月1度の◯◯

8月25日 火曜日 台風は・・・

今日は業務終了後に他業種の方でとってもお世話になっている方とお会いする予定の一日でした。この仕事をしていますと、24時間365日がまるっきり医療漬けなので・・他業種の方との交流は自分自身の考えを整理する意味でとっても大事な日であります。何と言いましょうか、考え方をニュートラルにするというのか、世間の座標軸にアジャストするというのか、時計を世界標準時刻に合わせる作業のような、大げさに言うとそういうことなのですね。昔から思うのですが、医学部出身者って(今はすこし違うのかもしれませんが)本当の意味での就職活動をしなくてもよい希少な人種なのですね。それが、ちょっと世間を舐めた人々を生み出す一つの要因かもしれません。とにかくそれまで楽しい楽しい大学生活を送っていた数年間から手のひらを返したような厳しい社会に突入するような体験・・・それを私たちはしていないのですね。確かに”世間知らずの医師っていう職業”という評価は、ある程度あたっていると思います。とにかく、その私たち特有の頭の中の構造は世間に出てからなるべく早めに打ち砕いておくべきなのではないかなと思っています(私の数少ない持論ですね)。

甲子園

今年の高校野球はとても面白かったですね・・というのが今日の雑談でした。確かに個性豊かなキャラクターの選手達、昔からの高校野球ファンにとって何とも懐かしい古豪の学校名。早実とか作新学院とか東海大相模とか。PL学園出て欲しかったですね〜とか、甲子園のチケットはこうして取るんですよとか・・色々と面白いお話を伺う事ができました。うん、頭の中がニュートラルに近づきましたね、これで。

 

 

病院経営のノウハウ

8月24日 月曜日 不穏なちぎれ雲

なかなか刺激的なタイトルです・・。少なくとも開業わずか3年すこしのような私が偉そうに書くようなものではありませんね。内容は・・・推して知るべしです。まったく経営のノウハウにはつながりません(と思います)、あしからず。

クリニックをしていると、いつどのような患者さんが来られるか、分からないのですね、あたりまえです。まあ冬場にインフルエンザが多くって夏場にはほとんど来られないだろうということくらいは分かりますけれど。準備する薬品や器材には期限というものがありますので、用意しているものが時にはうまく利用できたり、またある時にはムダに終わったりするのです。小生も、いろいろな物品を準備する時点で、『これはおそらく使う機会ないけど、もしも・・・』ていう前提で購入しているものが、たくっさ〜んあります。興味がないのでやりませんが、そういうものを統計と実績にもとづいて査定すると、院内にはムダなものがめっちゃあると思います。でもなんでそんなムダを置いているのか?!・・・それはひとえに、もしかしたら来られるかもしれない患者さんのお役に立ちたいなと思うからなのですね。破格のつけとどけよりも(そんなものがあるのかどうかは不問に付しましょう)、患者さんからの有り難うのひとことの方が何よりも臨床医にとっては嬉しいものです(これは本当!!)。だからして、病院を株式会社化すると良くないですよって思っているのです。だって株式会社って、株主さんの利益を損なう事無く効率的に無駄なく働かないといけないんですよね?でないと背任・・・(恐)。(もちろん、ムダなものの中には、万一の急変時対応用の器材や薬品って言う必要不可欠なものもありますが)なんでこんな話題かって言うと、今日は比較的診察にゆとりがあったので、以前から”おそらく赤字になってるやろな〜”って思っていた事を調べてみたのです。予想どおり、赤字になっていました。けど、それを修正するつもりはさらさらありません(キッパリ)! なんでかって?その治療がとっても面白いと思うし、興味を惹かれるからなのです。もちろん、不定期に来られる患者さんに「当院には準備がありませんので、◯◯病院を紹介しますから行って下さい」って言っても良いのですが、それは嫌なのです。業務を効率化するって言うのはまさしくそういう、”してあげよう精神” を失うことに他ならないのではないでしょうか、っていう風に小生は考えております。病院経営って、一つ一つの事にあまり目くじら立てずに、トータルに考えたいな・・・と思っています(まあそんな甘い考え方ではいけないのかもしれないのですけれど)。3年後廃院となっていましたらおなぐさみ・・・

liq N2

 

無題


8月24日 日曜日 当番日

朝一番で窓をあけると涼しい風がサーッと入ってきた。不思議なことに、窓を開けた瞬間にはそのようなのだが、それきり風は入って来ない。日照り続きだった夏もこのところは突然雨が降ったり、数時間後には晴れていたり。医院の裏の田んぼで育つ稲穂はいよいよそのコウベを深く垂れている。今年は豊作のようにも思われる(素人目線ながら)。毎日鳥達にやられていた換気扇の排出孔の覆いにも、ほとんど汚れは付かなくなっている。どうやら季節は徐々に移ろっているようだ。おそらく夏休み最後の週末?平和で楽しい一日となりますように・・・

images

夏休みに行ってきました・・・ていう写真ではありません。とあるエッセイででてきた利尻島の写真を貼付けてみただけです。こんな景色のところで一夏ゆっくりと過ごせたら良いのだけれど・・・

