何事にも百年の計

4月25日 快晴

初夏の陽気です。半袖で往診に行ってきました(いつも半袖着てるのですが)。STAP細胞ではありませんが、医療/科学の進歩は目覚ましく、肝炎や糖尿病など新しいお薬が出てきています。最近は某準国営放送の番組にも個別の薬剤の名称が放送されたりする世の中ですので、患者さんも新しい知識を学ぶ場が多くなっているようです。どんどん新しいお薬が使えるようになり、我々もその恩恵に浴する事ができれば本当に有り難い事なのですが・・。そこは少し立ち止まって考えなければなりません。新薬は期待の大きい反面、まだ未知数の面もたくさんある訳なのでして、状況に応じて医師である我々も慎重に投与して行かねばなりません。日々の健康管理でも、血液検査の数値ばかりにのめり込んでしまうと、大局的なものの見方を失う恐れがあります。例えば・・・糖尿病で問題にされるヘモグロビンA1cですが、この数値ばかりに気を取られてしまっても良い結果ばかり得られる訳ではないという臨床研究もあるほどです。究極的には数値がいくら悪くても、最終的に合併症なく長生きできればそれで良いわけですから、治療に当たっては、その最終地点を見失ってはなりませぬ、ということなのです。

最近はすべての事において、あまりにも短期的なスパンで評価されたり、語られたりするようになっているのではないかと思う事がよくあります。内田樹先生はそのことを、すべての事が株式会社化された現代と表現されています。すなわち、国家百年の計を考えるべきところが、目先の次の四半期にばかり目が行ってしまっているのではないかと。政治も経済も、それから医療も福祉も、やはり見据えるのは百年の計であることを再認識する昨今のわたくしです・・・。

stock market

オバマ大統領が安倍総理と行った先はやはり高級すし店だったそうな。私のかなりの確信に近い考えから言わせて頂くと(だれも気にされないでしょうけれど・・)、ここはやっぱり街中の回転寿しが正解だったのではないかと思うわけです。何となれば、小難しい顔をした親父が素手でこねくり回してちょっとずつカウンターに並べられる三ツ星の寿司よりも(行った事はありませんけれどね)、ものづくり日本の生み出した皿の流れるカウンターを乗って出てくるTPPマグロを使ったお寿司のほうが大統領はお気に召したのではないかなあと思ったわけです、ハイ。その方がきっとアベノミクス効果にも寄与した事でありませう。何せ裏返しに巻いたお寿司をカリフォルニアロールなどとお喜びになる彼らですから・・。その上5皿食べる毎におまけのくじ引きルーレットが回ろうものならば、14皿と言わず15皿目に突入されていたであろうことは間違いない!!

そういう日があってもいい・・

4月24日 木曜日 晴れ

ツイッターでフォローしている在宅医のかたのつぶやきより・・”今日は◯◯さんも▽▽さんも具合がよいという表情をされていた。普段は具合の悪い××さんも気分が良さそうであった。今日はそういう日なのではないか、エビデンスはないけれども。神様がそういう日を作って下さっているのではないか” というのを見ましたが・・・。小生はそれと反対の一日でした。幾人かの患者さんがそろって具合が悪くなってしまったのです。何とか切り抜けた(ように思います)のですが、bad dayな1日でした(泣)。北部医療センターさんや訪問看護さん(うちのスタッフも)達、ありがとうございました。

good day to die

 

ネイティブアメリカンであるナンシーウッド著作の詩に、「Today is a good day to die」というのがありました。3年前くらいに購入したのですが、引っ張りだしてみています。毎日を広大な自然の中に身を委ねていると大きな人生観に到達するものなのですね。

まだ流行?

