自然災害未だ止まず

7月17日 火曜日 危険な暑さ続く

ひょんな事で病理医学のことをネタにした漫画を読み直している。と言っても、3巻までしか読んでいなかったのを、もいっかい引っ張り出してきているだけなのですが・・・最新巻まで続けてみる予定で、ついでに他のも読み直している。漫画本が机の上に積み上がってしまった夜。事実は小説より奇なりとはいうものの、漫画は・・やはり事実より奇なるものであります。漫画といえば、40年あまり連載が続いたものの先日とうとう完結に至ったドカベン!大好きでした。マカロニほうれん荘と同時期に少年チャンピオンで連載されていた頃はキン肉マンとか、両さん時代のジャンプよりも好きでしたね・・・



夜のニュースを久々にみてみると、愛媛県のみかん農家さんの被害とかが話題になっていた。また、ツイッターで知ったメディアが取り上げていない岡山県の孤立集落とかのこととかを知ると、この大雨災害・・まだまだ収束の気配なしだなと思い知らされました。とある避難所では、プライバシーを守るための垂れ幕のようなものが設置されたとかいうニュースもあったりして・・・垂れ幕で守る事ができるプライバシーってどれほどのものかなという事も考えたりします。

そろそろ・・・戦闘機一機だけ買うのやめて、その予算を全部災害対策に当てます、っていうお話になっても良いんじゃないかな。

災害の週末

7月8日 日曜日 晴れ間あり

先週末から続いた大雨の被害は甚大なことになってきています・・・。こういうのはだいたい一夜明けてニュースになるのですけど、まだ事が明らかになっていない時間、長い夜を恐怖とともに過ごされた方が多数おられたという事がわかります。今日からはようやく当地にも晴れ間がのぞきました。早く被災された方々の日常が取り戻されますようにお祈り申し上げます。

さて、今日はその天候のせいもあって一日半、家に缶詰になりましたので、いつもなら手の届かないジャンルを読んでみました。「真説・企業論」中野剛志さん著です。言わずと知れた”保守の論客”(何となくこの言葉が最近、そもそものものとはかなり異なる意味をなしてきていると感じていますが・・敢えて)です。シリコンバレー発のイノベーションが隆盛となっているその一方で、日本の製造業は低調で・・・云々、とかいうステレオタイプの言説を検証されています。最近はやりの(?)幼少期からの英語教育とか、グローバルな大学教育改革とかに安易に棹差すのではなく、本質的な教養、教育の重要性を再確認したお休み期間中の読書でした。

アイヒマンとなる勿れ

7月5日 木曜日 アメ

診察しながら患者さんの携帯がけたたましく鳴ったかと思うと、私の携帯がブルブルと震え出したり・・朝から不穏な空模様でしたが、診察が終了するまでそれは続いておりました。サッカーは残念な結果でしたけど、その試合運びにはそれなりにポジティブな評価もあるようですし、結構やるじゃんって思った人がほとんどではなかったでしょうか。ちょっと前の、監督解任劇は未だに賛否両論あるようですし、私も結果オーライで水に流すのは良くないのかなと感じております。その顛末には色々と経済的なファクターもささやかれておりますのでそれ以上は立入らないことにしたいと思います。サッカーが語られるときによく耳にするのが、個とチームという対比でしょうか。個人としての振る舞いと、チームあるいは組織の中での振る舞いというのは、この数ヶ月で私たちに舞い降りてきたテーマであるような気がします。官僚が組織を忖度することによって生じた事象であったり、組織の長である監督に従って行動せざるを得ないまでに追い込まれたフットボール選手など・・・。組織の中での振る舞いをするのか、個人としての意思を貫くのか、それが問われる場面というのは我が身を思い起こしても、ちょくちょく想起されるところではあります。少し前までは、それを回避するには・・・君子危うきに近寄らず・・・しかないのかなと考えておりましたが。ちょっと目から鱗な助言のお言葉をネットで拾いました。

「自分を失わず粘り強く仕事をしてほしい。組織の論理に屈するのではなく、はじけるのでもなく、しなやかに組織に居残り、きちんと自分の理想、正義を持ち続ける。 それを失うと、アイヒマンになってしまう」

