なにかが足りない

5月30日 金曜日 暑っ

映画とか音楽とか、小説とかって人それぞれの好みが大きいと思うのですが・・・。よくよく考えると自分の好みって、コロコロと移り変わるなあと思いました。特に音楽はヘビーローテーションが3ヶ月単位くらいでころりころりと・・・・。今日のミュージックステーションではコブクロとaikoが出ておられましたが、どちらもマイフェイバリット。でも、そのアーティストの完成度が高まれば高まるほど、好きの度合いが下がって行くような感じがしております。コブクロの曲も、最近のものは美しいストリングスも入って、とっても良いのですけれど、自分としては元々のやや荒々しい感じのある曲調の方が好きなのだなあ〜って今日実感しました。そう、あとひとつ何かが足りないのかもっていう状況が結構好ましかったりする・・・。

DSC_0426

 

奥さんのお勧めで読み始めた作品。伊坂さんの作品らしく、疾走するキャラクター、天衣無縫の構成!息をつかせぬストーリー展開・・・でした。アメリカで住んでいたアパートの壁の中から、次から次に湧いて出てくるレディーバグを、思い出しました。いろんな伏線が張り巡らされているのもとっても面白いのですが、そいういうのを追いかけるのが苦手なのでして、でも何か一つ骨太のテーマが貫かれているように思うのですよね、彼の作品って。

ブログ更新のピッチが上がっているときは・・・私の深層心理として、前の投稿を早く消したいって言う心理が働いているのでは、っていうことに気付きつつある最近です。というか、自覚しつつやっているのですけれど。

たかが◯◯、されど◯◯

5月27日 火曜日 晴れ

暖かい・・というか、暑い日でした。日本男子サッカーはキプロス戦を戦っているようです。キプロス・・・最新ランキング130位? 日本・・・47位? これ正しいでしょうか?小生サッカーには非常に疎いのです(泣)。正しいのなら勝負あった。結末は明白な気がしますが、それはスポーツの機微を知らない素人の言ですね。なにせ来るべきワールドカップの前哨戦にもなるわけですので、油断することなく着実に勝利を期待したいところです。たかがキプロス、されどキプロス。今日の一日は、たかが「うおのめ」、されど「うおのめ」の一日でした。何を隠そう小生、ちまちまと足裏をカミソリで剃り剃りするのが、嫌いではないのです・・。というか、どちらかというと、好きなのです。まあ、それだけのお話ですが。



純粋に、青春の一曲挙げよ!と言われれば(言われてはないですが)これです。言わずと知れた(?)レインボーというバンドの一曲です。主役はギタリストのRitchie Blackmoreという、ギタリスト界の神のような存在ですが、そのバンドがいきなり無名のJoe Lynn Turnerという若いボーカルを採用して放った一枚のアルバムがこの曲の収まっているDifficult to cureというものでした。それまではグラハムボネットとかロニージェイムス・ディオという大御所を起用していたのですけれど、それまでのファンにとっては驚きの一作であったわけです。まるで小沢一郎が小泉進次郎を党首に抜擢するようなおはなしかも知れません(???たとえがワル過ぎか)。ちなみにドラムのお気に入りはCozy Powellというイギリス出身の渡り鳥ドラマーです。これがよかった!!でもわたしがレインボーというバンドで一番好きなパートはキーボードなのです。ディープパープルの時代から・・・。メロディアスなソロが大好きです。BurnとかHighway starとか・・・80年代ヘヴィ・メタルを語らせるとすこし手が付けられない私なのでした。

あ、イヤーフォンをつけるなり、ボリュームを絞るなりしてお聞き下さい。ウルサいのを好まれない方は、ただちに右上の×印をクリックして下さいね・・。

正常と異常のはざま

5月25日 日曜日 晴れ

当番日にて診療していました。このところ新聞などのメディアで度々目にされるのではないでしょうか、「高血圧の新基準」。とある週刊誌では人間ドック学会理事長の告白スクープ記事なるものが目を引きます。この話、最近、人間ドック学会と高血圧学会の双方で高血圧に関する基準やガイドラインの見直しがあった事が契機となっています。

http://www.ningen-dock.jp/other/release

先ほどの記事で言えば、人間ドック学会と健保連が行った「新たな健診の基本検査の基準範囲についての150万人メガスタディー」と銘打って発表したものに関連するもののようです。この記事によると、従来収縮期血圧(上の血圧)の正常値であった130未満というものが、実は「健常者」での統計をとると147まで健康であったというもので、果ては、学会理事長がついに告白 ”高血圧なんて本当は気にしなくていい” なんていうタイトルが付いたものだったようで(小生は読んでおりませんが)す。さすがにそのインパクトは大きなものであったらしく、色々な誤解も招く結果となったようで、同学会も早速HP上で週刊誌編集元に抗議の声明を発表しています。


