そろそろやってきた!?

1月30日 土曜日 くもり

ぼちぼちと増えてきましたよ、インフルエンザ患者さんが。先週頃に大学病院から届いたメールではインフルエンザ感染者の増加についての喚起が記されていたので、そろそろかなと思っていたのですが。今週くらいから徐々に増えてきた印象があります。今の所A型インフルエンザが多いようですが、あまり顕著な差は見られていませんね。ご近所の小児科クリニックの先生がマイコプラズマの患者さんも相変わらず多いようだとお知らせ下さいました。暖冬であったこのシーズンもいよいよ本格的な風邪流行の到来のようでもあります。

IMG_1092

みなさん暖かくしてお身体気をつけてお過ごし下さい・・・

2分の1成人式ってなんだ・・

1月29日 金曜日 雨

今日もあめ、昨日もあめだったような・・・そして明日はどうなのか?

知らなかったのですけど、2分の1成人式っていうのやってるんですか?今。小学校の4年生(?)くらいの頃に。20歳の2分の1の10歳の頃といえばちょうどそのくらいの学年になるのでしょうかね。ふ〜ん、知らなかったな。まあどこでもやってるって訳ではないのでしょうけれど。で?どんなことするんだろ、その式で・・・



このひと・・そのむか〜しむかし、東京であった学会に出席した時にたまたま一人ではいってみたライブハウス(八王子の辺だったような気がシマス)で演奏していた”かとめぐさん”です。ツイッターでたまたま最近演奏されているようなヤツをめっけましたので貼付けてみますね・・・姫路って書いてあるけどな?! アコギってこういう曲を歌うために存在しているような気がしますね、うんうん。

寒い一日

1月24日 日 clear sky so far

過去有数の寒波が到来するということだが、今の所この地域は音無しの構えである。山側の空はどんより、海側はカラッとしている。ニュースでは日本の上に細い縦じまの等圧線が並んでいる。九州とか四国に積雪だというが、この辺りはまだまだこれから?なのだろうか。往診先のお宅の皆さんも、お部屋を暖かくして過ごしておられるだろうか・・気になるところ。診察する時にシャツをめくりあげて頂くのだが、ベルトの下から次から次へと重ね着が出てくることに、いつも一緒に笑ってしまう。5、6枚の重ね着なんて普通のことだ。自治体も軽くて暖かい防寒用の衣類を支給するなどということを考えても良いのではないだろうか・・ふと考えてしまう。ふるさと納税も良いのだが、実際にふるさとに住んでいる人々にできること、まだいろいろあるのではないのかな。ま、街中同じジャケット着てる人ばっかりになると、それはそれでやや異様な光景になるのかもしれないけれど。今回の全国的な荒天、すこし前に起きたスキーツアーの事故、大臣の汚職嫌疑そして残された期限切れ食品の横流し・・・ あいかわらず迷走する社会である。長引く”低迷する経済”、テロや富の偏在など世界共通の課題を癒す処方箋は未だ判然としていない。人、モノ、金に国境がなくなり、世界的にいわゆる選択と集中が行われた結果、今までにない大きな格差が生じてしまっているようである。朝のテレビ番組を見ていると、みなさん異口同音に「強い経済を取り戻す」という常套句が聞こえてくるのだが、果たしてそれは可能であり、もしもそれが実現できたとすれば、本当により良い社会に繋がるのだろうか? 株主資本主義がもしかすると軋みをあげて沈んで行こうとしているのではないか?という意見は大きく取りあげられはしないのだが、私には変わらず説得力を持って聞こえてくる。

2016-01-24-06-00-00-large

ん、やはりこれからか・・・

 

ホクホク

1月19日 火曜日

とうとう・・・夕方から雪景色ですね。

IMG_1061

finally….

ま、いつかは。一年一度は・・・ってことですか、神さま。そんでから、最近あった嬉しい事ですけどね。まあ、予期せぬプレゼントをもらったっていうこととかありまして。

IMG_1065

寒い日に首に巻き付ける例のモノですね。 こんなのもらった事無いからなあ・・って言ったらちょっと奥さんの頬がピクッて動いたような気が。こういうの、つくってくれている過程を想像すると、しみじみとますます嬉しいものですよね。海援隊のファンで、好きな食べ物は?と問うと「麺が多めのヤキソバ」ですって。最強の天然中②女子やな・・・(^ ^)

ほんの遊びですよ・・

1月17日 日曜日 当番日

昨日の午後に医院前のタイルを掃除してみた。気温の低い冬場に水を扱うのは嫌なのだけど、年末大掃除の際に手が回らなかったことへのツケだと思いながらゴシゴシ。ぬれている状態だととてもきれいになったように感じたのだが、翌朝になって、乾いたところを見てみるとさほどでもないような、やってもやらなくても同じような・・・。ところで思うのだけれど、年末の大掃除とか季節毎の執り行いとか、できる人もあればできない人もあると思う。できる時もあればできない時もあるのだ。同様にですね、人にありがとう・・って言える時もあれば、何となく言えない事だってある。いや、言いたくても言えない事だってある。同じように、さようならや、ごめんなさいも。そんなことですよ、人間って。

今日当番日のお昼休みに情熱大陸に出ておられたとある癌センターの外科医の番組を見ていた。小生も少しかじっていた分野の困難手術をたくさんこなされている希代の外科医である。直接に存じ上げないのだが、好感の持てる方という印象だった。神の手を持つ外科医・・・”とても嫌いな言葉ですね”と語られていたのが印象的。神のような心を持つ外科医・・なら僕は好きだな。そもそも、外科医ってのは・・・右手を看護師さんに差し出すと、自分の思っている器具が出てくるということに満足して、かくあるべきと職場のみんなを教育しようとするものである。それが私は大嫌いだったのですね。右手を差し出すと、ある時にはケリー鉗子がでてきたり、またある時にはメッツェンバウムがでてきたり。それで私はいいのだ。いや、それがいいのだ。そして出てきた器械に・・自分を合わせて動かすのだ(まあ、そうも言っていられない局面もあるのだけれど・・・どば〜っと出血とか)。そもそも・・・自分の職場の人間を、あ・うんの呼吸で動く人間ばかりにしようとするってことが私は大嫌いでならなかった。そうしようとする人を見るのが嫌だったな。たぶん・・自分がそんな教育を受けたくなかったからなのだと思う。そしてとうとう・・こんな人間になってしまったのだ(ヤレヤレ)。まあ人生なんてね、ほんの遊びですよ。

yjimage

小生・・・とうとう全国デビューを果たしたようです!!

センター試験の国語の問題ですか?土井隆義「キャラ化する/される子供たち」っていう論文が題材となったらしく、その中に伊藤剛さんっていう評論家のことが引用されていたそうです・・・。いじめとか関係依存とか排除とか・・若者達の現代社会についての鋭い評論をされている土井先生の著書、ちょっと興味があるな、読んでみよ。

で、ウチの息子も答案の最中にオヤジの名前が出てきてかなり調子が狂ったとさ・・・   (× ×)