sting like a bee

4月30日 土曜日

1974年10月30日に奇跡は起こった。「キンシャサの奇跡」と呼ばれるその物語は、世界ヘビー級王者ジョージフォアマンと、1967年にその座を不当に奪われたとされる「蝶のように舞い、蜂のように刺す」元王者のモハメドアリの伝説の一戦である・・・って書いてみましたけど、お休みに「アリ」っていう映画を見てみたのですね。アリと言えば、アントニオ猪木との異種格闘技でのアリキックとかしか知らなかったのですけど、その人生はアメリカという巨大国家を相手に闘った壮絶な一生という感じです。カシアス・クレイこと、モハメドアリはムスリムに改宗してアメリカ政府との間に確執が生じ、さらに兵役拒否をきっかけに法廷闘争(国家家権力との・・・!)に翻弄されるのですが、1人で闘い抜いて再び世界戦を実現させるのですね。映画では、ブラックムスリムのカリスマ的存在であるマルコムXが登場したり、ベトナム戦争当時のアメリカ社会の深部に迫るものがある。対共産主義の戦争、偏見、差別、国家機密・・・などに一個人が立ち向かうその様が描かれているハリウッド映画ならではの秀作・・・と思いました。

ali

ウィルスミスがアリ??って思ったのですけど、映画の終わり頃にはもうアリとしか見えなくなってるってくらいでした。でも・・アリって女性関係にはややだらしない・・いや奔放な感じなのですね。

その後、フォアマンは・・バーベキューマシンのキャラとして定着していましたし(何となく微笑ましいキャラです)、アリはアルツハイマー病を患ってアトランタオリンピックの聖火ランナーとして注目されていましたね。1960年のローマオリンピックで得た金メダルを彼は、その後にひどい人種差別を受けて川に投げ捨てたらしいのですが、36年後にアメリカ社会と和解するっていうことになったのです。彼と表向きはやり合っているのだけれど、裏で気脈を通じているというTVキャスターの役どころがとっても秀逸・・・!。諸々含めて・・ほんと、アメリカってつくづく懐の深い国だなあと思います。

世の中の基準とは?

4月26日 火曜日 晴れ

暖かくなってきました。でも朝方の家の中は結構気温が低かったりしています。往診で車の中は冷房をかけているのだけれど、患者さんのお宅に入ると暖房がうっすらと入っていたりする、今日この頃・・・。何が正しいのやら、何が標準なのやら、何が正常なのやら・・良くわからないなと思った午後の昼下がり。何かを判断するには基準が必要なのですね。思い起こしてみて下さい・・採血検査を受けました。はい、異常値が見つかりましたと。その異常の基準は何なのでしょうか?誰がどうやって決めているのでしょう?まさか神様が、これこれ以上はだめだよってささやいてくれる訳でもなし。結局のところ、正常だと思われる(あるいは健康だと思われる)人々をたくさん検査して、その95%に収まる数値を基準にしている訳なのですよ。どう思われます?

ほら、いるでしょう?身近な周りにも、ちょっと風変わりな人が。その人がもしも95%を外れたなら・・・直ちに「あなたは異常です」って宣告されるのですよ。なんてこの世は世知辛いのか・・・。血液検査みたく、数値化されるものならまだしも、人の気持ちとか・・・数値化されないものはどうして判断するのでしょうかね?

aozora

その点、自然はいいですよ。青いものは青い・・・。美しいものは美しい。基準など要らぬ!

青い、旨い、美しい、気持ちいい、清々しい、心地よい、嬉しい、悲しい、せつない、つらい・・・などなど。別に基準など要りませぬ、ただただ・・・それをそうと感じる感性さえあれば良いし、感性は人それぞれでよかとたいっ!・・・って書きながら、TVで円広志さんの「とんでとんで・・」が流れていました。いい曲ですね。一発屋って笑い者にされている事が多いように思うのですけれど・・・小生は知っていますよ。

9回繰り返される ”とんで・とんで” のバックがとてもおしゃれな感じのコード進行で演奏されているって言うコト(笑)

 

 

学会参加報告

4月16日 土曜日

HPで告知しておりましたが、休診を頂きまして外科学会に参加してきました。思えばこの4年間、学会というものにはほとんど参加せずに診療して参りましたが、専門医資格の更新には不断のお勉強と、時々の学会参加が必要なのでありまして。思い切って今回はお休みを頂戴した訳です。手術についての熱い議論を聴きながら、「ああ、こんな世界でやってたんだなあ、数年前は・・・」などと感傷に浸っておりました。それから色々と外来に役立ちそうなセッションに参加したりして。

jss

こんな感じで、ブラックジャックがロゴに使用されていました。家族に見せてみると、さっそく梅田の本屋さんでブラックジャック名作40話を購入してきて読んでいました・・・奥さんが。何でも、これはというお話が、40の中に入っていなかったのだとか。お寿司屋さんのネタ(お寿司のネタではなくって、お話のネタっていう意味ですけど)がイチ押しで、読ませて頂くとなるほど!ええお話ですやんか。ぼくはと言えば、話題のタックスヘイブンっていう小説が目に留まったのでさっそく購入。結構おもしろい・・・。

新年度

4月13日 水曜日

記事の更新を怠っているうちに、冬は過ぎ、桜の木々は緑に色付き・・そして新年度もはや2週間が過ぎようとしています。言い訳をするようで何ですが、月末はいつも雑務で忙しく、おまけに今年はいわゆる診療報酬改定の年度でもあり、電子カルテの変更などなどありまして。そんな時に限って、訪問診療が立て込んでしまったりするので、ふうふう言いながらいろいろとやっておりましたよ、ハイ。常に何かを忘れているような気がして後ろを振り向き振り向きやっている今日この頃でした。一日のお仕事とか、その関連の業務とか、頼まれ仕事がある一定以上になると、小生の小さなキャパの脳味噌はそのメモリーを食い尽くしてしまい、なにも考えられなくなって飽和状態に達するのであります・・。むかしからそうだった(泣)。そうすると、一晩寝て空きメモリーを回復するしかないのです(その実、必要な事を go to the garbageにしてしまっているだけなのですけど)。起きると、めっちゃ必要な事以外は忘れているので、元気復活!!、などと喜んでいると、各所からクレームがやって参ります・・・。(話半分で聞いて下さいね)

sakura

加茂街道で撮影した五分咲きのサクラです。

4月から診療報酬は変わった事が幾つかあるのですが・・・一番有名なのは、外用剤(シップ薬)が1回処方で70枚までという上限が付いた事でしょうか。処方箋の書き方もすこし変えなくてはいけなくって・・ややこしい。在宅療養の関連もかなり変わりました。患者さんの御負担もそれに伴って増えたりしています。コストを考えながら最適の医療を提供することに変わりはありませんが・・。パナマ文書とか、消費税の話題とか、ほんと世の中の話題ったら、お金にまつわる事ばかりですね。

息抜きのミュージックは・・加古隆さんのCDを聴いています。nhkのにんげんドキュメントの主題曲だったり、「新映像の世紀」のカッコいい曲とか・・。