人生最後のご馳走

10月30日 金曜日 曇り時々雨

今日は連日の研究会に参加した。女性の尿路疾患についての御講演を拝聴する。とても御高名な先生であり、こう言っては大変失礼なのだが、愛嬌のある外見とお話の巧みさに吸い込まれてしまって大満足の勉強会だった。自分の知り合いにはないタイプの、斬新な女性医学者像である。女性活躍社会の現在、こんな人がこれから先たくさん出てくると良いなと思った。でもって、研究会の受付で小生が手続きをしている時にその先生が、招請講演者なのに誤って会費を請求されておられた場面に遭遇した。えっ?とか若干とまどっておられた先生は、すぐに顔色一つ変えずに「あ、そうですか」とニコニコしながらバッグに手を伸ばされていたのだが、すぐ傍の係の方がすぐに気付いて「あ、先生は会費を頂かなくて結構ですので」とフォロー。尊大なオヤジなら、なんだお前は!などと怒鳴り散らされる場面だったのだが、おばちゃんの・・・あ、いや先生の器の大きさに感動。ま、間違える係の製薬会社の担当者も担当者なのだが・・・(笑)。

images

人生最後のご馳走という本を読んだ。青山ゆみこさんの著書で、がん末期の患者さんをホスピスに尋ねてインタビューをされた記録であるが、医療者以外の方の目線でのまとめを読むと日頃に気付かないところに気付かされるような、とても感銘を受けた書物である。そのむかし、久米さんが”最後の晩餐”っていうコーナーをされていたのを思い出す。最後の食事で思い出したのは、宮沢賢治の『永訣の朝』という詩である。

あめゆじゅとてちてけんじゃ

初めて読んだ時には、謎の呪文のようなことばが繰り返される不思議な詩だなと思ったのだった。死にゆく妹とし子はその最後に、賢治にむかって『外に降りしきるみぞれを取ってきて欲しい』って願ったのですね。

残念ヤクルト

10月29日 木曜日 雨

まだ試合途中なのですが・・・やはりセパ対抗戦の勝敗表は日本シリーズにも如実に反映されていたのかなと思います。セリーグもうちょっと頑張らないと・・・。

今日は病院でかかりつけ医と基幹病院と周辺の訪問看護ステーションの皆さん方を交えた交流会でした。病院を退院される患者さんの事例をもとにかかりつけ医との連携のあり方について、めちゃホットな議論になりました。日頃直接教えて頂く機会のない先輩の先生方のご意見を聞く事ができて、とても勉強になりました。やはり年の功・・なるほど〜っていうご意見に学ぶことは多く、まだまだこれからだなと考えさせられた会議でした。地域を支える医療を制度から支えていくにあたり、国はいわゆる総合診療専門医というものをこしらえて、そこに集約させていく心づもりなのかもしれませんが、制度としてのそういった担保は重要だとは思いますが、つまるところその医師や看護師さんや行政担当の人間性が如実に反映されるのかなと思いました。最後は人間力!医学部教育、いやその手前の段階での教育にもっと資源を投入すべきだと思います。小生の支持している経済学者の先生の弁、” 経済を立て直すには教育です!! ” 医学も然りと考えます。

images

溶連菌が流行っているようです。突然の発熱、のどの痛み、倦怠感でグッタリ・・・ご家族内での感染も多いようですのでご注意を。

それから最近の読書より・・・渡辺京二さんの「無名の人生」ってやつ。渡辺先生は「逝きし世の面影」という著書で有名ですが、これは単なる懐古主義のいわゆるナショナリストにやや曲解され、もてはやされた側面があるそうなのですが、この新書はとても理解し易くて、示唆に富むものでした。無名の人生を自分なりに努力してひたむきに生きる人への応援歌となりそうな気がします。

日々忘れてはならぬ事

10月26日 月曜日

地元の大商いをされている方と夕食をご一緒させて頂きました。地元興しのための戦略についてのお話を伺いながら、小生の考えもお話しさせて頂き、帰りはKTRの”汽車”で帰宅しました。楽しい夜でありました。起業家の方は、やはり厳しい世界の荒波に揉まれておられますので、私どものような甘えた人間には考えも及ばない駆け引きを日々されているのだろうなと思いながらお話を伺いました。聞くところによると、かの藻谷先生がこの週末に丹後に来られていたのだとか・・・。聞きたかったな、その御講演。

