在宅と緩和という欲張り

6月26日 日曜日 晴れ

ゆっくりと過ごす事ができた週末だった。

そして夜は今週ちょっとした会議で発表するネタの考案作業中・・・。テーマは在宅医療と緩和ケアについてのことである。つい数年前から取り組んでいるというだけなので、それほど実のある内容にはならないと思うけれど、考え出すと色々と欲張ったことを盛り込んでしまいそうになる。他の人達はどう考えているのだろうと思い、幾つかの参考書を手に取ってみた。いずれも自分よりも若い先生方の執筆書なのだが、遥かに深い内容のものであり、そこでまた発表内容の練り直しを強いられるという始末である。ま、15分程度だからどう転んでもそれほど充実した内容にはならないだろうが・・。それにしても、在宅緩和ケアとはなんとも欲張りなというか、奥深い分野であると思う。在宅医療・・・それだけでも難しいのだが、それに緩和ケアを盛り込むとな。過去の患者さん方のカルテを見なおしていると、自分の未熟さのみが実感されるのである。それにしても、参考書の先生方に教えられる事ったらないのだ。なるほどな〜って思わされるのは、それらの内容が客観的なエビデンスだけで構成されているだけではなく、実際の個人的な診療経験による裏付けに彩られているからなのだと思う。平川克美さんの「移行期的混乱」の著作のご自身の評に、・・・本書を論文のようなものとして見た場合には大きな欠陥があることを、私は最初から感じていた。・・・欠陥とは何かと問われるかもしれない。それは、統計的な資料を基にして、出来得る限り客観的な考察を積み重ねていくという本書の全体の構造の中に、本来あってはならない、私的な体験や心理についての述懐を綴ったものを混入させているということである。・・・統計的な数字を追いながらも、わたしはつねにその数字に疑いの目をむけていたのであり、統計数字の中には統計的な必然があるかもしれないが、その「必然の道筋」を実際に辿っていかなければ、その風景を確かなものにすることはできないという思いが強く働いていたのである・・・・という記述がある。ただ統計的な数字を基にした論文を解析するのも必要なことだが、平川氏のいうような視点は忘れてはならないことのように思われた。経済然り、社会学然り、そして医学もである。

総活躍社会になるために?

6月23日 木曜日

選挙の公示日だそうであるが、公示日になった途端、何となく政治の報道というか、選挙関連の報道がめっきりなくなってしまうという今日この頃・・・。わたくしは・・・元来ノンポリ人間ですし、あまり物事を深く考えた事もなく、のらりくらり生きてきたものですが、今回の選挙にはちょっとした思い入れがあるのですね。争点はアベノミクスだとか、憲法だとか・・・色々と言われているようですし、それぞれ大事な項目かとは思います。でも、今回は・・・介護士(あるいはそれに準じたご職業の方)と保育士の皆さんの立場を高める選挙になってほしいな〜と思っています。介護士さんの待遇が云々、月額数千円上げましょうとか・・数千円って、どないやねん。でも、求人広告をみるとその半数は介護職であります。保育士さんだってそう! 少子高齢化への対応が今後の日本の発展への試金石だとか言われているわりには、話題になったブログのように、保育所の整備はままならない状況が続いているようです。感染症が流行すると、毎日のように子供さんから病気をもらって辛そうな表情の保育士さん達が診察に来られます。ただでさえ人手不足の職場なのに、自分が病気になっても十分に休む事すらできなかったり。半ば労災と言ってもいいような状況で病院に来られると、職場に提出しなくてはならない診断書や、白黒はっきりさせないといけないために行う感染症迅速検査などへの自己負担でかさむ診療費・・・。そんなことを目の当たりにしているものですからね。それこそ・・どげんかせんといけんのではないかな〜って思っている訳ですな。

walk w: okaka

久しぶりの時事ネタ・・失礼致しました。

同級生の活躍

6月17日 金曜日 晴れ 暑い・・あしたはもっと?

