同時代を生きるひとびと

7月26日 金曜日 お昼にどしゃ降り

お仕事が一段落してテレビをつけると復活したサザンのメンバーが歌ってました。「ピースとハイライト」を聴いていると、ストレートに心に響く感じでした(かなり社会的メッセージ色の強い歌詞でしたが)。同じ時代を生きていると、ある程度人間の心って同じ方向に振れていくのだろうかなあと感じました。たまたまその振れる方向には左と右と異なる方向があって・・・(別に右翼とか左翼とかいう意味ではないのですけれど)。そうすると、ふと同時代を生きる人同士の感覚っていうものは、昔の時代はどういうふうに培われたのだろうかと考えてしまいました。今でこそ巷にはメディアの情報というものが氾濫して、同じ映画を見たり、同じ歌を聴いたり、同じニュースをリアルタイムで見たりするので情報共有の方法には事欠かないわけですが、それこそテレビやラジオや新聞すらなかった時代の人たちはどうしていたのでしょうか。人づての情報収集であったり、えらい人ならそれこそ遣いの者を差し向けたりしていたのでしょうか。今でこそ歴史の教科書で同時代人として扱われている人たちも、意外にその当時はあまりお互いを知らなかったりする事ってあったのかもしれません。さすがに西郷隆盛と坂本龍馬は差し向かいで話をしていたのでしょうけれど、土方歳三と福沢諭吉と岩崎弥太郎は同年生まれの者同士ですが、かたや尊王攘夷運動に命をかけて新しい時代の幕開けと共に散って行った者もいれば、かたや維新、倒幕運動にもみじんの興味を抱かずにひたすら学問の道を究めていった者もいて、もしかすると当時お互いの存在を知らなかったなんていうこともあり得るのではないでしょうかね。いったいこういう時代に生きた人々が共有する時代感覚というものはどういうものだったのでしょうかねえ?でもそんな非・情報共有の時代だからこそ、100人もの人々の決起意思が1年もの間、表沙汰にならずに秘密を守れたわけなのですよね、赤穂浪士の事件って。まあ最終的には47人の間の秘密に落ち着いたわけですけれど・・・。



同時代のひと集まれ〜ってことで、第一問。レインボーマンの悪役は?そう死ね死ね団ですね。ボリューム絞り気味でどうぞ。いまならおそらく放送禁止でしょうこれは・・・(苦笑)。ところでレインボーマンの師匠のダイバダッダって実は、仏教では極悪人だった人だそうです。

ちくわ

7月24日 水曜日

夜にほんの一瞬雨が降っていたように思います。その少しあとにドドーンと花火らしき大きな音がなっていたようにも思います。花火と言えば、泣く子も黙る夏の風物詩ですが・・・ウチのチビちゃん達はといえば、”泣く子もより泣き叫ぶ”夏の風物詩、かつ親としてのトラウマだったのでありまして、南丹の花火で大泣きし、ミネソタ州ロチェスターはシルバーレイクの花火でやはり大泣き。なのでいまだに、宝ケ池の花火が聞こえても、少し家族皆の顔色を眺めてから反応すべきかどうか考えてしまう性が定着しております。伊坂幸太郎のスランバーランドという小説にも花火師が登場していましたが、まあ日本人の心に打ち響く、蚊取り線香と夏花火であります・・・。何やら訳の分からぬブログになってしまいました。

ちくわ

ちくわ・・・魚のすりみをぺたぺたと竹の棒に貼付けて焼いたものですが。おいしいですね。輪切りにして(まあ竹輪を切るとほぼ必ず輪切りになるわけですけれど・・)、チャーハンに入れたりするだけでも美味しいですし、輪切りをそのまま炒めて、味の素を振りかけるだけでも絵になります。だれが考えたのでしょうか?魚をすりつぶして・・・棒にぺたぺた貼付けて・・・焼く・・などということを。

