fluを診断するには医師は要らぬ・・・

1月30日

早いものでこの間年末だお正月だと思っていたらいつの間にか、1年の12分の1が終わろうとしています。病院はあいかわらず感染症との闘いのようです。

ところで!

今世間を震撼させている(?)インフルエンザの話題です。来る患者さん、来る患者さんの鼻腔にプラスチックの棒を差し入れて、くしゃみをさせながら検査しているのですが、本当にそれは必要なのかという問題提起なのであります。かなり大胆な提起(のつもり)ですが、そもそも論として、検査そのものの感度は90パーセントとかなのですね。つまり、インフルエンザがインフルエンザとして正しく陽性に出る確率が9割だっていうことです。「ああ、インフルエンザじゃないですよ・・」と言われても、実は10パーセントの確率でインフルエンザの可能性があるという訳です。たとえば、ご家族5人中3人がインフルエンザと既に診断されているという場合に、残りの2人のかたのどちらかが、39度の発熱と関節痛を訴えてクリニックに来られた場合に、もうこれはほとんどかなりの可能性を持って、検査をせずともインフルエンザと診断できる場合が確かにある訳ですね。まさにこれぞ、「この患者さんがインフルエンザであるという推論に、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証」じゃあないですか。検察庁もおそらくお墨付きを下さることと思います。それでも、やっぱり検査の結果がすべてだと言われると、それが陰性だった場合に「じゃあ、明日また39度のお熱が出たら、受診して下さいね」っていうことになるのならば、翌日果たして、その方は顔を真っ赤にしてブルブル震えながら、そしてまわりにもウイルスを飛散させながら、クリニックまで足を運んで頂くことになる訳です。どう思われますか?こういう時にこそ、医師の診断能力が問われているのではないかなと・・・このごろ私は強く思う訳です。無駄な検査も省略されますし、患者さんもおうちでゆっくりと療養できますし、何よりも院内のウイルス粒子蔓延もふせぐことができるのですからね。うん、明日からは私ももっと医師としての職能を活用して、まじめに仕事をするぞっ!と思いを新たにするところであります。ていうことで、べつに迅速キットで陽性がでなければインフルエンザだという診断ができないという訳では決してありません(きっぱり)。キットでないと診断できないと仰るのならば、医者なんて要りませんがな!〜もちろん、だろう診断だけではなく、他の重要な感染症や、疾病をきちんと鑑別することが重要なことであることは言うまでもありませんが・・・

flu test

 

もうわたくしなんて、真っ白な壁を見ていると、なんとな〜く、薄いピンク色の縦線が入っているような錯覚にとらわれる病気にかかってしまっています。受診してくれた患者さんのために何としてでも縦線を見つけるぞ〜〜みたいな、何か変な倒錯・・・何となく誘拐事件のときのストックホルム症候群のような心境!? おまけに最近小生、近いところが見えにくいのです・・(泣)

メタボ健診に思う

1月27日 月曜日

穏やかな一日でした。最近時々、働き盛りのかたの特定健診の結果を診察時に拝見することがあります。特定健診とは別名メタボ健診と呼ばれるもので、一時あんなものは役に立たないのではないかなどと槍玉に挙げられていたこともありました。確かにウエストが何センチだったかだけを取り挙げても無意味ですし、それ自体にさほどの意義は感じないのですが、健診自体は結局のところ、それを利用する人間次第かなあと思います。特定健診そのものに意義があるかないかを論ずることはあまり意味がなくて、それを有意義なものにするにはどうするかということを考えなければならないと思います。利用する人間の中でも最も重要なのはやはり医師だと思います。とりわけ、2次健診としての診察を担当する医師の役割はとっても大事です。30歳代、40歳代の元気な方が持って来られた検査で、時に見過ごせない数値を見ることがあります。そういう方にどのように病状説明を行い、その後の生活をして頂くのかということはひとえに、担当医にかかっているわけです。とりあえず数値を補正する薬を処方するだけ、などというのは一時期数値は良くなるかもしれませんが、そのうち忙しい毎日に紛れて、受診することもおろそかとなり、また元の木阿弥に・・という結果が見えてきますし、かといってその方の食生活や生活習慣にだらだらとお小言を並べ立てても、気を悪くしてかえって逆効果になるかもしれません。ことほど左様に現在健康な方への診察は難しく、その健診結果の取り扱いには慎重を期すべきものであると考えています。すぐに数値を改善することだけに力点を置かず、どうしたら長いスパンでご自分の健康に気を遣って頂くことができて、10年あるいは15年後に、動脈硬化の進行なく、合併症のない健やかな日々を送って頂くことができるか、ということを目標にしなくてはいけないと、自らを戒めております。やっぱり、お父さんには(お母さんもですが)、ちっちゃな子供さんたちが一人前になって巣立って行かれるまでは少なくとも元気で頑張ってもらわなければならないですしね・・・。いくら高スペックのパソコンを持っていても、使う側の頭が未だに32ビットならばそのパソコンは宝の持ち腐れになるっていう訳なのですから、やはり特定健診というハードに十分なソフトとなれるように、我々医師が活躍しなければなりません・・。



何となく最近は「フィクションのモード」スイッチが入っているので、小説読みのペースが上がっています。小生はフィクションモードとノンフィクションモードが交互に入れ替わるのです。ついこの間は、元新聞記者の方の事件記事にもとづいた作品を読みふけっておりました。ノンフィクションの魅力は何と言っても迫力ですね。真実は何物にも代え難く訴えてくるものがあります。フィクションは他人の人生の疑似体験というのでしょうか、乏しい自分自身の人生経験に豊かな何かを与えてくれるような気がします。ま、そのわりにあまり成長してない自分自身なのですけれど・・

男前に一票!