コレやな・・・ま、私はすでにそんなこととは無縁の境地に至っておりますが。

コオイムシ

7月2日 月曜日 暑い

今日は深夜にサッカーの日本代表の試合があるそうですね。私はすでにおネムになりつつありますのでおそらくリアルタイムでの視聴はできないと思いますが・・・頑張れ日本チーム!ワッフルと小便小僧のチームを打ち破れ!なんて考えながら本記事を更新しております。



お仕事、終了終了・・・とか思いながらお外に出ますと、お母さんとボクが当院駐車場にお車を止めて、なにやらしておられます・・・。近寄ってみると、よくよく存じているお母様が子供さんの昆虫採集に付き合って来られているようでして・・

「タガメをうちの子がこちらで獲ったみたいで・・・」

「タガメじゃないよ・・こおいむし!」

「(小生)コオイムシ?行為虫?子追い虫?・・・・」

一心になって駐車場の脇の溝に手を突っ込んでおられます・・何だかその虫が無限にいるらしく、次から次から手で捕獲しては見せてくれるのです。一方で、駐車場に車を止めていることに気が気で仕方がないお母様はソワソワ・・子供さんはウキウキ・・という何とも微笑ましい状況に相成りました。

コオイムシ・・・実は子(背)負い虫、というのがそのネーミングの意味のようです。普段駐車場の横を何度も通っているのですけど、そんな虫なんかに気づきもしないものですね、大人って・・。見えているはずなのに見えないもの。



そんでもって今は、カラテカの矢部さんの漫画的エッセイ・・のような自伝のような・・とにかく名作を読みながら(奥さんに教えてもらいました コレイイ)、お昼間は山中先生(師匠)のこれまたエッセイを堪能しながら・・・眠りに落ちていきます     zzzzzz

 

ゾクゾクするもの

6月26日 火曜日 暑い一日

暑い一日でしたね。まだ六月というのに・・30度を超えるなんて。巷ではサッカーでも盛り上がっているようですし、梅雨であることさえ忘れさせられるようなこの頃です。みなさんお元気でお過ごしなのでしょう、小生のお仕事も比較的のんびりやっています。早めに帰るのでちょっとブログ更新・・。ゾクゾクするものっていうことなのですけど、多分「変わったやつやな〜」というご感想になることを承知の上で、ちょっと身の上話をしてみませう。

子供の頃の思い出を毎月思い出すことがあるのです。医療機関は月末から月初めにかけてレセプトというお仕事をするのですけど、その時のマニュアル的な書類をクリアファイルに収納しているのです。プラスチック製の袋状のページが硬い表紙に閉じられているやつです。そのプラスチックの袋に書類を出し入れするのですが、その瞬間がなんともゾクゾクするのです。何でかって?その昔、子供のおやつに「仮面ライダースナック」っていうのがカルビーから発売されていたのですけど、そのおまけに(おまけですが、ほとんどこれ目当てで買っているのですが)カードがついてくるのです。仮面ライダーだったり、それに出てくる怪人だったりするのが写真になっているというよくあるやつですね。で、一定の確率で当たりカードっていうのがありまして、それをゲットするとカード保存用のアルバムっていうのがもらえるわけです。そう、御察しの通り、そのカードアルバムの袋状のシートにカードをコレクションしてそれを出し入れしながらお友達とやりとりをするのですが、その瞬間を思い出すのです。中にはそんなカードアルバムを2−3冊小脇に抱えて学校に持ってくるというような猛者もいたのですが、小生一度だけこのラッキーカードに巡り合った経験があります。その瞬間の歓喜たるや・・・今でも思い出すことがあります。毎月全く関係のない書類をクリアファイルに出し入れするたびにそんなことを思い出しながらゾクゾクしているのって・・我ながらちょっとおかしな奴やなと思って苦笑いしています。おしまい



ところで最近美味しいですね、夏野菜。

ピーマンを使った即席スープレシピをスープ作家(?)の有賀薫さんのツイートで教えていただきました。ピーマンを縦に二つに切って(種はそのまま)、油で炒めます。ギュって抑えながら焼き目がつけば水200mlを注いでフジッコの昆布(細く切ってある)を大さじ一杯くらい多めに入れてコトコトと5−6分弱火にかけます。出来上がったら鰹節をふりかけて(これは私の一手間)出来上がり。出汁いらずの即席スープにしてはとても美味しい! みなさんお試しあれ