うっかりするとだまされる

11月30日 日曜日

ニシムクサムライ・・・今日で11月が終わるのだな。明日から12月 ウキウキとするようなクリスマスの雰囲気やら、せわしない年末の雰囲気やら、スノータイヤに交換しないとなあっていう何となく追われた感覚などの入り交じる今日この頃である。朝からのテレビ番組はまたまたお金の話ばかりである。そういえばマイナンバー制っていつから始まるのだったかしらん。アメリカにいる頃にはソーシャルセキュリティーナンバーっていうのがあって、national tax revenueっていうお役所だったか(違うかな?)が発行して、様々な書類業務の際に記入を要求されたのを思い出す。これで税金の取り逸れなく公平に徴収されるのであればまあ良いのかなとも思う。なんて思いながらぼーっとテレビを見ていると、ふるさと納税の話題が取り上げられていた。初めて知ったのだが、これって自分のふるさとでなくてもどこでも寄付できる制度だったんだそうな。摩訶不思議。んじゃ「ふるさと・・」でもなんでもないじゃん。こういうほのぼのしたネーミングには何か落とし穴がありそうな・・・と考えてしまう小生はやっぱりひねくれ者だな。でもよくよく考えると、もともと寄付行為者の居住する自治体に納められるべき住民税が別の自治体の税収増の為に消えていく訳なのであって、本来住民税はそれを元手に自分の住んでいる町を良くしてもらう為に納めるものであるはずなのだよな・・・。何かへんだゾ。プレミアム商品券なんていうシロモノもそうである。それに付加される10パーセントの利益も実のところは国庫だったり自治体の財源頼りな訳で、自分の懐が直接痛まないのだが、結局それは税金だったり将来のツケだったりする訳だ。得したなっ〜て喜んでお買い物をしている我々は、知らず知らずのうちに10パーセント増しの支出を強いられているっていう訳か・・・うんうん、やっぱ官僚さんたちは頭が良いな。



やっぱスラッシュはCDごと必要なのです、ハイ(うるさいので良い子のみんなはクリックしないようにね〜)

残薬をなくそう

11月29日 土曜日 雨

いつもより早い時間に目覚めたためブログアップ・・目覚めたのは雨音のせいでした(眠り浅っ)。

残薬を減らそう!

患者さんにいろいろと処方するのですが、意外にそっくりそのまま残っていたり、理由を聞くと薬の紙(薬剤情報提供)に怖い事が色々書いてあったので・・・というお返事が帰ってくる事もあります。また、カルテとにらめっこするだけで前回の受診日からの逆算で機械的に◯◯日分って処方をしていても、実際には飲み忘れ等があってご自宅にたくさん残っているという場合もあるでしょう。これらのお薬は、1年に1度の(?)大掃除の際に、燃えるゴミとともに葬り去られる運命なのかもしれません。国民の大切な大切な医療費が、まさにドブに捨て去られて行くのです。そして儲かったのは・・・、という悲しい現実。こういう事にやはり医師は自覚的であらねばなりません。

先日訪問診療先で、薬剤師さんとばったり出くわしました。日頃はお電話のお声だけでしかお目に(お耳に)かからないのですが、こういう事もあるのです。なぜならば、小生も積極的に利用させて頂いている”居宅薬剤管理”というシステムがあるからです。これは介護保険でのシステムですが、健康保険でも在宅薬剤管理というのがあります(と思います)。もちろん、薬局や医院に足を運べない患者さん達にはとっても便利な有り難いシステムなのですが、実際に訪問して頂いている場面を見ていますと、患者さんが出して来られる薬剤の袋(薬袋・・やくたいっていうそうです)をすべてひっくり返して、◯◯が何錠、△△が何錠って数えては、後に情報提供を送って下さいます。そうすると我々はその情報に従って、差し引き勘定で次回のお薬が処方できるって言う寸法ですね。どうでしょう?合理的って思われませんか。もちろんそのための費用負担は発生しますが、節約される薬剤費で十分カバーされておつりが来ることが多いです。以上お金のお話でした。

images

これが読みたくて、まずは初代”なんクリ”を読む事にします・・。

to do or not to do?

11月24日 月曜日 晴れ

穏やかな日が続いている。本当に時の経つのは早く、もうクリスマスだ年賀はがきだと年の瀬の雰囲気である。先日も少し触れたが年末に衆議院解散総選挙の今年、どういう国民の断が下されることになるのか。テレビの街頭インタビューやアナウンサーのコメントを聞いていると「与党に対する信頼も薄れてきたが、さりとて野党にも信頼できる補完勢力がなく・・・」というやつ。だから投票しても無駄か・・・という無力感に苛まれるのはわからないでもないのだが、そもそも民主主義とはそんなシロモノではないのかなと考えている。よりましな意見を採択する。消費税が上げられると生活は困るのだが、社会保障の財源はどうなるのか。厚労省のホームページをのぞくとそんな文言が目に入る。他方で、消費税率は日本は低いのだが、国税全体の収入比率からすると、我が国は他の先進諸国と遜色ない数字であるという意見があったり。何が本当で何が本当でないのかよくわからなくなってくる。おそらくそれぞれの意見はそれなりに真実なのだろう。物事をあらゆる面から眺めるとは、おそらくそういうことなのだろう。間違いないことはただ一つ、このまま行くと日本の財政状況は困難に直面するであろうし、社会保障も破綻の憂き目に遭うかも知れないということである。小生も医療と介護に携わっているのであるから、今年は、いや来年はもっとこの問題を勉強してみようと思っている。考えてみれば限られた医療費を行使するにあたって、勤務医の時代には急性期疾患の代表である外科手術に取り組んでいたし、その恩恵を被る患者さんの代弁者たる行動を取っていたと思う。いまは・・・在宅医療であったり外来慢性期疾患の患者さんを診ている訳であるから、これらの患者さんに手厚い社会保障制度であってほしいと願っている。同じ医師でありながら、立場によって自然と考え方に違いが生じてくるなんて、昔は考えたこともなかったな・・・。ま、ステイクホルダーのために行動する、ということは社会通念上おかしなことでもなんでもないのだが。

