不安が駆動力

12月31日 木曜日

暮れも押し迫ったこの時期。キリッと気をひきしめて、新しい一年を迎えるという態度が必要かなと思いながらも、やはりウダウダと過ごしている一日。おうちのお掃除もそこそこにしながら夜は年越し蕎麦をいただくという、ごく平均的な日本人の年越しを送る予定。あ、平均的な過ごし方は、そこそこではなく、一生懸命!お掃除をするのだろうか・・・とすればわたしは失格・・・。よく考えるとそういう年末年始のオーソドックスな態度をとらなくなって久しい。紅白も観たり観なかったり。仕事柄、ゆっくりのんびり過ごすというのが無理なので、必然的にそうなってきたのかもしれない。でも今年は今の所年末年始の天気も穏やかそうなので、なんとなく来る年は平和である予感がするのだ・・。この一年はというと、開業してから3年が無事経過したということもあり、すこし余裕を持って色々なことを考えることができたように思う。もちろん足りないことばかりなのだけれど、こうやって一年ごとの振り返りをして、すこしづつであっても、より良いクリニックにしていきたいなと考えている。自分としてはこの一年をあらわす”ひとこと”は「不安」であったかなと思います。中東の情勢不安や、国内での立法過程にまつわる出来事など、さらに人口減少、少子高齢化が叫ばれる中、未だ有効な処方箋は見つからずにいるという我々。患者さんの中でも特にご高齢の方は口々に不安を訴えられます。もちろん各々それぞれの事をご心配されている訳ですが、内容を伺ってからゆっくりと客観的に考えてみると、ちょっと深刻に考え過ぎかなとか、明らかに取り越し苦労であったり、もう少し自信を持って暮らして頂きたいなとか思う事がしばしば。やはり「不安」が「自信ややる気」を凌駕してしまっているなと思わされる事が多かったです。ま、テレビや新聞などのメディアも、不安を過剰に煽っているという印象もありますし、物騒な事件の報道には事欠かない現代ですので、このような現象はむべなるかなという気もします。新年は、皆さんに少しでも自信をもって過ごして頂く事ができるように微力ながら頑張ろうかなと・・そんな事を考えながら、やはりウダウダ、だらだらと過ごしております。

 

今年一年、どうもありがとうございました。

来る年が皆様にとりまして良い年となりますように・・・

人はいつもみな不安なもの・・・

12月21日 月曜日 雨

今年も残すところあと1週間である。ちがうな、もうちょっと多い。この季節、毎年「今年鬼籍に入ったあのひと・・」みたいな特集、よく見ますね。さかのぼって思い出してみると・・・野坂さん、ちゅらさんのオバァ、ゲゲゲの水木さん、サザエさんのなかじま君の声優さん、憎らしいほど強かった北の湖関、阿藤快さん、川島なお美さん、任天堂の岩田さん、いくよくるよのいくよさん・・・その才能や人格が惜しまれる方々が多く亡くなられたものだ。仕事柄、毎日接している患者さん達や、昔手術をさせて頂いた方々など、ごくごく身近にも少なくないお別れがあった。本当に生きていることと死ぬことの境目なんて、ごく些細なものであると思う。年の瀬という感慨に浸り易い時節柄、あまりにセンチメンタルになるのも如何なものかとは思うが、ヒトって、なかなか死なないものだけれど、簡単に死ぬものでもある・・。だからして、皆明日が不安になるのだろう。そして問うのだ・・

Will you still love me tommorrow……



キャロル・キングの名曲を(今はなき)この人が唄うと・・・こんなになるのだ。そして、カートコバーンも、ランディローズも、キヨシローも・・・もうこの世にはいない。

私たちは本気で考えたことがあるだろうか・・明日をも知れない病に向き合う人達のことを。

私たちは現実のこの世の事実と、我が身に置き換えて考えてみたことがあるだろうか・・戦禍を逃れて国境をさまよう親子たちのことを。

私たちは互いに助け合わなければいけないのではないだろうか・・ともにより良い明日を過ごすために。

あしたも全力で生きよう・・自分のため、みんなのために。今年生涯を閉じられた方、皆様に合掌。

久闊を叙する

12月20日 日曜日 晴れ

朝車を始動するとガラスに氷が張り付いていた。もうすぐ冬至、連日頂き物で柚子湯を楽しんでいる。小さい頃に湯船に浮かべられていたパリパリの蜜柑の皮を思い出す。お肌すべすべ・・(にする必要もないが)

昨夜は久〜しぶりに出席したいわゆる医局忘年会。母校の所属教室のやつである。やはり・・えっみたいな意外な顔をする先輩や同輩、後輩の方々。10年の歳月に、出席しないキャラが定着してしまっていたようだ。本当にご無沙汰の失礼をしていた教授や先輩の先生方にも一通りご挨拶ができた(かな?)。後輩がとても嬉しそうにこっそり報告してくれたことがあった(まだオフレコらしいので念のため書かないでおこう)、喜ばしいことである。卒業後まもない頃からほとんど会っていなかった同級生とも話すことが出来た。2次会は家族と別の場所で過ごしてから帰宅した。ウロウロしていたのであんまりお腹は一杯にならなかったけれど、ま、しょうがないですな。またハレー彗星の周期のように(なら多分この世にはいないか・・)顔を出しますので、その節はどうぞよろしゅう・・。

image-2 のコピー

東大寺の干支の置物がかわいいのだ・・

これ懐かしい

12月16日 水曜日 雨

明日から寒くなるのか・・・いつもお世話になっているガソリンスタンドに夕方遅くに立ち寄ると、タイヤ交換でめちゃ忙しそうだった。半分くらいのガソリンタンク満タンにしてもらう為に立ち寄ったのだが、なんだか悪かったような(ニコニコサービスして頂きましたけど)。慌てて駆けこむ人々、結構多いものなんですね。

CWUwXV-WEAIrMTf

これですよ、これ。懐かしい! みかん食べた後に昔やりましたよね、クルクル

あたらしく決まってゆくこと

12月15日 火曜日 雨

あまり寒くない冬だが、今週後半は気温が下がるのだとかいう話である。世間では年末から新年、あるいは新年度を迎えるにあたっていつもの話題が賑わっている。流行語だとか、一年の漢字だとか・・我々の業界でも2年毎に行われる診療報酬改定のことなど、話題には事欠かない季節である。税金の決まり事も何となく皆楽しそうに夜な夜な会合だか宴会だか密談だかわからない形で決められているようだ。そんなに大事な決まり事・・国会で決めなくて良い制度なのか、この世の中・・・。なんだかよくわからない、無知な小生には。でも何となく腑に落ちないのだな。そんなんで良い訳ゃない・・んじゃないの? 最近せつないことがあるといつもこの文句で自分の頭の中の思考を〆ることにしている。   「じぶんのやれることだけ毎日精一杯やっておこ・・・棺桶に入る前に”ああ、よく生きたな・・”って思えるように」

んじゃ・・柄にもなく、最近読んだ詩を貼付けておこう

記憶 小池昌代

オーバーをぬいで壁にかけた  十年以上前に錦糸町で買ったものだ

わたしよりもさらに孤独に  さらに疲れ果てて  袖口には毛玉  すそにはほころび

知らなかった  ひとは  こんなふうに孤独を  こんなふうに年月を  脱ぐことがあるのか

朝  ひどい、急ぎ足で  駅へ向かうこのオーバーを見たことがある  おかえり

それにしても  かなしみのおかしな形状を  オーバーはいつ記憶したのか  わたし自身が気づくより前に