意思決定過程の共有ということ

9月27日 木曜日 晴れ それもさわやかな

日本医大で腫瘍内科をたちあげられた勝俣範之先生のご主張です。インフォームドコンセントを曲解している医師が多いのではないかという事。なるほどな、と思いました。ツイッターで彼のつぶやきから学びました(いつもツイッターですみません)。

がんが再発しました。抗がん剤治療をすると、○○%の確率で奏功率が期待できます。五年生存率は××%上がることが期待されます。しかし副作用は起こりえますし、かなりしんどい治療方法です。数字は以上ですが、患者さんそれぞれでは実際のところ行ってみないとどの程度効くかはわかりません。それではよく考えて、ご家族と相談の上で来週の外来診察で結果をお聞かせください。

これではいかんと・・・。もちろん自分で何もかも決められて、情報だけ与えられれば良い、という方もおられましょう(特に、ある一定のインテリジェンスと経済的基盤のある方に多いと思われます)。しかし、まるっきり良くわからないのでお医者さんのいいと思うようにやってほしいと思われる患者さんや、情報は理解できるしこれかなあという考えもあるけれど、最後には決めきれないという患者さんもおられる事でしょう(特に最後のタイプの方は多いと思われます)。結局のところ大切なのは、どいういうタイプの患者さんかということを見極めて、それにあったかたちで治療をすすめて行くという事が大切なのではないかということです。患者さんとの充分なコミュニケーションが要求されるのは言うまでもありませんし、大変な労力を伴います、が、それこそが臨床医の臨床医たるゆえんではないかと私も思いました。情報提供をせよ、あとは患者さんに決めてもらえ、という一方通行の治療は決して望ましい ”shared decision making"ではありません。特に、若い研修医の先生方には肝に銘じて欲しい事柄です。

板尾

明日からガソリンに環境税が上乗せされるとか聞きましたが。知らなかったです。皆さんご存知でしたか?うーん今日満タンにしておくんだった〜  朝日デジタルでの村上春樹さんのエッセイです。昨今の日中関係にまつわることについての論考・・http://t.co/Woc5Acsi  

丹後ちりめん製品アイデア発表会

9月25日 火曜日 晴れ

比較的、涼しく過ごしやすい日々が続いています。訳あって2年前に入院生活を送っていた私にとっては、その時の猛暑の体感がないのですが、その年ははるかに今年よりも暑いと言われていたように思います(家族一同同意のようです)。

足腰が痛くて受診される患者さんは結構多いです。聞くと、長年機織りで立ち仕事をしてきましたから・・と仰る方が多く、生きてきた証のような膝と腰のレントゲン写真を見せて頂く事となるわけですが。総理大臣のくれる勲章はそういう方々にまでは行き渡らないわけですが、いとうクリニックの発行する勲章をお贈りしたい気分になります。節くれだった手を見せてくださる畑仕事現役の80歳の方を身近に診察したり、外来の合間にいろいろと考えさせられる事も多いです。そしてわりと最近多いのが、『足の裏のタコ』です。おばあちゃんの爪切りをするのと同様に、心を込めて削らせて頂いています。経営的にはそんなに時間をかけてはいけない部分なのかも知れませんが(オフレコです)、大好きな処置のうちの一つです(もう一つ好きなのは巻き爪の治療です)。そしてNHKのニュースで、丹後ちりめんが取り上げられていました。これだな、って思いました。まだまだこの産業、捨てたものではないんですよ!!がんばりましょ、タンゴ。

ふくろう時計

またまた頂きました!ふくろう君の時計です。ふくろう君がカチカチしています。かわいいっ

ありがとう!大橋ご夫妻

今日は当番日です。

9月23日 日曜日 あめ

昨日の祝日は30数年ぶりの22日の秋分の日だったようです。朝から雨が降っており一段と涼しい秋らしい休日の朝です。今日は外科系当番日です。

Olive

絵を頂きました。金沢や東京・京都で個展を開かれたりしている前田有加里さんというかたの作品です。常緑樹で「平和」が花言葉のオリーブを描かれています。院内に落ち着ける場所をゆっくりと考える事にしましょう。ありがとうございます。

 

か〜の奴め!

9月19日 水曜日 晴れ時々曇り もしくは曇り時々晴れ

気づいたら、右腕に1センチくらいの赤いマルが一つ。何となく診察中にかゆくって、ぼりぼりしながら終わってみると皮がめくれてました。夏も終わりだというのに、まだおられたんですね。裏の田んぼの稲刈りが終わってこちらに逃げて来たとか?B型の血液で良かったのでしょうか?吸ってから、『まずっ』とか言われてるとちょっと悲しいものがありますが・・・そういえば、蚊の事、呼び捨てにするときには(あまり敬称では呼ばないと思いますが)大阪では『かーに咬まれたわ』っていう具合に語尾を延ばすんですね。大阪だけではないのかもしれませんが、とにかくいまだに “か〜” って言ってしまいます。

 

手術に使う機械・・・いろいろあります。外科、整形外科、脳外科、婦人科・・・各科それぞれに独特な機械がありまして。自分の専門以外の手術にお手伝いに入る時は、機械や術式のお作法にいろいろな違いがありまして、とても楽しかったのを覚えています。この機械『モスキート』って呼ばれる、外科でよく使用する鉗子です。モスキートって言うのは奴のことです、ハイ。

あえてこっそりやるんです

9月18日 月曜日 晴れ

政権交代はなんだったのか?などという声は大きいわけですが、それなりに意義ある成果も挙がっているようですよ。子育て関連の法案で、画期的なことが決まっているそうです。今までは少人数では認められなかった保育所が、九人程度の小さな施設でも開設許可が出せるようになるという法案です。特に都会部でそのほとんどをしめる待機児童の解消にその効果が期待されるとか。法案の作成に携わった、NPO法人代表の駒崎弘樹さんのラジオでのインタビューで知りました。曰く、今後保育業界は大きく変わって行くということです。興味深かったのは、インタビュアーの方の質問『マスコミはあまり大きく報道していないようですね』に答えて、『それはそうなのですが、あえてこちらもそれを狙っていたということもあります。あまり大きく騒がれると潰されてしまうというのもあって、マスコミの無関心をむしろ旨く利用したという側面もある』という要旨の返答をされていました。そういう評価を受けるマスコミってどうなのでしょうか?そして、その法案の成立に大きな役割を果たされたのが、マスコミや検察にひどい扱いを受けた、厚労省の村木厚子さんだったそうです。何か屈折した現在の状況を象徴するような事柄だなあと感じました。折しも、党首選挙の報道のさなか、強力な主張を、声高に張り上げて訴え続けるリーダーでなくとも、こういうように着実に物事をすすめて行くことのできる人々を生かす事ができる人物であるならば、それはそれで良いのではないかなあと思ったわけです。いろいろな人の進言に冷静に耳を傾ける事ができて、かつその実現に向けた手練手管を巧妙に使い得る、バランス感覚をもった人物がいてくれればなあと願う今日この頃です。

Glico