長い1日

8月31日 日曜日 くもり

さてさていよいよ今日で8月も終わりである。夏休み最終日の日曜日は子供達もさぞ陰鬱な気分なのだろう(大げさか)。地区の草刈り行事である。何時からなのかよく知らなかったので、朝6時に起きてそわそわしていた。そのうちに眠くなってきて長椅子で二度寝。「ブーン、ブーン」という音ではたと目覚める。”始まってる!!” 大急ぎで長袖シャツに腕をとおして、首にはタオルを巻くという(不)完全防備で裏口の扉を開けた。毎年我が区がどの場所の担当だったかよく覚えていないので、既に従事しておられる方々の顔をみながらようやく見慣れたグループの界隈に到着し、何となく見よう見まねで草刈り(というより小生は刈られた草運び)に取りかかる。初めはやはりおそるおそる、である。何となく草むらから色々な生物が出てきそうで怖い・・・。ちなみに、周りをみてもこわごわやっておられる方は皆無である。なにも武器を持っていない小生は、専ら刈られた草を束ねて一カ所に山積みにするのが仕事。河川の土手は水面に向って斜面になっているので足場は相当不安定である。よいしょと拾い上げた草の束に、一筋刈りきれていないツルが混ざっているとその途端、思わぬ抵抗に遭い体勢を崩す事となる。こちら岸は斜面がなだらかなのでまだ良いが、対岸の方はかなり急斜面で、しかもその下はすぐに水面となっている。その代わり面積はやや少なそう。ローリスクローリターンかハイリスクハイリターンの選択か・・・などと、意味不明のたとえを思いながら作業を続ける。みれば80歳を数える患者さんも参加しておられるではないか。そういえば、2年前に初めて参加したときよりもあまり息が上がらなくなっているな、基礎体力がついたのかしらん?毎日座ってばかりの仕事でそんなわけもないか。むむ、草に混じってカマキリがいるではないか、それも白い・・・アルビノか?そこに留まってると草と一緒に焼却の憂き目だぞ、と追い払ってやる。なんて美しい心、生き物はみな友達だ(涙)。しかし、中にはマダニもいるかもしれない・・帰ったら速攻シャワーだな。10分も経つと初めの恐怖感はすっ飛んでおり、かなり大胆な行動に出ている。慣れるとはこういうことか、別に特段スキルが向上したわけでも、知識が増えたわけでもないのに、何か上手になったような気がしている・・・その瞬間草の中からマムシが出て来ないとも限らないのだが。「蛇蝎のごとく」とはよく言ったものだ。彼らは(彼女もいるか)まさに蛇蝎の如く忌み嫌われているのだ。実際咬まれると命に関わることもあるし、などと考えるとまた少し怖くなって、軍手にほころびがないかどうか確認する。30分以上経過すると、顔面からは日頃あまりかかない汗が滴り落ちて、やや気分が良くなってきている。これが脳内麻薬というものか・・? あたり一面は、草木や土などの匂いが立ちこめている。花粉のような白い粉も舞い上がっている。森林浴ということばから連想するような心地良い匂いとは言い難く、人いきれならぬ草いきれとでも言うのであろうか。あるいは小説によく出てくる”すえたような匂い”とはこういう事を指しているのであろうか・・・。いずれにしても総合的には、身体を使って土と戯れているというのは悪くはない気分でもある。畑仕事や草取りをしては、腰や膝が痛いと言ってやってこられるおじいちゃんやおばあちゃんの気持ちが何となく理解できる。うんうん、そんなことするから痛くなるのはあたりまえでしょう、と言って叱りつけるお医者さんにも味合わせてあげたいな、この気分。やはり人間は土を耕して、生き物と共生しながら現在までやって来たのである。45分、おそるおそる始めた草刈り(草運び)も何となく要領を得てきた。局所的に完璧に仕上げるよりは、何となく全体を整えて行った方が気分が楽になるし、心なしか仕事がはかどったような気がする。そう、まさにそれは”気”であるのだが、景気とはおそらくそういうものなのだろうな。そう考えると、アベノミクス万歳、どんどんやってもらえば良い。でも、よくよく検証すると、局所から完璧に仕上げて行った方が最終的に効率が良いのかもしれない。昨今行われている経済論争も所詮そんな所に行き着くのかな・・。何だ!みんな草刈りをすれば世の中の事が見えてくるっていう話じゃん。空想の世界からもどると、何やら女性の甲高い声が聞こえる、なじみのある周波数だなあと思いきょろきょろ。やはり、Y病院の看護師さんだった。目が合ったので片手をあげてご挨拶しておく。紅一点ではないが、女性は少数派である。当番日にて中途で切り上げたのだが、皆様ご苦労様でした。

一応医者のはしくれとして感じた事。”半袖はキケン” ”草刈り機械を扱う人はゴーグルを!” あるいは周辺を通る時には要注意。数年に1度は除草作業中に受傷した眼内異物で受診される方がおられると聞きます。かなりの確率で視力を失いますのでご用心を!!