スクリーンショット 2014-11-24 10.55.57

でも消費税って逆進課税の最たるものだっていう意見や、消費税をあげても実際の税収が下がったら意味がないでしょっていう意見にはなるほどと思ってしまうのですがどうなのでしょう? だれか教えてくらさい・・・

のど風邪はやる・・の巻

11月17日 月曜日 突然の雨

更新をサボっているとあっというまに11月も後半である。ほんと月日の経つのは早いものだ。外来ではというと・・のどを真っ赤にして来られる患者さんが多いように思う。インフルエンザはまだ一名診察しただけ。そろそろ気温が下がって来ているので、ワクチンをお考えの方はそろそろご準備を・・・。かくいう小生も先週半ばからのどがヒリヒリ、頭がぼーっとするやらですぐれない日々を送っていたのだが、週明けはかなり体調も回復してきた。プライマリケアの大御所の先生が先日ツイッターでつぶやいておられたのだが、「風邪で休めない世の中がどうかしてるんだ・・」っていうやつ。御意!患者さんは口々に「明後日に大事な◯◯があるので、何とかそれまでに・・・」と申されるのですが、全力で処方を考えはしますが、あとは神様お願い・・・っていう心境なのである、ハイ。これが偽らざる医者の本音のはず。むろん即効性のある注射などがあるのなら、いくら払ってでも良いから購入したいのだが、そんなものは・・・・ナイ(泣)。高濃度ビタミンもニンニクエキスもおそらく助けてはくれないであろう。they can do nothing helpful….現実は厳しいものだ・・が、何度も言うように1日でも早く回復して頂けるように、全力で処方は考えるのだ!夏が暑ければ冬が待ち遠しくなり、身を切る寒さには夏を待ちこがれる・・・人間とは何と無い物ねだりをする生き物なのだろう。もうすぐ師走・・・・早いな、いちねんって(汗)

除雪車

今年は使う機会があるのかな?(あ、こんなに大きいのは持ってませんよ)

それにしても年末に解散ってほんとなのかな。そんな皆さん暇じゃないと思うのだが。三角大福中さん達の頃は、雪の季節は選挙を避けていたらしいのだけれど(雪国の人たちが困るでしょっていう理由で)ま、おかまいなしって感じなのか。でも衆議院定数って違憲っていう判断のまま手つかずなんじゃなかったかな・・!?違憲で選ばれた人たちが違憲の制度のままでもう一度選挙するってか。笑えないな・・・・ヤレヤレ

シーズンインを控えて・・

11月6日 木曜日 くもり時々あめ(だったんだと思うたぶん)

今年はインフルエンザのワクチンに加えて、肺炎球菌ワクチンの公費負担が始まったのでやや忙しい・・。患者さんの中には明らかに誤解している方もおられるようで、説明もまた重要である。昔で言う流感は今のインフルエンザ、肺炎は肺炎。開業医として外来をしているとよく感じるのであるが、仕事中にしゃべっている事ってたくさんあるのだが、かなりの部分が患者さんごとに重複していて、同じ内容の繰り返しだな〜って思う。この作業に耐えられなければ、一般外来担当医失格である(自分にそれほど自信があるわけではないのだが)。特に、患者さんの固定観念を軌道修正させて頂かねばならないときなどのストレスったらないのである。そしてそのような場面は意外にも多い・・・。これからさらに多いシーズンに突入するのだ。インフルエンザ、ノロウイルス・・・色々な感染症。今日もその勉強会があり、伊根診療所の石野先生のご講演で勉強をさせて頂いた。なるほど、うんうんそれは自分もやってるぞとか、そーなのか、まだまだだなあ・・とか、いやいやそれはその通りなんだけど、プライベートな診療所でそこまで徹底するのハードル高いなあ・・とか、本当にためになるお話であった。慣習的に行われて来た治療をよりよいものに変えて行く作業は、事ほど左様に根気と知識の蓄積と、根気と根気と・・・・がいる作業なのだと思う。でもやらねば、大切な大切な医療費の差配を行う権利と義務を有している職業なのだから・・。無駄を省き、必要な事はおしかけて行ってでもやる!

duck

無駄と言えば・・・抗生物質の無駄遣いはダメだけれど、いざとなったときのための何とやらも、本当に長い目で利益があるのかどうか・・・って思う事がよくあります。商売として成り立つってことは、とりもなおさず、商品を供給している側に利益が多いって言う事ですものねやっぱ。日本の保険医療ってそれなりの限度額設定がなされている訳ですし‥