そのマスク・・・

3月31日 年度末の一日

http://www.ajicjournal.org/article/S0196-6553(08)00909-7/abstract

暖かくなってきましたが、依然としてインフルエンザ、マイコプラズマ、溶連菌など・・微生物と人類の闘いは続いているようです。幼少児と毎日接する保育士さんや、介護施設の職員さん、それからわれわれ医療従事者などは、仕事柄感染者との接触の頻度が多い訳ですので、そういった感染症を”もらう”機会が多いはずですね。小生なども、あまりエビデンス(証拠)はないのですが、今年も2回ほどワクチンを自分でブチュッと打ったりしておりました。幸いにして今のところ罹患せずにおります。保育士さんなんかは、それこそ子供さん達と体当たりのお仕事ですから、そのリスクたるや、3倍も5倍もあるのでしょうね。インフルエンザもらわないほうがフシギ。日本死ねブログの記事ではありませんが、そこのところやっぱり考えてあげないと・・・、つくづく思うこの冬でした。小生ものど飴舐めながら、マスクをして診察を続けてみましたが・・・ありましたよ、そんなことの意味を問いかける論文が。

http://www.ajicjournal.org/article/S0196-6553(08)00909-7/abstract

マスクをしながら診察をすることで、かぜにかかることを防ぐ事ができたかどうか。結果は・・マスクをする事で、頭痛を感ずる事が増えたようですけれど、風邪を防ぐ効果は見られなかったとな・・。むしろ、もっと関係の深かった事項は、子供がいる人が、マスクの有無に関係なく風邪をもらっていたんだとさ。

ヤレヤレ、でもマスク・・・一応してますよ、今も。ずっとしてたので、何となくないと不安な感じ。頭痛は感じませんでした、幸いにして。

images

最近のお気に入りの漫画です。「きのう何食べた?」購入したのはずいぶん前なのですけど、最近読み始めたら・・・これは!

それから、読み物は若松英輔さんのもの。悲しみこそに人生の本質が宿るのデス。

 

 

 

足が動かなくなる日

3月30日 水曜日

お昼過ぎに院内で仕事をしていると、瞬間的な雨が窓を打っていた。そのあと外に出ると快晴・・・なんだこの天気。

今日は近くの病院で目の診察を受けてきました!? 結果は・・・心配なし。ちょっと気にしていた症状があったのですが、眼科の先生にしてみれば”杞憂”だったのではないかなと思います。普段の診療でも、傍目にみたら、ちょっとそれは心配しすぎ・・!っていうことがままあるのですが、いざ自分の事となるとなんだか落ち着かなくなる。この心理、患者さんなら尚のことなのでしょうね。ちょっとしたしびれ症状だけなのに、よくよく尋ねると「もうこの足が動かなくなるのかと心配で・・・」。自分の事や、特に自分の子供達の事になると必要以上に心配になってしまうという気持ちを理解してあげないと。

コメだ  甘っ

しっかし・・・炎上社会ニッポン・・とどまる所を知らないようですね。他人の不幸は蜜の味とは言いますが。メディアの一翼である週刊誌が頑張ってくれるのは良いと思うのですが、我々もそれをきちんと受け止めるだけの度量というものを備えなければ・・・。なれ合いになりましょうというつもりは毛頭ありませんが、他人の不幸を横目に溜飲を下げるようなこと・・終わりにしたいものですね。それよか、少しでも自分の立ち居振る舞いに気をつけて、誰に見られる訳でもないけれど、恥ずかしくない人生を送る事に専心したいものです!

久しぶりの投稿

3月23日 水曜日 また寒い

今年の春分の日は20日だったのですけど、年によっては21日のときもあるのだったかな・・。地球が公転するのに要する時間が365日きっかりではないのでそういう現象が起きるということだったかと思いますが。ま、そんなことはどうあれ、お休みはお休みなわけで、嬉しいなと・・。訪問診療の患者さん方もみな落ち着かれていたようで、ゆっくり・のんびり・ぼ〜っと・・・すごした連休でした。

相変わらずインフルエンザの患者さんはパラパラとお見えになるようです。なんだか今年は例年と違って、流行が遅くてダラダラと続くような印象ですね。もう春休みだというのに。

ガンダムカフェ

すこし前に行ってきましたよ・・・ガンダムカフェ

私はマジンガーZとか、レッドバロンとか、マグマ大使・ジャイアントロボ・キカイダー・レインボーマン・ウルトラマン・仮面ライダー1号2号、V3・宇宙戦艦ヤマト・・・とかしか知らないので、その真価が理解できていないのだと思いますけど。ま、楽しかったです、ハイ。

something different..

