便利と効率化ってどうよ

12月15日 金曜日

しかし寒い日が続いていますね。患者さんの診察をするときに、ズボンに突っ込んだ着物を一枚一枚めくり上げてくださるのだけど、次から次へと5−6枚のシャツとかセーターが出てくるのでいつもお互い苦笑することになる。ご高齢の方に、暖かくて軽い化学素材の防寒服一枚ずつ配ってあげて欲しいな・・・。市長さん町長さん、議員さん達、お願いします!

ちょっと耳にした健康診断受診者のお話から・・ 毎年体重が微増していたり、脂質異常が持続しているという結果を踏まえて生活習慣の改善の余地について相談した。勤務時間が深夜12時までのため、いつも帰宅すると2時頃である。なるべくカロリーの少ないものを食べるようにしているが、食後すぐに就寝し、翌日12時前後に起床する。だいたい食事はコンビニエンスストアの出来合いのものを買って食べていると。最近は体重増加だけではなく、肩こりも頭痛も酷くなってきた。普段の生活習慣を聞くにつけて、これは大変だなと思ったのだが、唯一の救いはその方が極めて明るくあっけらかんとお話されていたこと。



厚労省のサイトに行ってみると、「働き方改革実現会議」なるものの議事録が読める。なるほど色々と討議されているようだが、そもそも会議の名は「働かせ方改革」にした方が良いような気もする。上記のような一例では、勤務条件について経営側がどうにかしないと変わらない状況であろうと思うからだ。それと同時に、なんでもいつでも商品に手がとどく24時間眠らない生活を、消費者である我々も考え直す必要があるのかもしれない・・とも考える。化石燃料を燃やしながら、便利な生活を営むことができるようになった人類は、そのおかげで明るくなった夜にも活動時間が広がった。普通便利で効率がよくなると、時間的ゆとりができるはずなのだが、実際にはどんどん忙しく、時間に追い立てられる生活になってきている ”追い詰められた私たち” 。例えば(?)・・昔の歯磨き粉は、アルミでできたチューブに入っていたので、お尻の方からくるくる器用に巻き上げていかないと最後まで使いきれないものだった。それがいつの頃からかラミネートチューブに入ってます、とか言いながら俳優の方が宣伝するようになり(white & white…懐かしい)、そのうちパチンってワンタッチで開け閉めできるものに慣れると、フタをネジネジすることすら面倒臭くなってしまう。何のことはない、ネジネジをやめてやってることと言えば、せいぜい鼻をホジホジしながらパソコンのマウスをクリクリしているだけの話である・・。

早くも・・・

12月12日 火曜日 雪!

なんとなんと天気予報そのまんまの降雪となりました。やっぱりその通りだったか・・・という諦めにも似た感情で起き出しました。なにせ早朝のおもむきでは、これからどれだけ積もるだろうか?というやや絶望的な印象でありましたから、今日の夜には京都からお迎えするお客様もありましたので、ちょっとそちらに連絡したり・・朝から今年初の雪すかし、となりました。去年も大雪だったと思うのですけど、今年は例年よりも積雪の時期としてはかなり早い方だなと思います。ちょっとこれから先が思いやられる状況です。いつも思うのですが、雪すかしはやり始めるまでは憂鬱なのだけれど、やり始めるとどんどん分泌されます、アドレナリン・・・。う〜む、心底嫌いな訳でもないのかも、雪(というか、個人的には好きです)。



んで、ガサガサと作業しながら色々考えたのですけど・・・。朝からクソしんどいな〜とか、はじめは不平不満に思いながらやるのです。そのうち、なんでやろな、今年は早い時期に降雪か・・とか考えて、はたと思い当たるわけですね。あ、そういえばカメムシが多かったからな、とか柿が豊作だったなとか。多分科学的な根拠はないのですけど、何らかの因果がわかった(ような気がした)ら、納得できるのです。別に何の帰結につながるわけでもないのですけど、何となくその原因(と思われるもの)が見つかったら、仕方がないか・・・っていうことになるのですね。責任を押し付けられたカメムシにしたら、何でワタクシ?っていう気持ちだと思うんですけどね。呪いの思考回路ですな、コレ。呪い、呪詛の論理・・・世間によくあることかもしれません。「登らずの山」っていうお話があるそうです。ある時、ある街にやってきた自然災害。そんなものに理由などないのですけど、誰かが言ったそうです「そう言えば、昨日あの山に怪しげな何者かが登っていましたよ」村人一同「それだ!」あの山には登らないようにしよう!っていうことになり、それ以降その山は”登らずの山”と名付けられたそうな。山に登るっていうことと、自然災害に何の科学的因果関係もないのですけれど、理不尽なものであっても、その理屈づけを見つけたら何となくみんな安心納得するっていうことらしい・・・。

