お薬のネット販売解禁その後

11月19日 火曜日 くもり

薬事法の改正案の閣議決定のニュース。大分まえにブログでも少し触れたように思うが、いわゆる医師の処方箋がなくても買えるお薬のネット販売の解禁のことである。結論は99.8%のお薬がネットで買えるようになるということのようであるからして、さぞかしネット業者は大喜びかと思いきや、政府の産業競争力会議の構成員をつとめている某ネット販売会社大手の社長さんはその結論に憤慨して辞任するとか言っておられたそうな。自分の意見が通らなかったからと言って辞めるだの辞めないだのという話は、だだっ子みたいである。が、かれの言い分にも一理ある。医師や薬剤師が本当に、副作用の説明をどの程度しているのですか?と。うんうん、忙しい日常診療で、風邪薬を出す時に細かな副作用のお話をする時間がとっても大変なのは実感である。一応してはいるが、不十分きわまりない・・・と、自分でも思う。多分他の先生方もある程度はご賛同頂けるのではないだろうか。そもそも、こんなことが大問題である以前に、あまりにも多くの ”怪しげな” ”おくすり” が、巷にあふれているではないかとも思う。時々患者さんがポロリとこぼされるひとこと、「◯◯の軟骨のおくすりを飲みませんか?って電話がかかってきたので、1ヶ月間お試し価格で買ってみたんですよ。先生どう思います?」って。ネット販売に侃々諤々の議論も良いのだが、こちらもきちんと規制しては如何かと・・・。それとも食品偽装ももう世間的にはどっかに行ってしまったようだから、熱しやすく冷めやすい私たちには関係のないことなのか・・。

ねこ

 

きょうアレルギー検査をした女の子、猫が飼いたいそうなんだけれど・・・。ネコアレルギーの結果、出ませんように(あ、それを調べるために検査をしたわけではありませんので、厚労省の方誤解しないで下さいね。)

それにしても、政策決定の諮問会議にどうして直接の利害関係者が名を連ねることが許されるのだろう・・、不思議。最近医学関連の論文や学会発表では特に、COI (conflict of interest)と言われる利害関係を明示することが要求されるようになっています。つまり、あるお薬を販売している製薬会社から寄付をもらっている医師は、その関連薬に関する発表の際にはよ〜く気をつけましょう、っていうことです。これとどこがどう違うというのか・・?

近況

11月18日 月曜日

更新を怠りながらも月日の流れは早いものです・・・。メニュー誤表示事件であれやこれやと書き綴りましたので一寸休憩しておりまして申し訳ございません。今日もそれほどネタはありませんので先週末からのできごとをニュースフラッシュ的に羅列しておきます。

◯ 勤務していた病院でお世話になった内科の先生の結婚式に出席・・・小生がプリンスとあだ名を付けていた先生だったのですが、そのニックネームどおりにプリンセスを射止めておられました。その時に着ていたスーツに虫食いがあったことを帰ってきてから発見してボー然。

◯ 新たに往診に伺うことになった患者さんとお出会いしました。これからよろしくどうぞ。ご家族や患者さんと話をして初めて色々なことに気付かされます(勤務医時代にはまったく想像もできなかったことなどもあり、まだまだだなあと・・)。

◯ 毎週往診に伺う先の方からいつも頂き物をするのですが・・・それがとっても暖かい感じで嬉しい・・・

◯ 息子が英語のチューターから頂いてきたCDに触発されて見た映画「グッドモーニングベトナム」傑作でした。音楽も抜群、ヒロイン(?)役の娘がかわいい!!ロビンウィリアムスの早口にも圧倒。iTune便利!!

HRC osaka

 

◯ 週末はときどきに家族で訪れるこのお店・・・ベタな感じではありますが好きなのです。

◯ もう一つの週末は、いろいろと理由がありまして、名古屋日帰り往復を。名古屋って大阪の要素もあって、東京のニュアンスもある不思議な街ですねえ。味噌煮込みうどんの麺が硬いっ!!名物なのですけど変わってる。