3月14日 月曜日 まだまだ寒い

昨日購入したデフレパードのDVD、なんとテイラースゥイフトとの共演であった。彼女のギター弾き語りが何とも素晴らしかった。

この組み合わせ・・・日本に例えるとどうなるのだろうか

いきものがかりのボーカルと、ラウドネスの共演・・・ちがうな。倖田來未と北島三郎・・・もっと違う方向だ。例える事はできませんね  (^^);

曲の間に挟まれているインタビューというか、かれらの雑談がまた面白かった。飾り気がなく、そのままの人間性が出ているのだ。ハリウッド映画にしても、グラミー賞やアカデミー賞などもそうだし、テレビのドラマだって。日本のそれは何やらそれらを真似ようとしているのは明らかなのだけれど・・違うのだな、何かが。自然と造りものの違いのような何かが。

3月11日

3月11日 金曜日

5年前のその日も金曜日だったように思う。週末を前に大きな手術もなく、夕方医局にもどった時に皆がテレビに釘付けだった。街をのみ込んで行く黒い大きな波。すぐそばを小さなトラックや乗用車がそこから逃れるようにして走っている。まるでミニチュアの災害モデルを上から眺めているような感覚であった。車は必至で波から逃れようとしているのだろうが、悲しいかなすすんでいる道路は必ずしも波の進行方向からは逃げる方向には向かっていなかった。その日は舞鶴の先生方と食事会をする予定だったのだが、誰もそのような気分にはなれず、誰から言うともなく、中止となった。5年もの年月は忘れ去るには短すぎる期間である。

閑話休題

医学の進歩は目覚ましく(使い古されたフレーズだな・・)、C型肝炎の新薬の出現はかつての主役であったインターフェロンを必要としなくなったらしい。奏功率も高く、C型肝炎はもはや治る病気になったのだ、と断言されるまでになった。助成金もある事から患者さん自身の負担は軽く、長年治療薬を待ちわびた方々に取っては大いなる福音である。新薬開発には莫大な投資が必要であるらしく、1錠6万円もするお薬で3ヶ月間の服用でおよそ600万円程度の治療費となる計算となる。もちろん差額は医療保険や公金で賄われる事となる。同様に、ある種の癌に適応となったあたらしい免疫治療薬も昨年に保険適応となった。これは1回の治療が100万円前後という恐ろしく高額の治療薬である。因に1年間の治療費に換算すると3000万をくだらない計算だ。その病気の罹患率で考えると、その適応患者数は膨大なものであると推測される。日本赤十字の國頭先生の試算によると、該当する疾患の半数の患者さんに投与すると仮定しても、およそ薬剤費だけで年間2兆円弱となるそうだ。年間医療費40兆円の中で、薬剤費が占める額は約10兆なのであるが、それだけでこの薬剤に費やされる額がいかに桁外れのものであるかが実感できるだろう。増大する医療費が政治課題に取り挙げられて久しい。どう転んでも予算総額はある程度決まっているのだから、あとは分配の問題である。どこにどう保険適応をつけて診療報酬を決めていくのか、大きな目で俯瞰的に全体を見ている人が誰かいるのだろうか・・?などとず〜っとこれまで漠然と考えていたが、今回の事を知って、そんなこと誰にもできないのではないだろうかと思うようになった。不治の病といわれたものから、かけがえのない命を救うという事は、誰の疑いを差し挟む事もできないほど絶対的に正しい事である。そんな奇跡のような薬剤を開発するためには、その陰に無数の研究開発の失敗があって、製薬企業も薬価の見返りがなければ達成できないものなのである・・・と言われれば、ただただ頷くしかないのである。比較的声大きくして、世間に訴えかけられる難治がん患者さんの声・・・に対して、声にもならない呻きのような言葉を発するしかない高齢のじいちゃんばあちゃん。どちらも同じ一人のいのちであり、大切な医療である。その実、それぞれのバックに付いている人々が働きかけているロビー活動には大きな差があるのではないだろうか。なにも製薬企業がどうだとか言いたいのではない。小生にも、大手製薬企業の研究開発に携わっている親友がいるのだが、彼などは小生の数倍も、がん患者さんを救おうという熱意に満ちあふれている人物である。自分たちの周りにいる困っている人達を助けたい・・その思いは共通である。科学の進歩は人びとの生活を幸福で豊かにするのだ・・などという牧歌的な時代はもうすでに終わっているということなのではないだろうか。とうとう私たちは終わることのない、難解な世界に突入してしまったのだと思う。