Drothy & Al

9月28日 月曜日 晴れ スーパームーン(?)らしい今夜

スーパームーンってなんだ。とっても大きくお月さんが見えるよるらしい・・それが今夜だと。外に出てみたけれど、残念ながらおぼろ月夜(にもほどがある)。確かに今朝早朝に西に向けて車を走らせている時にはやたらとまんまるで大きめのお月様が目の前に見えていた。夜空を眺めながら、堀江敏幸編の短編集に目を写す。アメリカに暮らすユダヤやインドの人を描いた短編集を昨日購入。秋の夜長に最適な素材ですな・・。異国で暮らす移民だったり、2世だったりの心細さに付いては小生もすこし理解できる所があります。渡米してまもなく(結構経ってからだったかもしれないが)、アメリカの田舎料理レストランで、たまたま隣り合わせに座った老夫婦のドロシーとアルに声をかけられたのだ。異国に暮らす外国人というものは、現地の人々との交流を得ることにより、何か認められたような気がして非常に安堵するのであります。その後、私の家族と彼らとの交流が始まり、クリスマスの会にお呼ばれしたり、お宅に招待されたり。ドロシーは家系を著書に記すというような文才のある女性、夫のアルはいつもニコニコ傍でドロシーを眺めている好々爺、心臓手術をうけた後はすこし衰えたようでもあるがユーモアのある語り口や、結構お上手な玉突きの技術に驚かされたり。スパイ作家のジョン・ル・カレの作品について、意気投合して語り合った事が思い出される。息子がちょうど好奇心おう盛なやんちゃ盛りで、本当に良い経験をさせて頂いたと思っている。自分たちで自宅の周りの木々を刈り込んだり、室内のエアコンディショニングの配管に断熱材を巻いたり、小ぢんまりとしたお宅ではあったが、丁寧に一日一日を生きておられるのだなと・・そんな事が伝わってくるようなたたずまいであった。翻って私自身、巷のレストランで食べている外国からの移民風の家族に、そんなに気軽に声をかけてあげる事ができるだろうかと、ふと考えてみた。できないな、多分・・・。

Dorothy & Al… いま頃どうしているのだろう。当地を離れる間際にAlに差し上げたダウンジャケット・・・酷寒のミネソタの外気をも何ともしない頼れる上着だったけれど・・・こんなの着た事無いよって言いながら袖を通してくれていたのが思い出される。きっと、なんでこんな移民風の外国人がこんな高価な(我々の感覚からするとさほどでもないのですけれど)もの着てんだ・・・??って思ってたのだろな。昔の事、思い出してちょっとホロリ。

MN downtown

積極的平和主義っていうのを選択した(らしい)我々は、これまで以上に国際紛争の場にこれから出て行こうって言うことになるのだと思う。紛争の場に出るってことは、その事によって同時に発生する難民の救済にもこれまで以上に関わっていかなくてはいけなくなるって事(世界の通念として常識的に)なのだけれど、そんな覚悟果たしてあるのかな・・私たちに。そこんとこ、な〜んもわかってないような気がする・・・。

過ごしやすく便利な社会を喜んではいけない

9月24日 木曜日 雨

夏休みのあとのお恵みのような連休も終わって今日は朝から雨だった。まあけだるい休み明けはこのくらいの天気がちょうど良いのかもしれない。まずは連休の小生の行動を振り返ってみると・・・あまり大きな出来事もなくのんびり過ごしていたかな。一日は森山良子さんのコンサートに行ってきたのだが、御年まもなく70歳とは思えない声の張りと軽妙なトークにあっという間の3時間弱であった。皆さん楽しみにしていた”ざわわ”もし〜んと静まり張りつめた空気の中で心に染み入るように響いてきた。あらためて歌の持つ表現力を再認識した夜(正確には昼)であった。大げさに言うと国論を二分するような議論の行われた週が明けて、個人的に若干なりとも注視していた小生としては、ぽか〜んとしたどことなく落ち着かない気分だったのだが、十分な重しとして機能してくれたコンサートでした。よかったです(まる)

さとうきび畑

さとうきび畑ってこんななのかな・・・

たまたま手に取った本がとってもおもしろかったのですが・・『捕食者なき世界』っていう、ウィリアム・ソウルゼンバーグというジャーナリストがまとめた著書で、内容は自然界で頂点捕食者たる存在が絶滅すると何が引き起こされるのかという話。北米大陸のオオカミだったり、インドのユキヒョウだったりという食物連鎖の頂点に君臨する王者が駆逐された後に引き起こされた事柄についての物語です。なんとな〜くは耳にしていた事なのですけれど、その議論の歴史は比較的最近にまで続いており、最近ではイエローストーンにオオカミを復活させて自然界の秩序を取り戻すプロジェクトに結実したりしているようです。果ては、北米大陸にマンモスの代わりのゾウを復活させるような案も浮上しているのだとか・・・二足歩行の人類が活躍する時期にすでに大型動物の捕獲が始まっており、自然界のゆがみはそのころ既に始まりをみていたのだというのが、積極支持論者の見解のようです。我々の身に危険を及ぼすからという、一見単純でわかりやすく賛意の得られ易い論理で動き出した危険動物の捕獲と絶滅ですが、失ってから初めて分かる自然界のゆがみについては、あたかも失った手足に幻覚として生ずる幻肢痛のようである、とのまとめにはただただ唸ってしまいました。そうしたほうが生き易いからと言って、怖い敵を単純に抹殺してしまってもダメなのですね。同様に(?)、ただひたすら技術革新を追い求め続けても、ある部分は確かに便利になるのかもしれませんが、便利になった分人手が要らなくなると。人手が要らないという事はすなわち雇用の機会が喪失されるという事になる訳でして・・現代社会、そこそこでええやんかという考えとかも結構重要なのかもしれないな。すなわち世の中のシステムなどというものは所詮ある程度面倒で、回りくどい部分があって、無駄だなあと思われるところがあってちょうど良いのかもな・・・などと、いつものネガティブ思考(自分ではさほどネガティブとは考えていないのだが)で締めくくってしまう小生でございました、チャンチャン。