1月25日 日曜日 夜から雪が降っています

今日は一日かかりつけ医認知症対応力向上研修会というのに出席していました。がん緩和ケア、うつ病、糖尿病、認知症とかかりつけ医の守備範囲は広がる一方です。京都市内や南丹、舞鶴、綾部などからも講師の先生方が来られ、丹後、北丹地域の医療者のレベルアップを図るという目的で行われた会です。日頃在宅診療は認知症ケアと無縁ではないのでありまして、小生も診療能力増進のため、頑張ってお話を聞いてまいりました。既に丹後地域の高齢者率は30%に達しており、少子高齢化が叫ばれる日本社会の最先端を突っ走っているのです。2040年には40%を超える住民が65才以上になるという予測もあります。う〜む、どう考えても病院は足りないし(入院病床数という意味で)、医療難民と呼ばれるような方が少なからずでてくるのではないかという懸念を容易に想起することができます。巷間メディアでも問題提起はなされていますが、未だに私たちの意識には「そうはいっても、今の生活が精一杯だし・・」というような思いがはびこっているのではないでしょうか。遠くない未来にきっとそういう時代は来るのでしょうけれど・・・。さて、会での講演で、とある医療機関の認知症専門外来を訪れた初診患者の最終診断の内訳が提示されました。約3分の2は何らかの認知症に属する疾患という診断、残りの3分の1のうち結構な割合で、まったく認知症診断基準にかからないどころか、むしろインテリジェンスも高い普通の人々であったそうな。このような患者さんの少なからずが、テレビでの啓発番組をみて自分もそうなのではないかと心配になって受診した方々であったのだとか。うんうん、テレビの健康ものって、そう言えばやたらと大げさな見出しや、音響効果でもって視聴者を怖がらせるという手法の「脅し演出」が多いですよね。あれもどうなのかなと・・不必要な受診患者を増やしてしまうだけだったり、仕方なく施行される検査にも無駄なものがないとは言い切れない訳で。そういえば、小生の外来でも、テレビに触発されて、全くする必要のないと考えられる検査をリクエストされる、という場面も珍しいものではありません。もちろん不要な検査は納得して頂くまで十分説明をするのですけれど。

smoking hazard

 

欧米の煙草の包装は脅し手法そのものでした。これはまあ理解できるというかたは多いと思いますが。

東京都知事選のニュースがネットやメディアを賑わしています。選挙の度に思うのですけれど、候補者の政策を調べて、天秤にかけてその結果投票行動に反映する、という人ってどの程度いるのでしょうか。そもそも政策の良否なんて一寸調べたくらいでは素人にはわかりませんし、これには賛成だけど、あれはどうかなあということもあるでしょうから、政策で投票するというのは、実際にはそう簡単なことではありません。なので・・・何となくこの人は信用できそうな気がする、みたいな「男前に一票!!(これが女性の場合もあるのですけど)」というのが決めてっていうことが多いです・・・私のばやい。

小説を楽しむには・・・

1月23日 木曜日

インフルエンザの猛威が止まりません。こういうのを猛威というのでしょう。ちょっと大げさかもしれませんが、今週に入ってからというもの患者さんの数がぐんと増えたように思います。あ、思いますではなくて、増えました。今日統計を取ってみたのですが、格段に増えています。A型もB型もほぼ同数に近いような状況です。感染予防には・・・1に手洗い2にうがい、でしょうか。とにかく、病院内での患者さん同士の感染機会を作らないように気を遣っています(というか、職員のみんなが気を配ってくれています)。それから我々自身のうがい、手洗い、洗濯などなど・・。京都市内の病院でのノロウイルス集団感染のニュース等もあり、実はこの病院、私自身も大学からの派遣で勤務していたことのある病院なのですがね。ウイルスさんは眼に見えないですし、感染力が強いと来ていますからなかなか厄介なお相手なのです、実は。この冬は幾つか他にも集団感染の施設が出てきそうな気がします。

mkakuta

この間購入した女流作家の方の小説を今日読み終えました。テクニックに頼りすぎず(えらそうに・・・スミマセン)、考えさせられるじっくり型のストーリーでとっても面白く読むことができました。プロットとしては、2人の人物の生い立ちの今と昔が交錯する感じにすすんで、何度か読み返してみて「ああ、そうかそうか」っていう部分もあるのですが、読後感がなんとなくほっこりとする、前向き終了型のストーリーでした。小説って、色々と複雑な伏線の張られたものを読み返しながら楽しむのもいいですけど、個人的には全体のストーリーを掴むことで、十分主題の伝わってくるものが好きです。時々途中で寝てしまいながら読むので、行きつ戻りつで細部にこだわるのがあまり得意ではないのです・・・。こんなひとは小説読む資格はないのでしょうけれど、本当は。

パブコメ募集中です

1月17日金曜日

早いものでもう週末です。今週末は寒波がくるとかいう話です。北米では記録的な低温を記録しており、ナイアガラの滝も凍てついているようです。

さて、この春には平成26年度診療報酬改定があります。診療費に係る制度が2年に1度改正されるその年にあたるわけです。別に普通の暮らしをおくっている方々にはあまり関係のない話ではないかと思われますが、医療費に関する改正ですので、病院での窓口の負担金などにも影響してくるものでありますので、あながち無関係だとは言えない、いやいや多いに関係のある話ではないでしょうか。厚生労働省のサイトに、現時点での改正案の骨子が掲載されています。広く医療現場や患者等国民の皆様のご意見をふまえながら、幅広く議論を進めるとのことで、現在パブリックコメントを募集されているようです。

現時点の骨子

 

いつも思うのですが、お役所のパブリックコメント募集ってよ〜くアンテナを張っておかないと普通気付きませんよね。新聞広告とかには決して載らないな・・・。