4月15日 火曜日

ようやく長い冬が終わり、ポカポカ陽気の日が続いています。ツバメの巣作りもそろそろでしょうか。そういえば当院軒下の巣は昨年は黒い大きな鳥のプレデターが現れたおかげで惨劇の結末となってしまったのでしたが。ところで暖かくなってきた昨今ですが、いまだにインフルエンザの陽性の患者さんがお見えになっています。B型が主体のようですが、寒暖の差が大きいのも一因なのでしょうか?喉に症状の出るかぜも流行っているようです。ちなみに、かぜはその多くがウイルスによる感染症であり、インフルエンザなどを除けば特別な治療薬はありません。ほとんどのお薬はいわゆる対症療法といって、不快な症状を抑えておくものを処方する事となります。参考までに申し述べておきますと、クスリで症状を封じ込める事と病気が治癒する事は直接イコールではありません(症状がなくなると病気は治ったように見えるのですけれど、かならずしもウイルスが排除されたという訳ではありません)のでゆっくりと休養を取れる方は、お仕事を休んでしっかり栄養をとって療養するのが良いでしょう。

めだか

 

ヤフーニュースで、学校の先生が、自分の子供の入学式を理由に受け持ち学級の入学式を休んだ事が問題になっていました。学校の先生になると自分の子供の記念式典にも出席しづらくなるのですね。入学式で担任が休んでいたら、たとえ高校生であってもショックをうけるものなのかしらん?それから先嫌というほどおつきあいが始まるというのに・・・とも思いましたが。いずれにしても色々な考え方の方がおられる事とは思いますが。ま、医者などはハナから自分のこどもの入学式などへの出席は諦めている事が多いですが・・・。

今日は大体こんなものでしょう

4月9日 水曜日

今日は意識的にテレビは見ないでおこうかなと思ってます。ショウアップされた記者会見に真実は見えないだろうと思っているからです。自らの正当性を証明するのであればソリッドなエビデンス(いま風に言うと)を提示すればそれで事足りますし、涙が頬を流れる瞬間にフラッシュの嵐がパシャパシャッていうのも容易に想像されますので・・・。こんな事に公共の電波をジャックされる間に、もっともっと大事な事がスルーされて行くというのもある意味的を射ているのでありましょう。なのでっ!STAP細胞さんが真実なのでありますならば、必ずや数年後にはその正体を我々の目の前に現してくれるでありましょうし、そうでなければ女史の研究生命は絶たれるであろうということであります。それ以外の事には興味はございません・・・。



ブラジル料理を食べたいなあと考えていたら、こんな刺激的なmusic clipに出会いました。マイケルジャクソンのメッセージ性あふれる作品です。原始的な(おそらくブラジル土着の)パーカッションが素敵・・・

いろいろ変わる4月

4月4日 金曜日

また明日から冬将軍が来るとか。まだまだインフルエンザの感染が続いているわけです・・・。アレルギーなのか風邪なのか・・・という症状の患者さんも結構おられます。まさかスタッドレスタイヤが必要な状況にはならないとは思いますが、週末は冷え込むようです。さて、4月からたくさんの事が変わりました。もちろん卒業生や新入生には、例年どおりの新しい出発の春なのですが。消費増税に関連しては、買いだめに走ったり並んだりする消費者と、駆け込み値上げをする小売り業者などの報道もあり、私たちの生活には大きな影響のある出来事です。さらにさらに、医療費も変わります。そもそも医療費には消費税はかからないのですが、われわれ医療機関の仕入れる薬剤や医療材料には消費税がかけられているという事もあり、その増加分は初診料や再診料などの医療費に上乗せされることになったのです。年金、社会保障など、現行の税制度では明るい展望が見えないということで、税制の再編という事なのですが、狙いどおり少しでも良い方向に転じて欲しいものです。

緩和

 

社会面のニュースも ”再稼働” ”解釈変更” ”冤罪再審” ”原発輸出” ”捏造疑惑” など色々と気になるキーワードが並んでいます。少し前に、故大平正芳首相が常々口にしていた「政治とは、明日枯れる花にも水をやることだ」という言葉を耳にしました。子供の頃は、「あ〜う〜」などという彼を小馬鹿にしたような人物評しか記憶になかったのですが、何と素敵な言葉を発した人なのだろうと思いました。間違っても身近な人々といがみ合う国づくりや、子供や、孫や、近所のお兄ちゃんや、おっちゃんを戦地に送り込むような国にはしないで欲しいと願うばかりです。