成長か成熟か

9月21日 月曜日(敬老の日)晴れ

なんだかよくわからないシルバーウィークというお休みである。してから今日は敬老の日・・なるほどだからシルバーなのか、とも思ったがたぶんそれは違うのだろう。新聞によると日本の人口1.2億人のうちで65歳以上が26.7%に達したという。80歳以上は7.9%で、女性は10人に1人が80歳以上らしい。これから人口は減少フェーズを続けるため、内閣府の高齢社会白書によると2050年には総人口1億人を割り込み、2060年には9000万人となり、なんとその頃には2.5人に1人が高齢者となるらしい。今更ながらだが、グラフをみるとちょっと衝撃的ですらある。成長社会から成熟社会へということを唱えている人たちの意見には十分に耳を傾けるべき点が多いことに気付かされる。かつてのような右肩上がりの経済を今後再び望むのはかなり非現実的であると思う。おそらく市場経済はそのことに気付いているのだ。だから、自ずとその目は世界に、これから発展を迎える国々に向かうことになる。どうやらグローバル経済というのは、その耳障りの良さから想像されるような、格好の良い社会というばかりではなさそうだ。どこを切っても金太郎・・・のような同じような顔つきの店や街で国内を埋め尽くしたら、ささとお店を畳んで次の場所に向かう。そしてそれは発展途上の国々と言うことになる。食い尽くされた街は見放されて、世界のどこかの街が新たな標的とされていく。一見次々に場所を変えて耕作されていく、焼き畑農業という手法とだぶって見えるのだが、食い尽くされた街にはもう復元力は残されていない・・・大げさにすぎるかな。こう書くと将来に悲観的な人間の嘆きように聞こえるかもしれないが、実は10年後、20年後の社会がどうなっているのか楽しみにしている。街を歩いていると、何となく嫌なシーンや状況に出くわすことは多いがもちろんその反対のこともある。賢者の知恵や善い行いの総和はいつの時代もおそらく変わらないものだと思っている。そう、世の中捨てたものではない(はず)のだ。

IMG_0734

のんびり自転車で街を走りながら色々と考えごとをした一日がそのまま過ぎていった。

効かないのかことしのやつ!?

9月16日 水曜日 曇り時々あめ

この時期、インフルエンザワクチンは効果なしとの記事が新聞に載るのが恒例だそうです。ことしもやはり『乳児/中学生に予防効果なし』との記事が踊ったそうな。確かに去年は、元来効くはずのA型インフルエンザに対する効果が弱かったというのが一般の評価のようではあります。さらにB型に対する有効性は懐疑的な意見も多いようです。今回の記事の元ネタとなった論文は、慶応大学のSugatani先生のものですが、2013/14年のワクチンを対象にしておられますので、いわば2シーズン前のワクチンの評価となる訳です。全体の有効率は46%とのことで、まあ概ね半分くらいには効果があったということになりますが、これは一般的なインフルエンザワクチンの奏功率と比較して劣るものではないようです。特に2009年に流行した新型インフルエンザの効果は77%ということですから、これは一定の効果と評価して良いものだと思われます。逆に、他の型、特にB型に対してはかなりその効果は乏しかったようですので、冒頭の記事の見出しも宜なるかなという気もいたします。しかしながら、年齢別の検討を見てみますと、確かに乳児や13−15歳のグループに対しては効果が乏しいように思われるのですが、入院を必要としなかった重症化予防という観点ではその効果は認められるようではありますし、効果の乏しい原因に、この2グループではそもそも新型ウイルスの罹患率が著しく低かったという事もその一因のような気がします。いずれにしても、大きな見出しで『ワクチンの効果なし』と断罪されるような論文ではないように思われ〼・・・・。でも・・今年のヤツ、3価(3種類のウイルスタイプに有効なもの)から4価に変更となっているので、値上がりしちゃっています。故に・・どういう事に帰結するのかお分かりですよね(泣)。

images

ヤア!ヤア!ヤア! ビートルズ、もとい・・・マイナンバーがやって来る(^ ^)⇒⇒ただいまどのようなものになりそうなのか・・・勉強中デス

今夜は長〜い一日になりそうですね。私は早々に休みますけど・・

日常と非日常な出来事

9月15日 火曜日 晴れ(明日から雨?)

今日のニュースではとても印象的な場面があった。川の氾濫で大変な事に遭われた住民の方が、被災後数日経って、単に電力が復帰して部屋の明かりが灯ったことに、号泣しておられた。こんな不幸な事にかこつけてお話しするような事ではないのだが、小生も数年前に左足を骨折して手術を受けた翌日に、心配していた用足しに自力で行けたこと・・ひたすら嬉しくってウルウルしていたことを思い出した。予期せぬ災難に遭遇した時に、人はうろたえるものであります。そして、ただただ・・それまでのありふれた日常に感謝をするのです。

 

 

国会前はひそかに大変な事になっているようです。ひとそれぞれ思いはあると思います。民主主義とは国民の不断の努力でもって維持されるのです。賛成反対色々それなりに意見はあるのでしょうけれど、皆がそれぞれの思いを自由に言う事ができる社会というものだけは、これから先も維持していかねば、ねば。