ao

丹後あおまつ号に乗って帰る予定だったのですが、若干目算が狂ってしまい、普通の汽車で帰ってきたのですが、ふつうの汽車も充分な趣がありとっても楽しかったです。そう言えば、ついこのあいだ、カルビーの社長さん(?)が、仰っていた事には、経済活動を司る上で、従業員の人件費を「必要経費」に計上するのではなく、「将来への投資」と解釈しているのだと言う・・・なるほど。株主目線では、それは間違いなく少しでも隙あらば削るべき経費なのでしょうけれど、それこそが企業活動体の目的なのだと解釈すべし・・・と言う事なのだろうなと考えました。小生もその意見には賛成です、ハイ。まさに我々はその従業員のために日々働いているのだ、という側面・・・忘れてはなりませぬ。

カメムシとカキ

10月23日 金曜日 晴れ

昨日の朝方は雨が降っていたようですが、今日はやっぱり晴れでした。最近柿を頂く事がたびたび。今年はクリニック周辺の柿の木にはあまり実がなっていないなと思っていたのですが・・やはりその通りのようで”今年は柿の実がすくないな〜”と仰っている方が多いです。柿が豊作の年は大雪であるという言い伝えがありますので、冬を控えてこの現象は気になる所です。一方で・・・カメムシが多く発生する年は大雪とも言われており、心なしかこの頃カメムシくんたちをよく見かけるような気もして・・・果たして今年は大雪なのかどうなのか・・・カメ対柿の様相を呈しております。でも柿は隔年で豊作とそうでない年が入れ替わりに訪れるという説もありますので(これはかなり確からしいです)、柿と雪の関係はかなり怪しいなと・・・。そろそろ除雪機のメンテナンスをしなくては。

モニュメントバレー

ある雑誌の特集でみかけたアメリカ中西部の旅特集から・・モニュメントバレーとか、

アンテロープ

光と砂の芸術”アンテロープキャニオン”とか

ホースシューベンド

コロラド川(だったかな?)のU字ターン・・ホースシューベンド

グランドキャニオン

「グランドキャニオンに柵はない」という小沢一郎氏の言葉でも有名なノースリムとサウスリム

フーバーダム

ハリウッド映画で何度壊されたか知れないフーバーダム

ラスベガス

そしてツアーの最後はやっぱり・・・ラスべガス!!

またいつか行きたいな・・・・66歳になったら行くぞ!そんときはルート66を自分で運転して、ヨメさんと安モーテルで身体に悪そうなフライドチキンを食べて、ブラウン管テレビのしつらえられた宿に泊まって・・・無理か、おしごとの事考えるとかなりハードル高し・・・。わらしには責任というものがあるのだヽ(`д´)ノ

 

 

理論と実験

10月20日 火曜日

火曜日です。ついこの間土曜日で、”あ〜お休みだ〜”って思ったら、もう火曜日です。そんなこんなしていると、すぐに土曜日はまたやってきて、それからまた火曜日が・・・とか思っている今日この頃。人生80年と仮定します。1年365日、1週間の構成日数である7でこれを除すると、52回火曜日はやってくる訳ですね。まあ、1月に4回×12ヶ月で48回という計算でも良いですが。そうすると一生で、凡そ4000回の火曜日に私たちは出くわしている訳ですね。う〜ん、今日がその4000回分の1だったのか。

 

ノーベル賞になったニュートリノです。ものすごく小さな分子であるニュートリノに質量があるという事が証明された事がその理由だとか・・・。あまりにも小さな分子なので、写真に撮るって言う事なんかはできなくって、思いっきり高速で走らせた時にできる線・・・を撮影するのだとか(ポカ〜ン)。で、その証明にはスーパーカミオカンデとかいう巨大な装置が必要であったそうです。小生のおっかけている物理学者さんなんかは、「今回のノーベル賞は、その装置を作る事ができた日本の資本主義にあげるべきだ」・・・なんて仰っていました。物理学も、理論物理と実験物理ではかなり違う考え方の人達がいるのだなあと感心した訳です。湯川博士などは、これこれこういうことが存在するためには、物事はこうであるはずだ・・という理論を打ち立てられた学者さんだったそうです。まあ理屈屋さんっていうことなのでしょうか、物理学は理屈屋さんの学問だったからして、古代ギリシャの哲学者は同時に物理学者たり得たのでしょうかね。医者も、理論医学と実験医学にわけても良いような、そんな気がする昨今です。私は・・・? どっちつかずの中途半端医者になりそうな予感(泣)