あたりきまえだ・・

11月6日 水曜日

昨日の話題ですが・・やはり引っかかるなあと思い考えてました。エビが芝だったか車だったかブラックタイガーだったか、詐欺ではないか!とまで仰るのがマスコミのようです。一医師としての個人的感想では、「癌が治る!!」「毛髪がふさふさと生えてくる」「ヒア◯ロ◯酸飲むだけで膝の痛みが治る!!」な〜んていう謳い文句を売りにしている商品があまたに存在しているのを日頃見慣れているので、エビの種類がそんなに糾弾されるのならば・・・と思ってしまうわけです。違う種類のエビを謳っていたわけですから、悪いに決まっています。そんな当たり前のこと、議論の不要な事、誰がどうみてもわかりきった事を、わざわざ時間を割いてテレビで解説してくれなくても良いんでないかなと思いました。それが間違っているって事は幼稚園児でも理解できると思います。一見そうだとわからないような、聞いてもすぐには見抜けないような事を報道して初めてマスコミとしての価値が出てくるのではないでしょうかね。所詮ホテルでのお食事など、経済的ゆとりのある方が少しわりを食っただけの話なのではないのでしょうか?(言い過ぎ?)。癌の治療薬なんていうのは、それはもう、藁をもすがる思いの方たちが、治療費用の他になけなしのお金を投じておられるわけです。正義の味方ごっこはもういいですよ〜〜

2012

もうすぐ雪のシーズンって言う事で・・去年の病院前の景色をアップしました。雪国あるある・・・その①:カメムシの大量発生の年は大雪である。その②:柿の木の豊作な年は大雪である・・・・って、今年そのまんまですよ〜

ウソはいけないと思うけれど・・・

11月5日 火曜日

ニュースをつけると白髪の紳士たちが並びに並んでぺこぺこと頭を下げておられます。そう、食品偽装問題。偽装か誤表示か?っていう質問を記者さんたちは必ずしておられますが、紳士たちは判で押したように「かくかくしかじかで、偽装とは理解していない。」なんてお答えなさっているようです。答えの予想される質問はもうしなくってもいいんでないかな?と思うのは私だけではないと思います。そもそも、デパートの鮮魚売り場っていうのも正確に言うと、「デパートの鮮魚と解凍魚の混在売り場」って事になりそうですし、最近は格段に発達した冷凍技術を考えると、収穫後約1日経った”鮮魚”とまだ半日しか経っていない”冷凍魚”とにどちらに価値があるのか。よくよく考えると、そこまで大騒ぎするような事なのかどうか、私には良くわかりません・・。普段、私自身も鴨南ばんと言いながらこれは鳥だぜ・・なんて言いながらそばをすすったりしていますし、稲庭うどんだか稲庭風うどんだかはっきりと区別しながらうどんを食べているわけでもないので、どこからどこまでを偽装だと大騒ぎすべきなのかよくわからないな〜と思っているのであります。果ては、オッサンの作っているおふくろの味は偽装だ!なんて・・・。今はもう雨後のタケノコの如く多くのホテルや百貨店が発表していますので、いちいち覚えられませんが、その昔はと言えば、雪印牛肉偽装や不二家の原材料偽装、うなぎの産地偽装、さらにはミートホープとか船場吉兆の事件など、その会社やグループの存続が危ぶまれるような窮地に追い込まれていたと思うのですが、その事件と今回のものがどのくらい違うのでしょうか? 一方では、スーパーやコンビニで売っている「生野菜サラダ」なんていうのも、おそらく次亜塩素酸とか濃度はうす〜いにしても殺菌処理がなされているというのも事実でしょうから、産地偽装などに大騒ぎする今回の事件と対照的に、製造工程や添加物にまったく見向きもせずにスルーなのもどうなのかなあ〜と思う今日この頃でした。芝えびかバナメイエビかどっちがどっちでも体に特に害は及ぼさないと思うのですけれどもね・・・。これを機会に、メディアの皆さんももっと製造工程や食品添加物などについてもその真相を教えて頂きたいものだなあと考えています。あ、いやいやホテルとか百貨店とは何の関係もございませんので、特に擁護しているつもりはまったくありませんので悪しからず。

yosao

 

ワイドショーとかニュースの報道っぷりが、大岡裁きよろしく、事の善悪の程度を決めているような今日の風潮はいかがなものかと思います。われわれもそれぞれ自分の頭で考えるようにしたいものですね。

There’s an oscillation..

11月1日 金曜日 晴れ

晴れと書きましたけれど、実はどんな天気だったのかよくわからない・・・ ブログの更新はやはり低調でスンマせん。別に忙し〜かった、わけではなく何となく筆が進まなかったのです(別に筆で書いてるわけではないのですけれど)。在宅診療をしている先生方のツイッターをフォローしているのですが、皆さんそれぞれ溌剌と頑張っておられる様子がひしひしと伝わってきます。自分はどうなのかなあと考えると・・あまり自信がないわけでもありまして。どの程度皆さんのお役に立っているのかな〜などと考えてしまったり・・。

まあ、自分の実力以上の事はできないわけですし、できる事をやるしかしょうがないですね。

mame-shiba

 

私が芝えびです・・間違えないでね、皆さん。