往診・・その後

2月21日 金曜日

まだまだ体の芯から冷えるような日が続きます。インフルエンザはピークを越えたということのようですが、まだ中学校では学級閉鎖があるとも伺っていますし、大人の方もパラパラと来られたりしています。まだまだ気を抜かぬよう週末をお過ごし下さい。

さて、往診をさせて頂いていた患者さんがお亡くなりになられたり、ご入院された場合には、一旦それで往診は終了となりますし、その後のお宅に訪問することはないわけです。しかし最近、その後にご訪問することが幾度かありました。一度目は、ご夫婦共に往診をさせて頂いていたご家庭です。ご主人が入院されたため、奥様の診察をするために伺いました。奥様は認知症を患っておられるのですが、当初ご主人から往診に関わらせて頂いていたので、ご自分はそのおまけだという認識であったのか、私が訪問した時には少々びっくりした表情で「自分のために来て頂けるとは思っていませんでした」と仰っていました。その日は身体診察というよりもお話中心の訪問となったのですが、印象的なお言葉を耳にしました。「主人の病状のことや、その後の経過のことは私にはさっぱり教えてもらえなくて、この間もタクシーを呼んで見舞いに行ったのですけど、主治医の先生にもお会いできずに帰ってきたんです。もう80を過ぎてボケてしまったら人間って何の役にもならないんですね。」寂しそうな表情でそう語られていたのがとても心に残りました。もう一度は、寝たきりの母親をなくされた奥様です。奥様自身ももうかなりのご高齢なのですが、お母様をなくされてから「フーッと気が抜けたようで、いまだに母が休んでいた居間に向いかけては、あっもういないんだと思って引き返してくるんです」と言われて、相当疲れておられるのか、普段は良好に調節されていた血圧が跳ね上がっていました。外科医をしていた頃は、手術をして回復されたらさようなら、開業医になってからはもう少し長いおつきあいになりましたけれど、まだまだ自分の想像し得ない世界があるのだなあと考えさせられました。

flu statics

 

当院での感染症診療を看護師さんがまとめてくれました。忙しい時間の中で、いつの間につくってくれたんだろう・・・。

?と思った2項目

2月18日 火曜日

少しサボっていると早くも2月が逃げてしまいそうな時期になってしまいました。今年はこの辺りの積雪はあまりないのですが、関東地方は大変なことになっています。群馬や山梨では車中に2泊もせざるを得ない人たちがいるとか。コンビニの食品も底をついているらしく、かなり危機的状況なのではと案じられます。そんなニュースもオリンピックにやや埋もれてしまった感もあるようで、それはそれで何とかレスキューを早急に確立して頂かないといけません。ウェブサイトの端っこで見かけた記事のなかにも?マークの灯ったものがありました。一つは、作曲家ゴーストライター事件関連のものなのですが、最近は聴力障害の認定疑惑にまで話は及んでいるようです。担当大臣が、認定制度の見直しについて言及されたそうです。すなわち、聴力があるかどうかの客観的検査を認定制度にとりいれてはどうか検討する、ということなのですが、それはそれでややこしい問題もあるのではないかと思いました。どういうことかというと、客観的検査とはおそらく聴覚刺激を与えて脳の反応をみる検査のことだと思うのですが、この場合、脳の反応は電気的信号や血流シグナルの有無として検出されるわけです。ただし、シグナルがあるからといってもそれがすなわち、意味ある情報として入力できているかどうかということは、また別物なのではないかなあと思います。つまり、何やら良く聞き取れない雑音をシグナルとして検出してしまうと、それをもって聴力があるという風に誤診される心配はないのかなあということを懸念します。聴こえているのに聴こえていないという詐欺はなくなるのですが、かわりに本当はきちんと聴き取れていないのに、聴こえているじゃないかこの野郎という事態が生ずる可能性はないかどうか、きちんと検証しなくてはいけないと思います。何もかも検査が万能と思われがちな風潮は、インフルエンザ迅速検査然り、慎重に取り扱わなくてはいけません。現にDNA鑑定でも誤審があったりするのですから・・。

二つ目の?は、決定された改訂診療報酬の在宅医療関連での新聞のコメントで・・・かくかくしかじかで、入院から在宅診療へのシフトをはかり、コスト削減にも寄与することができ・・のような論調を読みました。ホントに??って思いました。在宅診療はそれはそれで、かな〜りコストのかかるシステムなのですけれど・・・。何よりも必要なマンパワーがそれぞれ個別対応ですので、かなりのものとなるわけですし。コストありきの在宅シフトではなくて、”やっぱり最期は在宅で”の在宅シフトであってほしいな〜と思う今日のニュースでした。

abr

 

ゴーストライターに騙される取材者も取材者ですよね。ある程度しっかり取材をすれば、うさんくさいぞっ?!ていうシグナルは感じることができるのではないかなあと思いますけど・・・。それを聴覚障害の認定にすり替えてるような雰囲気もすこ〜し感じられます。まあひねくれ者の勘違いかもしれませんが・・。

真相は闇の中に

2月3日 月曜日

生暖かい風の吹いている一日でした。明日からはまた一級の寒波がやってくるそうな・・・やれやれ。さて巷のニュースはいろいろとありますが、大分昔の宗教団体の犯罪に関連する事件のニュースが目につきます。キャスターやゲストのコメントの方は口を揃えて「真相は未だ闇の中です」とか「真実に至るには云々・・」と仰るのですが、そもそもたった一つの真実がある筈ってのは多くの場合、我々の妄想なのではないかしらんと思ったりします。学校のいじめや自殺事件などの時にも思うのですけれど、誰の目にも映ってくる一つの真実なんて、この世にはないんじゃないのかな。生じた出来事はたった一つなのでしょうけれど、それに含意される意味って、見つめる人一人一人によって、違った受け取り方をするものでしょうから。それに、多感な中学生や子供たちの考えていることって、大人の価値観だけで一括りにしてその因果を説明できるって考えるほうが、やや傲慢なのではないでしょうか?・・・なので!万人が納得する事実が唯一どこかに存在するはずだっていう締めくくりをニュースの最後にされると、たぶん永久にそんな答えにはたどり着けないんじゃないかなと小生なんかは思います。

恵方猫

 

今日は往診途中の車の中でコンビニ恵方巻きを頂きました。東北東(でしたっけ?)にはあまり向いていなかったような気がしますけれど・・・