文書の保存

5月6日 日曜日 曇り

連休の最終日は朝からお天気もややどんよりしています。明日からまた新しい1週間のお仕事が始まります。聞くところによると来年はもっと長い連休になるかもしれないとか・・・個人的には連休前後はやや忙しくなりますし、訪問診療のスケジュール調整も必要になりますので手放しでは喜べないです。それよりも2連休くらいが曜日に偏りなくランダムにあると良いなあ・・・と思ったり。月末の事務仕事をしながら見るともなくつけていたテレビでは公文書改ざんの問題が議論されていました。目の前にはカルテという保管義務のある文書があります。5年間の診療録保存が私たちには義務付けられていますし、関連する前任勤務先では何十年も前のカルテが倉庫に保管されていました。大先輩のカルテを倉庫にこもって読ませてもらったこともあります。今と違って昔は手書きですから、その筆跡や几帳面な記載に感心したり、詳細な手術記録とそのスケッチに唸らされたこともあります。まさに我々医師にとっては生きた教材というわけですね。パソコンの画面上で見る電子カルテでは味わえない(カルテは味わうものではないかもしれませんが)ものがあります。いろんなことを除いて考えるのならば、私はもっぱら手書きカルテ推しです!今はもちろん診療行為なども全て電子媒体でファイルアップしますので、そのデータは今後の行政などに利用されることになります(これ、ビッグデータというそうですが、ジョージオーウェルの小説に出てくるビッグブラザーをいつも思い出してしまう・・・)。これは良いことですね。電子媒体なのですから保存期間もまた延長が検討されるのかもしれません。まあ端末のメモリーの問題がなければ保存期間などあまり気にせず日々診療してはいるのですが・・。後で判明する薬害などの問題や、障害年金などの申請の初診時のデータなど、5年では不十分なケースも実際にあったりすると思います。いずれにせよ!文書の保存は私たち国民の生命線です。行政機関にその意識がないとは思いたくないのですが、昨今のニュースやその反応を見聞きすると、情報そのものの重要性がきちんと認識されていないのではないかと思うこともあります。公文書保存が危うい状態って、過去の歴史の検証などにとって致命的なことになるのではないでしょうか・・・。

 

特にどこに行くともなく過ごした我が家のGWは・・・



娘の作品のアップルパイと・・



息子の作品の鶏白湯ラーメンを食べてのんびり過ごしました。まる

 

麻疹のことなど

5月2日 雨

お久しぶりです。アップをサボっておりました。正確に言いますと、下書きはいくつもしていたのですけど、どうも医院のブログにふさわしくない内容になってしまいがちなものですから、一晩塩漬けののちに消去という作業を繰り返していました。

さて、最近話題のはしかですが・・・・。時々お問い合わせをいただきます。テレビなどでの報道も行き渡りつつあるのかなとも思うのですが、まだまだ世間は混乱しているような印象もあります。なにを隠そう小生は医者になってかれこれ30年足らずですが、自慢ではありませんが麻疹の患者さんを診察したことはありません。予防接種のおかげで国内発生がなかったわけですから、私がサボっていたわけではないと思います(たぶん)。今回のブレイクも確か発端はバンコクへの渡航歴のある沖縄の方だったのかと思います。ご存知のように、あれほどみなさんが恐れるインフルエンザでさえ、飛沫感染という経路を取りますので、同じ部屋にいるだけでは感染することはなく、感染者の半径数メートル以内にいる人が飛沫する唾液などを介してでしかうつることはないと考えられています。ところが、はしかや結核、あるいは水ぼうそうなどは空気感染ということで、街ですれ違っただけでもその10人のうちの1人が感染する可能性があると言われています。日本では、ある時点以降は予防接種が定期化されましたので、その接種状況によって感染の危険性が異なります。特に現時点で28歳から47歳の間に属する方は過去ワクチンが1回の可能性がありますので麻疹に対する抗体価が不十分である可能性があります。ご自身の母子手帳をご覧になって、過去の予防接種歴が1回のみの方は是非とも2回目の接種をお勧めします。