人の話を聴くこと

7月23日 火曜日 曇り

選挙も終わり世の中はまた静けさを取り戻しました。テレビなどではもうここぞとばかりに、開票特番などをやっていたようですが、そこからがスタートなのですよね。国民みんなで選んだ代表者の方が、本当にみんなに有意義な政策を立案して法律に形作ってくれるのかどうかウォッチしていくことが、開票速報のインタビューよりも遥かに大事な事だと思います。国民皆保険が本当に維持されて行くのかどうか?いつでも誰でもアクセスし易い医療制度が維持されて行くのか?医療従事者である私も目を皿のようにしてみて行かねばと考えております。メディアは盛んに、ねじれ解消を連呼しておられますが、本来衆参両議院が存在する二院性の意味は、お互いがお互いの暴走を食い止めて、一方的な方向に走って行くのを抑止することにあるわけで、よくよく考えるとねじれを前提とした政治制度なわけです。これを考慮に入れると、現在の一党単独飛行を許してしまいかねない体制はやや危ない側面もあるのではないかなあと思います。チャーチルでしたでしょうか?民主主義は最悪の制度である、その他に現存する社会体制をすべて除けば・・・という言葉があったように記憶しています。額面どおりうけとるならば、民主主義とは一人あるいは一党の暴走が起こらぬように、急激な社会制度の変革に晒されないように、いわゆるless worseの選択を行うのがその本来的意味という事になると思います。果たして現在の我々は、即決、効率、スピードこそ命・・・という論理に毒されすぎていないと断言できるでしょうか?

新入りクン

新入りクンです。この間までとてもお世話になった方より頂きました。私自身もとても勉強になった数ヶ月でした。どうもありがとうございます。あ、またまたタイトルを考えていた時のことを忘れてしまいました。今日はラジオで”今宵ロックバーで”という番組を聞きながらこれを書いていたのでした。ラジオっていろんな事を考えながら、想像力たくましく楽しく聴く事ができるのだなあと、最近のマイブームです。色々と好きな番組もありますけれど、またの機会に・・。

努力・辛抱・根性

7月18日 木曜日 晴れ

東京大学解剖学教授であった養老孟司先生の著作を読んでいます。まだ途中なのですが、ふむふむなるほどなどと頷きながら半ばまでやって参りました。解剖学者なのですが、同時に昆虫好きとして世に知られている先生の物言いは、時にシニカルで斜に構えておられる印象だったのですが、その著作の方はと言えば、気持ちのよいくらい言い切りの連続で、そこまで断言して良いのだろうか(おそらく意図的にそうされているのでしょうけれど)と思う事しきりです。実は日本は世界に誇る資源国家だったのですというのはまさに卓見だと思いました。こうすればああなるという経済学的思想(脳の思想)と正反対に、環境重視の思想は身体の思想であると述べられています。私の要約がへたくそなのでおそらく何の事かと思われるでしょうけれど、まあ皆さんご一読あれ。直接的な何かが得られるものではないと思いますが、読んだ後にはほっこりと何かが心の中に生まれる事でしょう。日本人は「手入れ」が得意で、自然と共生しながら生きてきたこと、その過程では努力と辛抱と根性が培われてきたのだという事。古代中国の老荘思想とも通ずる考え方を理解することができます。

往診途中

芥川賞と直木賞決まりましたね。今年のは2作とも読んでみようかなあと思っています(文庫化されてから・・・!?)。

1028分の1

7月17日 水曜日

外科医は器用でないといけないのか?医学部を卒業して専攻科目として外科を選ぶ時に、誰も一度は考えた事があるのではないかと思います。私も当時はそれが結構自分としての大問題と思っていろいろ考えていたのですが、今なら少し違う考え方をすると思います。合わなかったらやり直せば良い。何か始める時には、そう考える事は消極的な気がして躊躇するものです。 その当時は、いざ外科医になってみて、手術が目も当てられないくらい下手くそで役に立たないとわかれば、国境なき医師団に参加して何か役に立つ事を探そう、とまで考えていました。今考えれば、なにもそこまで飛躍せずとも、他にいくらでも道はあると思うのですが、若い時ってそういう極端な考え方になってしまうものかもしれません。外科医は器用でないといけないのか?という問いに対する答えとしては、器用であるに越した事はないけれど、それほど器用さは必要不可欠な条件ではない、というのが私の現在の考えです。もっと他に大切なものがあると思っています。

Kuma


たびたび利用する京都市内北部を走る叡山電車、いわゆる”えいでん”ですが、そのつり革にハートの形をしたものがあるそうです。すべての車両の中にあるつり革の中で、たった一つだけあるらしいのですが、どの車両の、どこにぶら下がっているのかは、当日まで運転士さんも車掌さんも知らないのだとか・・。働く方にとっても毎日の密かな楽しみになっているのでは?(実物はやや洗練さに欠けている気がしないでもないのですが)