おっと、約束がちがう・・・

4月30日 木曜日 暑かった・・・

そう、ブログは連休明けにおあいしましょう〜ってことだったような気もしますがね。

事態は時々刻々と変わっているのであります・・そう日経平均のようにね(笑)。

お休みの日は、やはり読書に始まり読書に終わりました。そして休む前に奥さんといろいろとおしゃべり・・・やっぱりお話しする事は大事だな〜って思い直しました。そう、ボクは何を隠そうおしゃべりが大の苦手なのであります。患者さんとならいくらでもしゃべるのですけれど・・「イトウって何考えてるのか全然分からないな〜」って、幾度言われた事でしょう(泣)自分でも十分に自覚症状ありですコレは。近代日本で口べたを美徳で通せるのは、健さんだけですよね。我々のような有象無象は・・心を尽くして伝える努力をせねばなりません・・自分の思いを(^ ^)

読書は・・・「人間失格・・太宰治」「こころ・・夏目漱石」「あまのじゃくに考える・・平川克美」けっこう読みましたね。読んでる尻から頭から抜けて行っているのですけど。漱石は、高校生に読んだときの感じとかなり違うかたちで心に響きます。それからやはり今という時代を共有している平川師匠の著作にはホント救われるものがあります。彼の盟友、内田樹先生の著作も大ファンなのですが、彼らの言説の一番大事なところは、決して人の考えを頭ごなしに否定しないというところなのかなと思います。とりあえず、自分と意見を異にする人たちの主張も一旦飲み込む。その上で、おもむろに、中腰で、あくまでも表現は柔らかく・・・反論して行くのであります。でも、論理で人を決して追い込んだりしないのが、ボクにはとってもまねのできないところでして、美しいなあと思うところでもあります。私にはまったくそんな境地にたどり着けるような心持ちはないのですけど、うん、すべての人を、主張を、環境を・・受け入れてやって行こうと思います(キリッ)。でも、とりあえず連休はゆっくり休みたいな(願望)。

仁義

仁義なき戦い・・です。文太さんの沖縄知事選での演説は何度聴いてもすごいなあと思います。山森さんよ、まだタマは一発残っとるでよ・・・仁義なき戦いって任侠映画の云々っていう解説を目にしたのですが、あれって任侠の世界を否定する映画なのじゃなかったのかと。任侠の世界で生ずる矛盾がテーマなのかなと思うのですけれど。広島が舞台で、何度も原爆ドームが出て来たり・・なんだか色々な含意が込められてるような気がして、もう一度じっくり観てみようかなと思っています。その当時から、文太さんの敵って、自分の組の組長だったのですよね、晩年は自分の国の組長さんになって行ったようですけれど・・・。しかも早稲田大学法学部卒っていうインテリだったりするの・・ご存知でしたか? 田中邦衛さんはその昔からちょっとずるこい役柄でした(笑)。北の国からは支持者と非支持者が拮抗してたりするんだな・・やっぱり。

 

The first cut is the deepest

4月27日 月曜日

暑かった・・。でも往診先のとあるお家では、入っていたのです・・暖房が 年に数日ありますよね、おうちのほうがお外よりも寒い日・・そう、そういう日だったんですよ今日は。Don’t blame on him….



The first cut is the deepest.  シェリルクロウの曲の中で一番好きな曲です。その意味は、初恋の傷は最も深いのよ・・ということらしい・・そんなことはボクには良くわからないのですけれど

ともあれ、しばらくブログはお休みしま〜す。

また連休明けにお会いしましょう。

PPKが幸せとは本当か

4月22日 水曜日 晴れ

「もう◯◯歳になったから十分ですわ。コロリーっと逝かせて下さい」とか「ピンピンころりといかせてもらうために先生に診てもらってるんやから」っていうことをよく外来や往診先で耳にする。ピンピンころりが一番幸せな死に方である、というのはしばしば人口に膾炙される、比較的市民権を得た考えのようである。信州にはピンコロ地蔵なんてものもあるらしい。だがちょっと待って欲しいなと・・・。それって本当にそうだろうか?元気にしていた人が突然ころりと死ぬ訳だから、その瞬間を誰も共有してはくれない・・いわゆる孤独死ということになる。その時は突然やってくる訳だから最愛の人にも挨拶などできないのだ。明日食べようと思って楽しみにとっておいたものも冷蔵庫に入ったままである。これは人に見られると困るから明日片付けようかな・・なんて思っていたとしても後の祭りである。子や孫達に相続してもらおうと思って密かに蓄えていたものも、もしかすると誰にも見つけてもらえないかもしれない。ボクなら・・・そこそこじわじわ死にたいな、と思う。自分はこの後かくかくしかじかの経過をたどって死んで行くのだろうな、と思いながら、それなりに身辺整理をしてから、世話になった人にも挨拶をしてから死にたいと思う。PPK(って略してみた)がもてはやされる理由はと言えば、おそらく誰にも迷惑をかけずに(それは金銭的にも身体的にもということであろうが)人生を閉じたいと考えるからであろう。もちろん現実は、それとは反対の方々がほとんどである(みんなが迷惑をかけながらという意味では決してないが)。子や孫に迷惑をかけたくないというのは相当に現代の世相を反映している、ある意味この世の病理とも言える現象なのかもしれないと思う事すらある。果たして他の国々の人たちも、私たちと同様、そう願っているのだろうか?そもそも、それは本人が思っているほど周りは迷惑だと考えていないことも多い訳で、亡くなられた後に、その頃を懐かしく笑顔で思い出されることのほうがむしろ多いのも事実であり・・・。ボクは結局、人って ”生きて来たようにしか死ねない”のかな・・と思っている(なので私はやがてはエンマさんのもとに行くのだ、と自分で勝手に決めているのだが《泣》)。他方で、地域連携医療というのは、まさにそういう括弧付きの迷惑というものを、皆で分散しながらシェアをして助け合って暮らしましょうという制度である(と思う)。人にはそれぞれ事情があり、介護したくてもできない家族もあれば、介護できるのにしない家族もあるだろう。そういうのをひっくるめて、家族だけの責任にせず、社会で支え合って行きましょうというのが良いのではないかと考えた我々の知恵なのではなかろうか。でもって、これ以上語りすぎると、小さな政府至上主義の方々にお叱りをうけそうなのでこれ以上深入りはせずにやめておこう・・・。

