神は細部に宿るのか・・

9月30日 金曜日

ちょっと頑張って書いてみたネタは、もいっかい読み直すと炎上しそうなので(今はやりの?!)、ボツとしました。今日はお昼の往診がありませんでしたので、ちょっとゆっくりお昼ご飯をいただきました。何気にテレビをつけてみると、やっぱり築地の移転のお話しばっかでして・・、すぐに消してしまった・・。だってあんまり興味がないものでして。ワイドショーさんたちは毎日毎日ネタに困らずに喜んでおられることでしょうね。何なら東京都庁にギャラを払わないといけないくらいだったりして。でも、世の中の本質って、こんなにみんなが大騒ぎしていることにももちろん意味はあるのでしょうけれど、もっと他愛のないことに宿っていたりするものではないかなと思っています。そう、診断に至ることとなった、患者さんの取るに足らない一言だったり、介護の上で実は非常に大きな支障となっているのだけど、その実とってもちっちゃな出来事だったり・・。この世とは、ミニマムなことと、大げさなこととの織りなすアヤでできているのでありましょう。よくあるじゃないですか・・・写真屋さんが念入りに撮った写真はあんまり面白くなくって、それどころかその対極にあるような、何気な〜い日常のスナップショットみたいな、すっぴんの化粧っ気のない、飾り気のないピンボケ写真がみょ〜にこころに残っていたり、お気に入りの一枚だったりすることって・・・。う〜ん、もっと例えてみるならば・・・そうだな、寝グセが魅力的に見えてしまう羽生名人・・みたいな???

こんなこと書きながら、懐かしの写真を切り抜いて、お財布にそっとしまったわたくしです。お後がよろしいようで・・

不穏な週の始まり!?

9月26日 月曜日 雨だったみたい

週のは始まりは日曜日?なのかもしれないけれど、やっぱりお仕事をしていると、月曜日がその始まりです。で、今日。色々と出来事山盛りのスタートでした。なんだか、今週切り抜けられるのだろうか・・っていう漠然とした不安の中にいるワタクシ。十分に自分の非力な事もわかりましたし、もうあとは神頼みの心境・・・って書くとやや大げさな感じがしたのでこれは訂正だな。こう見えても、結構逆境に強いと自負しているので、また頑張りますよ‥明日から(^^)  では。

img_1738

ちょっと、頭が飽和していますので・・・もうこれ聴きながら、おつむをシャットダウンさせていただきます、今宵。失礼!

語るには大きすぎるテーマ

9月22日 木曜日 アメ

朝から雨模様。

おそうじ→残務整理→おひるね→ちょっと臨時の出動→おかいもの→iTune な、1日でした。ネットを見ると、ジョージクルーニーがまたやってくれていた・・。テロ組織とその背後にいる(ような)支援者との闘いに挑む・・な感じの発信。俳優さんが、都知事選に関する意見発信をしたら総叩きに遭うどこかの国とは違う(というか異次元の)感覚です。iTuneで見たブリッジオブスパイのトムハンクスの演じるlawyerとかぶる部分があって、やっぱり表現の国アメリカとの差を感じる今日この頃です。映画では、couldn’t be betterとかdon’to go boyscout on meみたいな比喩表現がありましてちょっとお勉強になりました。トムハンクス演じる冷戦時の米国に潜り込んだソビエトのスパイの弁護を担う役どころの彼は、クライアントが真のスパイかどうかは、全く問いかけないのですね。検察がきちんとした証拠に基づいて、当時の法に照らして必要十分な手続きを踏んでいるかどうかを検証するのであります。due process of law がきちんと遵守されているかどうかをチェックしようとする精神が表現されていました。すなわち・・起訴する側は、被疑者がどのような動機を持って、どのような手法でその犯罪を行ったかの理論的証明を行う。弁護する側は、検察の提示する証拠の取得が、法的裏づけのある方法か否か、そしてそれが、犯罪を立証するのに必要十分かどうかを検証するための反論を行うという。その過程では、起訴側にも弁護側にも、心証は必要がなく、あくまでも憲法とそれに基づく民法や刑法がきちんと履行された裁判なのかどうかを担保することが重要であるという事柄・・。私たち一人一人は、弱い人間ですので、やっぱりその弱い立場を守ってくれる拠り所が必要ですし、その拠り所がきちんと担保されているかどうかを検証してくれる場が必要なのですね。だから、ニュースやインターネットで流れている事件の一つ一つに、同情や偏見の目を持たずに、きちんと公正に裁かれているかどうかを気にする必要があるのですね・・・ってこと、学びました。そうでないと・・・明日はわが身って、なかなかその当事者にならないとわからないのですからね。

でもそういうような、意識のレベルって、かの国のどのような仕組みにビルトインされているのでしょうかね。かつて僕が訪れていた頃に付き合った人々を思い起こしても、まあそんなに人権意識が高いわけでもないですし、ちょっと言えないような脱線のお話をすぐにしてしまう人々でしたけど・・・。弁護士さんとは・・・検察がきちんとした立証をしているかどうかを検証する役割なのですね。それに徹する必要があると。だから、クライアントが本当にどうだったのかどうかは関係ないのです。そうでないと本来のお仕事ができないのかもしれません。ワイドショー的にはちょっと違うのでしょうけれど。弁護士さんのお仕事はそうだとして、我々医師のお仕事はどうなのか・・・語りだすとちょっとこのブログの範囲には収まらないような気がします。そういえば、この間東芝だったか三菱自動車だったかの、公認会計士事務所が株主に訴えられているというニュースを目にしたようだが・・。会計担当の方こそ、クライアントと税務署の板挟みになる存在なのではないかなと思いました。大衆の知性と、それぞれの個人の理性の問題なのかな、これって。ちょっとテーマの守備範囲がこのブログのちっちゃなスペースに収まりきらなくなってしまった感があります。すみません・・・

