これが特定機密ってもんだ

12月24日 火曜日

そう、今日は子供たちの日であります。

something unbelievable will happen!!

これから夜は更けて、人々は寝静まっていくわけですが、逆にこれから超忙しくなっていく人(?)が全世界でたった一人だけいます。頑張って良い子たちに夢を与えてあげて下さいね〜 わくわくする気持ちで寝床につく子供たちのことを想像するだけで、なんとなくこちらも楽しくなってしまいます。

santa claus

 

その人とはだれなのか・・・それこそが特定機密ってもんですね。トナカイにそりを引かれてやってきます。立派な角を生やしたトナカイさんですが、その立派な角って毎年生え変わるそうですね。外胚葉由来の組織(?)・・おそるべし

早いもので

12月23日 月曜日(祝)

いつの間にか年の瀬、年末が押し迫ってきました。今日は久しぶりの救急当番日でした。重症な方は特におられず平和な一日でした。雪が積もるかと言われた先週後半でしたが、今のところみぞれ、あられ程度の雪が降っただけでこれまた平和な週末の天気でした。明日はクリスマスイブですので冬休みを迎えられた子供さんたちには一年の中でも本当に楽しみな季節を過ごしておられることでしょう。思えば自分が子供だった頃の年末年始と、今のそれとは大分変わったなあと思います。そもそも年末年始といっても今どきコンビニエンスストアは24時間365日開いていますし、好きな時に何でも買うことはできるわけですし、スーパーや百貨店だって結構早くから初売りセールをしているのではないのでしょうか?わざわざ食材を買い込んでおせち料理を作る必要性はほとんどなくなってしまっていますよね。年賀状もプリントアウトしているだけだったり(あ、それは自分が怠慢なだけかな・・)、それすらいよいよ押し迫らないと重い腰が上がらなかったり。凧揚げとかコマ回しをしている子供たちはあまり見かけなくなりましたし、百人一首はお正月の行事ではなく、授業の一環の暗記作業となっています。別に良い悪いの問題ではないと思うのですが、時代は移り変わるものだなあと・・・。そう言えば先ほどテレビでは、この時期よくある今年の総括と来年の予想みたいな番組をしていました。1ドル120円まで円は安くなり、株価は秋には2万円になる?!そうです。日々の暮らしにおいては両方ともあまり我々に直接関係あるとは思えないのですが・・・。

ミニ夫

 

クリニック裏口にきつねのゴンさんがおいていって下さったとれとれのお野菜を煮込んで頂きました。美味しかったです、ありがとう。さ、来年はブログの頻度を上げて更新するようにしましょう!!

よしなさいって

12月13日 金曜日 雪〜

受付の某女子が騒いでおられたので窓をみると、吹雪いてました。今朝もちらついていましたがとうとうやってきたのですね、この季節が。早朝に一度起きて、窓からチラリと外を眺めてから一念発起で起きるか否か・・。今年は頼りになる新兵器を導入したので、雪よ・来い! 去年は「ええ運動やな〜」とか思いながら除雪スコップを走らせていたのですが。あ、タイトルは・・今はなつかしいビートきよしのツッコミではなくてですね。ネットのニュースで見つけた記事なのですが、「英語授業、原則すべて英語で・・中学 20年度から」なんていうのがありまして。生徒に実践的な英語力を身につけさせるため、より早い段階から・・・・・・英検などの外部試験を活用し、都道府県ごとに中高の教員の英語力を公表する仕組みも設ける・・なのだとか。もう言い古された言葉ですが、言葉が話せることが大事な目的なのではなくて、何を話すか・・そうコンテンツなのではないかと思うのですよね。だいいち、中学時代に面白い発音で教えてくれた英語の先生がおられましたよ。文法はきっちり、だけど発音は・・・、みたいな。それで良いのではないかと思っています。すべてを英語で授業だなんて、考えただけで笑えてしまいますよ。日本人なんだから!日本語でまずしっかりと考えたことを述べてみましょうよ!!それを徹底して学ぶべきではないかいなと。英語⇒グローバル⇒ビジネス⇒みんなハッピー・・・ヤレヤレ

f ゆらぎ

 

理系の先生の書く文章ってスイスイと頭に入ってきますね〜 大学院の時に理系の作文技術ってのを学びましたが、一つ一つの文章がわりと短くてリズムが良い。文章と文章をむすびつける接続詞が効果的で理解しやすい。しばらくハマりそうな予感・・・

ノロはのろのろじゃない!?

