも同じなのです。思う存分学生生活を楽しむべし(自分の責任でね)!でも、何か今後を生きて行く糧のようなものを見つけるのには貪欲になってほしいと願います。

風林火山

やや流行に遅れているのは否めないのですが・・・面白いです。

パンの日とか公園掃除とか

11月4日 日曜日 晴れそう?

朝から近所の公園掃除でした。この時期、もう草はあまり生えていないのですが。わいわいがやがやと皆で集まって、これも一つのコミュニティーの形なのかなと思います。みなさんのお元気を確かめ合ってではまた会いましょう、ていう感じですね。おとといの金曜日は恒例のパンの日でして、今週は甘いものシリーズで攻めてみました。なかでも秀逸であったのは、2種類のアンパンマン。怖い顔をしているのがチョコパンで、優しそうな方がクリームパンだそうです。

アンパンマン

日曜日の朝の番組は冒頭から『愛国心、愛国心・・・』と皆さんが叫んでおられます。国を愛する心の形は人さまざまだと思うので、あまり愛国度を競い合って表現するのもいかがなものかな?と感じました。そんな抽象的な事よりも、もっと有形の具体的な諸々の問題を解決すべく頑張って頂きたいものだなと思った私はおそらく愛国心が足りないのかもしれません・・・(困)