あ、それから、なんとか豊さんとかいうメディアの関係の方のブログが炎上しているという件。透析のことに関する話題のようで、聴き逃してはおけない話題なのですが、もうそんなこと議論する以前の、酷い内容のようでした。こんな論調が許される世の中に、いつの間になってしまったのでしょうかね・・・この国。何事も、矩を踰えず(法を超えず?)に自分のできることだけを行い、できない事には手を出さず、ましてや論評を控えて・・という心構えは必要なのかな。

最後に・・・ブリッジオブスパイを観て心に残ったトムハンクスのセリフ

“It doesn’t matter what people think. You know what you did.” . 世間体みたいなこととか、しょうもないこと気にすんな!自分がやったことや、自分で責任持てるやろ。  みたいな翻訳・・大阪弁で考えてみました。

ブレ防止機能付き人間・・・?!

9月16日 金曜日 晴れ

朝まどろんでいると、なんとなく肌寒い。ついこの間まで、猛暑だったはずなのに、この変わりようである。1日の終わりも早くなってきたらしく、クリニックの看板の電灯もタイマーONにしてはどうですか・・って職員のご指摘を受けました。やっぱり地球は回転(公転)しているようだ。ところで・・・麻疹流行の兆しとそれを報じてくださるメディアの皆さまのおかげで、医師会からワクチン優先順位のお達しが届いたのだ。麻疹ワクチンの供給がやや不安定となっているらしい・・・。やや、ではなくもう間も無く、かなり、になるのだと思う。で、限られた注射薬を、どういう順序で使っていきましょうか・・というお話です。私たちが苦手な、優先順位の問題ですな。そもそも、麻疹のワクチンが定期接種化されたのは、昭和53年10月のようです。小生の過去の記憶では、自分の年齢くらいがその境目だなあ・・と思っていたのですが、それよりもかなり後からのようです。まあ、いずれにしてもそのくらいの年代から以降の生まれの大人は、少なくとも1回はワクチンを受けているはずですし(これに該当する方で、ワクチンを受けていないという人は・・・今はやりの自己責任〜〜もしくは親の怠慢〜ってことになるのでしょうか・・・少なくとも、ワクチンの恩恵にあずかるチャンスはあったのにそれを行使しなかったということになります、ハイ)。それより年長の人間は、おそらく麻疹に罹患しているでろうと思われますので、そもそも血清抗体価が一定程度存在するものと推測できます。よって、優先順位は(やはり)、1歳にならんとするちびっ子だったり、2期を受けんとするこれまたちびっ子なわけですね。はいはい・・・いい大人は下がって下がって〜。テレビの人とか・・そゆことわかってから報道した方が良いですね。やたらと不安をあおることになったり、ワクチンを受けましょう〜っていうと、おそらく血清抗体価が高いと思われる人々がぞろぞろ列をなしてしまったりしますのでね・・。

img_1655

開業医というお仕事形態をするようになってから、小生も医師として、今までとはまた違うものの見方をするようになった気がします。仕事の時の判断基準も随分変わりました。厳密にしないといけないところ、手弁当で少しくらい、自分の頑張りで支えてあげないといけないところ・・ナドナド。昔は、医師同士のメンツとか、建前とか結構気にしてたりしたのですけれど、最近はそういうことをあまり気にしなくなりました。あくまでもその患者さん目線で考えるというようになった気がします。そうすると、自分の基準もブレないし、何かそのことで嫌なことを言われても、全く気にならないのですね。精神衛生上も良いことこの上なし!ルンルンですな・・(まあ、大分無理してますけど)。やっぱり、生きていく上で、自分なりのしっかりとした座標軸を持つっていうことはね、と〜っても大事なことなのだなと、改めて噛み締めているわけですよ。

 

 

情報過多・・

9月12日 月曜日 曇り時どき雨

今日は断片的に自分の中で教訓のようなことがたくさんありました。

みなさんには何のことやら、だと思うのですけどね。それを承知で羅列してみます。何だよ・・・文句あっか(=`^´=)”

その1 肺炎はレントゲンを撮るまで分からない(こともある)

その2 手ごわい患者さんほど時間を惜しむな!(手ごわいの意味は色々です)

その3 もういいか・・・から、あと一押しが重要!

その4 検査をすると余計にわからなくなることもあり・・・

その5 キレたら負け







もっともっとたくさんあったのですけど、今日はもう満腹です(笑)。

img_1707

でもね、最近思うのですよ、この社会・・歪んでるのかな〜って。極端なバッシングだったり、一方的な謝罪だったり、それらを要求するような風潮だったり(これは別に特定の出来事を指すものではございませぬ、あくまで一般的な、ここ2−3年の成り行きを指し示しております)。その風潮に逆行するようなことが一度起こってしまえば、たちまちワイドショーコメンテイターさん達の餌食になります。あるいはネット炎上っていう現象だったり。その結果として必要以上にへり下るような言動になって現れてしまうのでしょうか、こんな言い回し・・耳にすること多いですよね「取り敢えず、〇〇させていただきます」。〇〇いたします・・でいいじゃんっていう場面でも、取り敢えず「させてい頂いとけ・・間違いないから・・」みたいな感じです。ちょっと最近・・ ”謙譲語過敏症” な小生。何せ日々、後腐れのない、さっぱりした性格の大人になることを夢見ているのですが、実のところ些細な、取るに足らない屈託だらけのワタクシ(泣)

写真はですね、料理家・土井勝さんの息子さんの土井善晴さん・・土曜日の6時のクッキング番組が毎週楽しみでして・・・。とうとう本まで買ってしまいましたよ・・。これは、なんか料理哲学書・・みたいな感じの書です。