12月9日 月曜日

なんだかよくわからないタイトルになってますが、ノロウイルスが流行しつつあるようです。これからマスコミでも大きく取り上げていくことになるのであろうこのウイルスですが非常に感染力の強いもので、特に高齢者施設での流行には充分注意をしていかなければなりません。が、元気な人にとってはそれほど恐れるに足るものでもなく、水分補給と脱水に注意してさえいれば自然と治っていく病気なのです。少なくとも、夜中に何度も下痢がおこったからといってすぐさま救急病院に駆け付ける・・・などという必要はあまりありませんね。第一、乳幼児と高齢者以外にはノロウイルスかどうか調べる検査が保険適応で認められていませんので、調べようと思うと非保険診療になりますし、そうすると混合診療の禁じられている我が国の保険診療システムでは整腸剤や点滴などもすべて自己負担となってしまいます。元気な人が下痢になっても経口摂取で水分補給ができていれば、それほど慌てる必要はないってことですね。高齢者の方の致死症例でも、ウイルスそのものにやられたというよりは、嘔吐物を喉に詰まらせたり、抵抗力が落ちて二次感染で肺炎になったりというケースが多いのだと言われています。ただし、感染者の吐物や排泄物には相当量のウイルスが含まれているので、特に胃腸炎症状を有する高齢者のかたや乳幼児のご家族の方はくれぐれもその処置に際しては気をつける必要があります。特にアルコールを含む消毒液で拭き取るだけではウイルスは死滅しませんので、屋内を清掃する際には塩素系の洗浄剤を使用するのがよいでしょう。

kickass ウイルスよ死ね!

ところで・・・今年の流行語大賞は四つだそうです。

「今でしょ!」「じぇじぇじぇ」「お・も・て・な・し」「倍返し」

う〜む,,,どれもリアルタイムで使われているのを見たことがないのです。このうち2つはドラマからの言葉だそうですが、それも全く見ていないので・・。倍返しじゃ〜とかは学生時代のマージャンなんかを思い出したりもしますが。流行語というわりには普段その言葉を使っている人もあまりいないと思うので、正確には流行語というよりも他に妥当な形容詞がありそうな気もします。年末に向けてはそろそろ「今年の漢字」かな?と思っていると、今日それが「輪」に決まったとか??五輪招致とかが関連しているのでしょうけれど、なんだかピンと来ないな・・・

人間の欲

12月3日 火曜日

どこまでいくのだろう・・人間のヨクボウ。

ニュースでネット通信販売の宅配に、無人ロボット飛行機(?)か、なんだかわからないのですが、機械が空を飛んで注文した人の家の上から商品を落下させるシステムを開発中なのだとか。すると発注後、さらに早い商品の到着が期待できるのだそうです。かくいう私もワンクリック派なのでありまして、配達予定日時を一刻でもすぎるとイライラしはじめるクチなのです・・・がっ!  商品がon timeにやってくる裏側には、いろ〜んな人々の汗と涙が滴り落ちているのであります。外来のお仕事をして初めてこういうことを実感したのです・・・というのも、運送会社(の下請け)の方が来られるのですが、お話を聞くとそれはそれはタイトなスケジュールで頑張っておられるのです。前日の夜に出発して、翌朝に関東に配送しそのトラックに荷物を載せて翌日の夕方に戻って来られるのだそうです。すこし前にタレントの方が名神の知る人ぞ知る危険区間での事故で亡くなられましたが、その場所はいつも通る場所なんですよねと教えて下さいました。う〜む、一つの商品がお家にやってくるまでのその間に・・・いろんな人のドラマが隠れているのだなあって思います。

namakemono

 

1年365日、何かに終われるように人々はある場所からある場所へと移動し続けています。むかしなら、お手紙で用件を伝えて、お返事が返ってくるのは早くて3日後。東京への出張は、電車の中で駅弁をほおばりながら、初日はちょっと秋葉原で寄り道をしながらホテルへチェックイン。なんていうのも、最近は電子メールで用件を送った2時間後にすでに返事が返ってきており、夜中まで時間を費やしながら書類作成。東京出張はリニアモーターカーのおかげで駅弁を社内で楽しむこともなく日帰りの強行軍。翌日は通常出勤。な〜んて、便利になったのやら・・・。所詮科学技術の発達は、文化的生活を底支えしてくれているのかどうかよくわからない結果に帰結しているわけですね。あ、また暗い結論になってしまった。