この間書店のレジで思わず買ってしまったのですけど、こういったものどこでどのように使うものなのでしょうか・・どなたか教えてください〜

連休後半に向けて・・出だしはお天気はあまりよろしくないようですが、みなさん有意義で穏やかな日々となりますように。

いろんなニュースの陰で・・

4月18日 水曜日 晴れ

暖かくなって来たようだ。車のエアコンは朝に赤いところのメモリに合わせていると、午後の往診の際には暑くって仕方がないという現状である。で、患者さん宅にはやはりまだコタツ・・・。早くスタッドレス交換しないと!なんて思っている今日この頃です。沖縄で麻疹の患者さんが増えていると聞きます。ネットではいろんなニュースが飛び交っていますのでこれはあまりみなさんのお耳に入らないかもしれませんが。



ブログにも書いたかもしれませんが、調査報道ものの書物が好きなので今はまっています・・福知山線脱線事故のルポ→松本創さんのやつです。清水潔さんとか青木理さんらと双璧をなす(これは二つを比べる時の表現でしたか?? 三つだと御三家?)・・でんな。

お仕事はちょっと最近困難な症例が多いデス・・困った困った。

ふぃぼなっち数列

4月17日 火曜日

投稿が空くこと約2週間・・・・そろそろ書かんとなって思いながら今日に至りました。書くネタはそれなりにあったのですけれど、いまいち気分がのらないっていうことありますよね(そんな大層なことではないけれど)。色々と世間ではとんでもないニュースが飛び交っていますが、個人的にはシリア侵攻のニュースに衝撃を受けています。それなりに民主的な国家が他国を攻撃しても良いとされるその理由にはいくつか制限があったような気がするのですけれど、この度のそれは果たして条件が満たされているのかどうか・・・よくわからない部分が多いなあと思います。もちろん人道的な配慮ということは理解できるのですけど、ミサイルで新たに損なわれる人道もあると思いますので(往々にしてそれは隠されてしまいますからね・・・)。ま・それとは別に、日常臨床で今取り組んでいることがあります。まあこんなところに書くことでもありませんので詳細は省きますが、昨日と同じ診療をだらだらとしていても仕方がないなと思いながら、日々フレッシュな気持ちで毎日のお仕事に取り組むように努力しています。それは色々な意味で・・・純粋に診療面であったり、院内の職員さんとの接し方であったり、関わりのある業者さんとの対応であったり。また今年も学生さんたちと接する機会があるでしょうから、それも同様にしてブラッシュアップしていきたいなあと考えています。今日のぼくは昨日のぼくではないのだ!



レオナルド・フィボナッチさんです。なぜか昨日の夢に出てきた数列・・・

1・1・2・3・5・8・13・・・

a1=a2=1,  an+2=an+1 + an (n≧1) ちょっと書き方が下手くそ

ひまわりの種がこの数列に従って配列しているとかいうオハナシですな。

さくら

4月1日 日 晴れ

絶好のお花見日和のお天気である。年度末、幾人かの先生方がクリニックに離任の挨拶にみえた。いずれも地域医療やご自身のキャリアアップに頑張って来られた方ばかりで、お忙しい合間を縫って、小生などに会いに来ていただき甚だ光栄なことだと、とっても嬉しかった。新天地でもその能力を存分に発揮していただければと思う。年度末はお別れの季節でもあるが、同時に明日からの新たな出会いの季節でもある。寒い冬にお別れをして、桜が咲いて瞬く間に散ってゆく・・というなんともドラマチックな季節の移り変わりはそれぞれの人々の人生に一つの節目を形作ってくれることであろう・・・私の日常はな〜んの変化もないのであるが。



地域の桜も場所によって咲くタイミングが異なるのですね。患者さんとの会話にも度々登場することとなります、この季節。みなさん待ち遠しかった春なので。ご高齢の方ですと、来年もまた見られるのかしらとか、もうぼちぼちよろしいですわ(意味・・わかりますよね)とか色々と仰います。エンドオブライフは神様のお決めになることですので、それまでは1日1日をありがたく過ごしていきたいものだと思っています。いのちを鴻毛のかろきに比してはなりませぬ・・・。