悪魔の証明

8月21日 金曜日 だんだんと過ごしやすくなって来ました

気がつくと、かなり放置され気味のブログ・・・夏の終わりはどことなく物悲しいものです(夏の終わりというよりも、「夏休みの」おわりでしょうかね・・)。小学生の頃の夏休みなどは、7月中は余裕ですごし、ただただ楽しいだけ。8月に入って、終わってしまった7月をちょっと惜しみ始め、高校野球が始まるとまたまた何となく楽しくって、いつのまにかそれが終わると・・・あ〜、宿題やってないやんか・・・。みたいなことが繰り返されていたような気がします。大人になると、夏は梅雨明けを待つ事から始まって、8月は色々と考える事をして、やっぱり高校野球が終わると海水浴場に人がいない事にすこし寂しい思いをしながら、お盆休み明けの気だる〜い感覚を克服しながら、9月に突入して「やっぱり、暑さ寒さも彼岸までやね〜」といいながら納得するのであります。でも四季があるってほんと、いいですね〜。

images

医師に託される業務の中でちょっと難しい事・・とある人が◯◯でないことを証明せよ、というのがあります。もちろん、そんな事はできません、でもよいのですけれど。そのむかし習った数学の命題で『2の平方根が有理数でない事を証明せよ』・・ていうやつならば、まずは2の平方根が有理数であると仮定すると矛盾するっていう出来事を引き合いに出して、だから・・なのです、っていう方法をとったように思うのですけれど。まあ、何々でないということの証明は難しいですよね・・・devils proof ……… orz

診察室あるある

8月7日 金曜日 暑い

昨日は朝から平和宣言を聴いていたのですが、生で聴くのは初めてだったかな。毎年やってくる暑い夏は広島と長崎と御巣鷹山の夏でもあります。色々と考えなきゃならないことがあるなと思います。

ところで、診察室でよくある光景なのですが・・・

患者さん「先生!この間処方してもらったお薬、きついお薬なんやって〜?」

医師「え?どういうことですか?」

患者さん「処方箋もって薬局に行ったら、この薬はきついから飲まん方が良いって言われたで〜(笑いながらも怒)」

医師「あ〜、一応いろいろと説明したと思うのですけどね。」(心の声;それにしても飲まない方が良いほどきつい薬っていう説明されたんやろうか・・・ひどい説明だな・・そのうちだんだんと怒りが込み上げてきて、右手は抗議の電話の為に受話器へ

な〜んていう場面ですね。そのままダイヤルしてしまう前にちょっと想像して下のようなやり取りを思い浮かべてみました。

薬局にて;

薬剤師さん「あと、痛み止めが出ていますけどね、鎮痛剤は胃腸への副作用があったり、腎臓や肝臓に負担をかけたりする事がありますので、特にこの頓服薬は必要な時に限って服用して下さいね。」

患者さん「え、そんなきつい薬なんですか?そんなの聞いてなかったで〜今度またお医者さんに言うてみるわ」

そもそもの診察室では・・・?

患者さん「もう〜とにかく膝が痛くていたくてかなんのですわ、とにかく痛みなんとかして下さい。」

医師「今日は関節液も抜きましたし、潤滑のお薬も注射しましたからあとは徐々に良くなると思いますので、数日はあまり無理をなさらないで下さいね」

患者さん「そんな事言われても、あさってはゲートボールの大会があるし、すぐに何とか痛みを取ってもらわんと困るしな〜」

医師「それでしたら、鎮痛剤を服用して頂くという選択肢もありますけれど、こういうお薬は総じてお体に負担をかけますからあまり安易には処方したくないのですけど・・・」

患者さん「いやいやもうとにかく早く痛みをなんとかしたいのでねえ、薬だして下さいよ」

医師「それでしたら、この朝と晩のお薬はちょっと弱めの鎮痛剤ですが、これだと胃腸の負担も少ないですので・・」

患者さん「それで痛み取れますか?」

医師「それでしたら、効果が乏しいときの為にこの頓服薬も出しておきますけど、くれぐれも最小限の使用にして・・・」

患者さん「まあとにかくはよ帰って薬飲んでみますわ!!」

医師「・・・・・」

 

つまり、医師が説明したものがかならずそのままご理解頂いているとも限らず、薬剤師の先生方が説明下さった内容も、患者さんなりに解釈して担当医にぶつけて来られていると・・そう言う事がしばしば生じますので、そんなことを想像しながら日々診療して行かないといけないわけですね。だれも悪くはないのだけれどすこしづつ伝えたい内容が異なって行ってしまうっていう不幸。昔やった遊びの伝言ゲームを思い出せばよく理解できますよね。

images

70年間続いてきた平和と非戦、これからも大事にしていきたいものだと思います。