呪い・・カメムシ・・不登の山

12時間後に筋肉痛がやって来ましたので、もう寝ることにしませう。

 

研修会参加報告

12月10日 日曜日

二日続けての研修会参加も無事終了しました。認知症サポート医養成の研修会です。講師を務められたのは国立の専門医療機関の先生や、厚生労働省の技官の方や、日本医師会の偉い先生でした。内容は既知のものを確認することもありましたが、新しい制度や今春に予定される医療と介護の同時改定に関することなどもあり、かなり勉強になりました。個人的には今後の活動にも大いに刺激を受けるところがあり、モチベーションを新たにしているところです。多くの先生方がより良い制度を導入するために悪戦苦闘されていることもよくわかりました。現在できあがっている制度には色々と言いたいこともありますが、一応それに従ってできることを努力していかなければなりません。団塊の世代が後期高齢者になる2025年を前に、厚労省もお尻に火がついている状況のようです。こういったことは公に期待するだけではなく、住民一人一人が考えて取り組んでいかないといけない部分も沢山あると感じます。社会学者の宮台氏のいうところの、「任せてブーたれる社会から、引き受けて考える社会に」変えていかねばなりませんね・・・。我々地域をみる医師にとってはより一層その役割は大きいものであると感じた2日間でした。皆様には・・・休診ご不便をおかけしました(ペコリ)。



国立センターの先生の味わい深い毒舌と、厚労技官のゆるキャラのような喋りになんとも・・・みんなの人の良さが伝わる、後味の良い講習会、こんなの珍しいカモ。

 

冬来りなば・・・

12月4日 月 晴れ

・・・春遠からじ この季節、よく頭に浮かぶこの言葉の出典・・・知らなかったのですが、イギリスの詩人シェリーの詩だそうです。

If Winter comes, can Spring be far behind?

そしてその日本語への名訳者は上田敏だそうな。(同志社女子大学教員コラム 吉海先生より)

なるほど・・・。

ところで、最近目にした講演会のタイトルですが・・認知症をあきらめない・・っていうもの。内容はとっても素晴らしいものだと思いますし、ぜひ聴きに行きたいと思ったのですが、ちょっとそのタイトルには違和感を感じました。何かをあきらめない・・と言われると、頑張ってそれを克服しよう、病気ならそれを治してやろうというふうに考えるのが通常の心理ではないでしょうか。残念ながら認知症は治る病気ではありません、治すということに重心をおいては、本人と本人をとりまくみなさんの生活状況が破綻するでありましょう。一言でいうことで理解を得るのは困難なのですが、認知症と付き合うための環境を整えるということに、もっと意識を据えて欲しいと思います。認知症といってもいろいろなステージがありますし、感情も保たれていれば、場合によっては十分に一人で日常生活を送ることも可能です。うまく付き合っていく環境を整える・・誤解を恐れずに言えば、”うまく諦めること”が、重要なのにな・・って思うことしばしばあります。

こう書いてみるのですが、まああまり表現もうまくありませんね。忘れてください・・・

 

 

週末にとある会合でお話をしてきました。アップしてみよ



 

ほりでいしーずん

11月30日 木曜日

今日で11月も終わり、明日からなんと12月である。一年早いもんだな・・。なんだか最近は雨ばっか降っているような気もするし。南北に長い日本ですので、沖縄はいまだに20度前後の気温らしい。でも沖縄におられる先生に言わせると、今年みたく11月後半に夏のような日差しのある年はちょっと異常だとか。やっぱし異常気象なのカモ・・この地球。スケジュール帳を眺めてみると、春頃まで当番日とか、講習会とか講演とかがあって、結構週末が詰まっているなと思う今日この頃でございます。積ん読本が溜まる一方なのですけど、昨日はやや時間があったこともあり、オードリー若林さんの最近の本を一気読み。単身キューバ旅行のお話なのですが、タレント本に珍しく(?)多分本人の書き下ろしだろうなコレ・・・面白かった。寝る前の睡眠剤にはなんども読み返している”虔十公園林”で一日を終えました。



これワタクシですね・・・。

ところで_____

ずっとアンドロイドみたいだなって思ってたのですけど、ツイッタ見て「あ、動いて喋ってる・・・・」と思ったんです、めらにあ夫人



そんでもって、ホワイトハウスのホリデイシーズンのデコ。毎年こんなに派手なのかしらん・・・。もしくはTランプさんの趣味なのか・・・・コレ?

夫人のフォローが5つだけなのですけどね、それが・・Tランプ(公バージョンと、私バージョン)、ペンス副大統領夫妻、5人目はなぜかオバマ元大統領なのでした・・。なんかオモロイな。