草刈り

(写真はイメージです・・・)

帰り道にご近所の若奥様とすれ違った。「もう終わりなんですか?」「あ、いや当番日なもので早く切り上げさせて頂きました。よろしくお願いします」奥様も半袖でした・・・。

 

幕末ブーム再び

8月25日(月) まだ雨

今年の夏は暑いと思えば大雨。そしてまた雨。どうなっているのでしょうかね。恵みの水もほどほどで良いように思われます。1週間頑張って週末はぼ〜っと過ごす・・習慣となっています。武田鉄矢さんが幕末ゆかりの町をめぐるという番組をやっていたのを娘と見ておりまして、再び幕末ブームに火がついた小生です。あ、この番組はユーチューブだったかな?そして、鉄矢さん原作の「おーい龍馬」という漫画を購入したこの週末でした。土砂災害はまだまだ収束していないようです。

ceaser's salad

 

鉄矢さんの番組を見ながらチビさんがこしらえてくれました;シーザーサラダ。アメリカのレストランでパルミジャーノてんこもりにされちゃったという悪夢があるのですが・・・・。

お盆の総括?

8月18日〜21日にかけて・・

お盆休みを頂戴しておりましたので、復帰第1週目は少し体が重い・・。

今年のお盆は(も?)比較的じ〜っとしておりました。それはそれなりに理由もあるのですけれど。まあ動きのない休日もそれはそれで良いわけでして・・。しかしながら、大雨は京都を襲って行きました。先日の台風などと言い、自然災害の恐ろしさが最近とみに感じられます。幸いクリニック周囲の地区はそれほどの状態ではなかったのですが、今後はこういった自然災害への対応も十分に考えておかないといけないと考えさせられます。往診先では、「福知山の状況は大変ですね〜、ちょっと前のことから連続して・・・」と会話は続いたのですが、その方が遡られた出来事は、福知山線の列車事故までに至りました。小生はというと、せいぜい花火の事故まで。そんなことを下書きにしていると・・広島での土砂災害。言葉を失います。何かいろいろと変わってきています。この世を取り巻く環境が・・。

robin williams

なくなられましたね。ロビンウイリアムスさん。芸達者な63歳。まだ見た事のない名作がたくさん。ドイツのニュース番組では何やらかれの代表作にちなんで、デスクの上にまたがってアンカーマンがニュースを読んでいたそうな。何ていう作品なんだろう・・・。そういえば、ハンフリーボガートの奥さんだった人もこの世を去られました。何やら寂しい感じの漂うこの夏休みでした。

時代遅れでいいや

8月11日 月曜日 台風一過

台風一過が快晴で・・・とならないのが夏台風なのでしょうか。

我が丹後半島ではそれほど大きな被害は耳にしなかったです。周りの田んぼも稲が倒れる事無くスックと立っていました。よかったよかった(小生の知らない所で被害があればスミマセン)。

8月はヒロシマ・ナガサキに始まり、御巣鷹山・終戦の日に至る、考えるところの多い時期です。ネットニュースを見ていると・・・「看護学科増設に、将来の過剰が心配」とか「2025年の大介護時代に備えよ」とか、いわゆる将来予測もの、あるいはこうしたら得だよものが氾濫しています。時代に乗り遅れる事無く、予見通りに事が進むとそれはそれで良いのでしょうけれど、そう簡単にはいかないのが世の常ではなかろうかと思うわけです。早くに逝ってしまった賢人達は今の世の中をどうご覧になっているのでしょうかね。



最近ちょっと自分のキャパに不安を感じてきた今日この頃ですが・・・お盆休みに、先人の英知を頂き、再度充電したいなあと考えています。◯ ◯ ◯ ◯ ◯!

今日くらいは

8月6日 水曜日 晴れ

このところ不穏なニュースばっかだ・・・。

朝から、某研究者の自殺報道、アフリカでは致死的感染症の拡大、ティーンエイジャーの殺人、イスラエルとハマスのパレスチナでの戦渦・・・・そこで使われる武器が日本製だったりするのかな、将来。そんなはずはないですよね。でもでも、今日は黙祷を捧げる日であります。ノーモアヒロシマ

ドーム

往診先でサムラゴウチさんのニュースがテレビに写っていたような気がします・・・あれって、悪い冗談だったのかニャ?