さらにそもそもの元ネタとなった、4月4日のプレスリリースに関しては、あくまでも単年度結果であり、今後の追跡調査が必要であるとの追加発表も行っているようです。


すなわち、これらの発表の元データは、健康だと思われる健診受診者を大勢集めて、「今現在の」血圧を解析すると、147までに分布していたと言う事ですので、それを放置しておくと10年後にどうなるのかという事については、何ら情報を示唆してくれるわけではありません。将来の脳卒中や心筋梗塞を予防しようとして治療している患者さんには、そのまま当てはめる事ができないという事がご理解頂けるのではないかと思います。われわれ高血圧患者さんを日々診療している身からすると、ややお騒がせな感じのある唐突な発表であった事は否めないのですが、これを機会に高血圧とは如何なるものなのか、あるいは日々の健康管理とはどうあるべきなのかを考え直す良い機会かも知れません。ちなみに2014年(つまり今年)改訂された、日本高血圧学会のガイドラインの定める正常血圧の境界は130/85と何ら変更はありません。しかしそもそも血圧とは多くの患者さんが日々戸惑っておられるように、時々刻々と変化するものでありまして、さっき150だったものが5分後に再測定すると120などということも平気で起きるのです。そんなとき、ほとんどの方が、血圧計が壊れているのかなあ?と思われるのも無理無い事でしょう。そもそも白衣高血圧などという言葉もあるくらいですから、病院で緊張しながら測る血圧と、家庭でゆっくりとリラックスした状態でのそれでは、当然のことながら大きく異なってもおかしくないわけです。大まかに「診察室血圧」「家庭血圧」「仕事中の血圧」などと分けて考えるとわかり易いかもしれません。では測定方法についてはどうなのでしょうか?学会(この場合は日本高血圧学会です)の定めるその方法を見てみると、1)静かで適当な室温の環境で 2)原則背もたれ付きの椅子に足を組まず座って1−2分後に測定 3)会話をしない環境 4)測定前には煙草、お酒、カフェインは取らない 5)カフ(腕をしめつける風船ですね)の高さは心臓に という条件となります。また、一度に2回測定し、その平均値をとるということになっています。結果については、朝と晩それぞれ5日以上の平均値と、そのそれぞれの値について評価すること・・・実際に、こんなややこしい事を毎日できる方はあまりおられないと思います。それならどう高血圧とつきあって行けば良いのでしょうか・・・長くなってきましたので続きはまた後ほど。

DSC_0418

 

そもそも正常(健康)と異常(病気)って誰がどうやって決めるのでしょうか?たくさんの人を集めるとその結果は平均となる数値を中心にして、富士山のようなかたちに分布する(正規分布というそうです)と仮定すると、その裾野の部分が両端に存在するわけですが、この裾野の両端に存在するデータ(±2SD)を異常値として考えるのが通例となります。う〜ん、富士山型に分布しない場合、心の問題や、完全に定量的に考えられない部分はどう割り切れば良いのだろうか・・・なかなかに正常と異常というのは深い問題です。

がってん効果

5月16日 金曜日

以前から気になっていた事・・・。ガッテン効果です。某準国営放送の有名な健康関連の番組なのですけれど。毎週色々な特集を組んで視聴者の興味を惹く制作をされているようです。診察の時にも「このあいだの◯◯番組で・・・というような検査を受けたら▽▽という病気がすぐにわかるって言ってたので・・・」というようなリクエストを仰って来られる患者さんがおられます。浅学非才の小生には、初耳!!みたいな内容を仰る事もしばしば。これからはテレビ番組の健康特集ももらさずフォローしなくてはいけないのでしょうかね(泣)。

gatten

 

でもでも、何となく時々に来られる患者さんのお話をお聞きすると、ビミョーにそれに関連する新薬の発売時期に呼応しているなあ〜って感じるのは私だけでしょうか・・・(例えばDPP-4とか、骨粗鬆症の抗体注射薬とか、はたまたごく最近では、新しい作用機序の睡眠導入剤とか・・)。最近のテレビ番組とか報道って・・・・あ、陰謀論者の私ではありませんので誤解無きように。

里山資本主義再考

5月12日 月曜日 風雨強い

京都と丹後をむすぶ縦貫道路の中間地点に和知という町があります。山あいの所々に山桜があり、ふもとには豊かな田畑をいただくように点在する農家。のどかで本当にのんびりとした雰囲気で、好きな場所の一つなのですが・・。大分前に、自民党の元幹事長の加藤紘一さんが、とあるビデオニュース(2004年頃撮影)で話しておられたインタビューを思い出しながらドライブをしました。地方都市の商店街がシャッター街と揶揄されて久しい昨今ですが、そのきっかけとして大きなものが、いわゆる大店法という大型店舗出店の足かせになっていた法律が廃止となった事であったと思われます。そもそもそれを後押ししたのは、トイザラスというアメリカの大型玩具店が日本で出店をしようとした際に、小売店の反対をうけたためそれができなかったということが契機であったのですが、現在トイザラスの店舗を日本で見かける事はめったにありません。結果として漁夫の利を得たのが、日本の大手小売店であったのでしょう。そして、駅前にはシャッター街が生まれ、一方では郊外の高速道路建設とそのインターチェンジ近くに立地している巨大ショッピングモールが繁栄し、それに伴い、食生活や商習慣、子供達の遊び場等も大きな変貌を遂げてしまったという点では、一産業の隆盛のみに留まらず、日本人のライフスタイル全般に大きな影響を与えた政策転換だったのではないかと思います。加藤紘一さん曰く、「当時は、アメリカに後押しされたというのもあったが、日本の消費者利益を考えながら決断をしたことだったのだが、果たしてそれでよかったのかどうか、今から考えると内心忸怩たるものがある(小生の解釈を含みます)」とのことでした。う〜む・・政治家の回顧録としてはとっても考えさせられるものであります。

wachi

 

安いものをたくさん買おう!アメリカの企業に負けない日本企業を育てよう!という思いだけで突っ走ってしまったつけは、現在いろいろな所に出ているのかもしれません。一つの価値観にとらわれて硬直化してしまうことの危険性を我々はこの事から学ばなければならないのではないでしょうか??近くサッカーのワールドカップが開かれます。日本チームを応援することと、他国を攻撃して必要以上にナショナリズムを高揚させることは別問題でありまして、肥大化しすぎた自我を有する国民とならないようにしなければ・・・てなことを考えながら一瞬でお気に入りの里山を通り過ぎて行った週末でした。里山の風景も、縦貫道路が完成するとまた違ったものになるのでしょうね。便利になるのですけれど・・