なんだか最近同級生と集まることが増えてきたように思います。卒業して、散りじりバラバラになって・・そのまま音沙汰なく20年、それぞれ落ち着いた年代となり・・・

「お、そう言えばあいつ どうしてるんかな・・」

なんていうストーリーなのでしょうかね。そんなこととかで、みんなどうしてるのかな〜ってググってみました(なんて便利な世の中なのでしょうね)。 大学時代の同級生の近況がちょっと見えてきたりするのですよね・・開業されている方々のHPを見てみると。同級生だけじゃあなくって、先輩とかもそうです。そんでもって、今日の朝何気なく、そう言えば・・あいつってどうしてるんだろ?と思って検索してみると。ヒットした先に彼のブログがありましたよ。彼とは学生時代にはそれほど濃い付き合いをしていた訳ではないのですけれど、ひょんな事から、小生が学園祭の一部門を取り仕切った時に、大いに助けてくれたのです。市内で開業している某Y君、ブログの開始時期もちょうど小生のそれとほとんど同一時期なのですよね。さらにその内容が、また・・・「うんうん、そうだよな・・」っていちいち同意したくなるような内容であったりして・・・、とっても励まされたような、ちょっと朝からハイテンションな(あくまでも心のうちだけですが)一日でありました。

そうそう、同級生のなかには海外で献身的なお仕事をして、時の総理大臣に表彰されている彼もいるんですよね〜・・・。みんなそれぞれ、がんばってるんだな。僕もがんばらないとっ!

IMG_1443

携帯型エコー機器を借りています。え〜な〜、コレ。ほし〜な〜、コレ。

でも、高いっ!! けど・・訪問診療で威力発揮してくれそう!?

不思議な日

6月15日 水曜日 晴れ

蒸し暑い一日だった。湿度計は77度とかになっていた。ちょっと俯くと、眼鏡もすぐに曇ってしまうような、そんな日。きのうはとても不思議な一日であった。数年に1回あるかないか・・ぐらいの、不思議な日。三つの事が同時に起こったのである。んなこと書いても何の事か皆さんには訳が分からないって言う事は百も承知なのですが。往診先では江戸のドタバタ劇がワイドショーでさらに脚色されて報じられていました。「とうとう辞めはったみたいですね。」と、患者さん。「そのようですね、もうボコボコですものね」と、私。世間で言われているように、セコいなって、私も思うのですけれど、実はそれなりに厚生労働行政では業績もあるのですよ、彼って。難病疾患の医療費助成制度なんかではそれなりに評価している方々もおられるのではないかな・・。ま、都政ではどうだったのかはよく存じておりませんが。トップに立つよりも、大臣格で腕を振るっていたほうが良かったのかな・・なんて思っています。魚心あれば水心って思って (?) 頼りにしておられた与党の人々からも愛想を尽かされて、とうとうそんなことになったようですね。なんともはや・・・

IMG_1439

娘のチョイスの文庫本・・・先に読んだらって言われて拝借してきたのですけどね。とってもよかったです(まだ中途ですけど・・)。他の作品もポチってしまいそうな勢い・・・。本ってやっぱ、出会いですね〜(しみじみ)

 

はじめとおわり

6月8日 水曜日 晴れ

知らぬ間に、梅雨入りとか・・”。

宣言”はもうしなくなったんですよって、タクシーの運転手さんが仰っていたのだが、テレビから遠ざかっている小生には、その意味が良くわからなかった・・・。そのむかし、中学生の頃は部活(バスケットボール部だったです)で、体育館が使用できる日が限られていたので、それ以外の日は運動場で練習をしていたのですが、梅雨入りとともに雨が降ると、運動場での練習ができなくなって、たちまち悪夢のような筋トレに変わってしまうので、梅雨入りがとっても嫌いだったのです・・・などということを未だに思い出すのであります。なにせ・・クラブでしごかれるのがとっても嫌だったな〜。軟弱なワタクシ。

で、物事には始まりがあって、かならず終わりがあるのです・・という、大瀧詠一さんのおことば。

小説にもおわりと、はじまりがあるのですね。 両方覚えているモノってすくないなと思います。

ワタクシには・・

”親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしている。”という一文で始まり、

”だから清の墓は小日向の養源寺にある。”

という一文で終わる 「坊ちゃん」 しかないのであります。

井上ひさしさん(だったかな?)は、坊ちゃんの終わりの一文の「だから」が日本語で一番美しい「だから」であるっていう批評をしておられたような記憶があります・・。男の子とおばあちゃん的存在のの関係・・・坊ちゃんのテーマのひとつなのかな。いろんなことが思い出されます。なんでこんな文章になったのか良くわからないきょうのブログ・・・。

新たに始まる患者さんとの出会い(訪問診療)。そのきっかけが個人的に、とっても興味のあるお言葉(あるいはお覚悟)であったりする今日この頃・・・。何とかその方の思いを遂げて頂く事ができるように頑張りたいな・・って思っています(闘志メラメラ・・)。