PPK

佐久市のピンコロ地蔵さんです。

ひきこもりの休日

4月19日 日曜日 雨

この休日は半分お仕事、半分ひきこもり生活であった。

起きる⇒車で走る⇒お仕事に出かける⇒食べる⇒お仕事に出かける⇒戻って本を読む⇒食べる⇒お仕事に出かける⇒iTuneで観る⇒食べる⇒寝る・・・・

やっておくべき雑用がはかどらなかったな・・・

images

かなりのお気に入りになった映画だった・・・そうだった、パックマンのハイスコアの名前登録って3文字だったよな。「攻略法は使うな 自力で切り抜けろ!!」・・深い

関係ないが、高橋源一郎さんによると太宰治とか谷崎潤一郎とかって戦後の沈黙の時代においても、とっても多作の作家だったそうな。細雪が反戦小説なんだっていうのは目からウロコの解説だったな。例によってどうでもいいブログ記事・・・・泣

踊らされる私たち

4月13日 月曜日 しとしと雨

往診先のクロネコ君が今日は何やらハイテンションだった。患者さんのお話も聴き取りにくいほどニャーニャー、私にいったい何を伝えたかったのだろう・・・?

以下は、とある患者さんとの会話である。

「先生、私の頭痛なんですけど もしかしたらくも膜下出血じゃないかと思って・・検査してもらった方がいいのじゃないかと思うのですけれど」

「頭痛ってどの程度のものなのですか?」

「いやあ、昨日もテレビを見ている最中に何となくズキズキして来て、今朝は大丈夫なんですけどね」

「くも膜下出血って、救急室で大急ぎで検査をしないといけないような病気で、通常辛抱できないような激痛ののちに倒れてしまう病気なのですけどね・・」

「いやあ、お隣の◯◯さんに”それ、くも膜下やで!”って言われて、心配なのでやっぱり検査をお願いします!!」

「・・・・」

結局は検査をしても異常なしという結果なのですけど、患者さんにとっては不安や心配がまず先んじてあり、そうなるといてもたってもいられないという状況に陥っているという、何とも不幸な循環を引き起こしている状況であるな、と考えた次第であります。病気の啓蒙や注意喚起は、単なる不安の惹起と紙一重だなあと考える事が多々あります。逆に、早めに気付いて良かったなと思う事を経験する事もある一方で、「知らぬが仏」とはよく言ったもので、知らなけりゃ何も心配はしなくて済むものを・・と思う事も多いです。結局は情報に踊らされているだけだったな・・というオチ。

経済の世界でも、よく消費刺激策云々と耳にしますけど、あれってちょっとムカつくなと。我々にものを買わせようとする経済政策の事なのでしょうけれど、必要なものは買うし、不必要なものには手を出さないし、政府にそんな事をあれこれと指図されたくないと思うのであります!景気とは確かに循環なのかもしれません、買うつもりのなかった人たちにモノを買わせて、そして経済を回すというのもまた一理あるのでしょうけれど、小生はちょっと違う考え方をしています。消費をさせたいのであれば、まずは貯蓄をしなくてはいけないのではないでしょうか?誰しもバカではありません。充分な老後の備えなくして、そんなにバカみたいにモノを買う事はできないと思うのです。そもそも、デフレが経済を悪くする・・というのも、本当なのかしらん? その議論って、デフレになると、何かを買おうと思っても、将来もっと値段が下がるからそれを買う事を先延ばしにする人たちが出てくると。そうすると、もっと消費が冷え込んでさらに景気が悪くなってという悪循環に陥るでしょ?というのがその理論的根拠だと思うのですけど、そこまで考えて買い控えをするってこと・・・自分に置き換えたらあまり考えられないのですけど!? 健康に気をつけろ!とか、経済を良くするには、一般国民にモノを買わせろとか・・私たちをそんなに踊らせてどうするのかな。もっと、地に足をつけて、毎日毎日地道に一歩一歩生きて行こうよ・・それで何か不幸なことが起こったら、みんなで助け合えればいいじゃん・・・。



って書いてみたけど・・全然言葉足らずだし、こんなの世間には受け入れられないわな・・・