20億年先の未来

4月27日 木曜日

ブラックホールが撮影されたってよ・・。詳しくいうといわゆる事象の地平線が撮影されたということらしいのですけれど、そう言われても、何のことやらサッパリ・・・。ま、その位置が地球から20億光年とか。光が一生懸命頑張って走って行っても、20億年かかるのですね。今夜空に明かりを放っている星々の光も、場合によっては数年とか数十年とか前に発せられたものだったりするわけですから。事象の地平線と呼ばれるブラックホール周囲のこともこれから徐々に明らかになっていくのでしょうか。私には何のことやらさっぱりとわかりません・・・。私たちの目撃している光が実は20億年前に発せられた光であるということ。もちろん、いまその星が(あるとして)発した光は、20億年後の地球上の人々に確認されるという筋書きなわけですね。ちょっと想像を絶するな。



ちょっと頂きました・・・ボーズのスピーカー。関係諸氏の方々ありがとうございます(ペコリ)。わたしの持っておりましたスピーカーに比べて圧倒的なその音質、さすが坊主(^^) 。試しにエアロスミスとかのビデオを撮ってみたのですけど、容量が大きすぎてアップできず(泣)

 

 

ちょっと今日の診察の時に患者さんから伺ったお話。関節痛の名医を語る院長の病院が日本のとある地方にあって、みなさんがそこに通っておられるとのこと。もちろん興味があって、ちょっとインターネットの巷の情報を集めて見ましたが。やっぱしテレビ番組での放映があって、HPの内容を拝見してもあまり医学的根拠がはっきりと述べられてはいなかったです。ま、企業秘密もあるのかもしれませんから、小生などには理解できないことがあるのかもしれませんけどね。でも、ちょっと疑問な点が多々ありました。こういう病院や、治療方法が大々的に取り上げられて、全国各地から患者さんが集まっていかれるということには、多くの医師が違和感を感じているのでありましょう・・・決して負け惜しみではございません。

みんなもっと、ちゃんとやらんと!!!!(ちょっとだけ怒っている私・・・決して負け惜しみではございませんのよ)

未だ知らない誰かのためにすること

4月26日 火曜日 雨

知っているようで、自分の預かり知らぬことは多いものである。自身のいないところで交わされている会話とか、会話にならない人々の気持ちとかを斟酌したり忖度したり・・・言葉の定義はよく知りませんが、最近はやりの単語のようです。自分の知らないところで、地球は回っているのだ・・・”それでも町は廻っている”っていうマンガが最近のお気に入りなのですけど。



前回の文章で取り上げた村のルポルタージュ番組では、齢90を数えるばあちゃんが、90度近くに曲がったお腰に、鍬と鋤を抱えて畑に向かう姿が映し出されていました。冬場に溜まった用水路のゴミや泥を取り除くのだそうです。自分ちの田畑はもう休耕地帯になっているというのに・・・。「自分ちの用水路で、流れてくる水が滞ってしまったら、下流の田畑が潤わないから」だとか。自分はもうすぐあの世に行ってしまうことはわかっているのだけれど(たぶん)、生きてる限り、まだ見ぬ誰かさんのために、できることをやりましょっていう気持ちは、尊いなと・・・。「誰に見られているわけでもないけれど、これだけはやっとかないと自分の心のおさまりがつかんのじゃ。」

東北復興のお偉い方が仰っていたこと・・やっぱそうだったんですね、お金の問題なんですよ、とどのつまり。こっちに火の粉が降りかかったら大変なことだ・・・みたいな、あっちとこっちの問題意識。でも、この構図、在日米軍基地と沖縄の問題にも通底することのような気がします。あっちには発電所と基地で、こっちは万博とかオリンピックでホクホク。ことの根本はお〜んなじ成り立ちで、私たちの心の中にもそんな考え方が潜んでいるんじゃないのかな・・よく胸に手を当てて考えてみましょ!

とある村のおはなし

4月23日 日曜日 晴れ

GWの前の週末は快晴である。朝、TVを見ていると国東半島の農村での、ため池運営についての番組が流れていた。御多分に洩れず過疎に向かう村なのだが、2年前に東北震災でリンゴ農園を廃業せざるを得なくなった40代くらいの御夫婦がそこに移住し、現在稲作をしているというお話である。当地は昔から日照りによる干ばつにやられていたため、100以上のため池が作られ、そこから農水路を使ってそれぞれの田を潤しているそうだ。移住後1年目は、まだその水をうまく引くことができずに、大部分の稲を枯らしてししまったそうで、2年目には住民の協力を得て、改良に取り組んでいるらしい。元々の住民の高齢化が徐々に進む中で、今後こういった移住の若い世代が地域の主役として頑張って行くのであろう・・。それなりに現実味のある過疎地域の一つの生存戦略ではないだろうか。そういったお話の裏には、様々な葛藤や対立など色々な問題が存在しているのだろうけれど、おらが村の縄張りをうち解いて外に向かって開放できるかどうか、新しいものを受け入れていくことができるかどうか、村の人たちも試されているのかもしれない。



そういえば、小生も新参者のうちの一人である・・・。何となくつけた番組に見入ってしまった理由には、自分と少しかぶる部分があったからなのかもしれないな。

力でね・・・

4月18日 火曜日

診療後は、月例の会議を終えて(これは毎月のお楽しみ業務です)その後地域連携の勉強会(ケアカフェと呼んでいます)に参加。色々な職種の方たちの貴重なご意見や情報提供・・・。同業種の先生のご苦労話を伺ったりして、小生もまだまだ弱音を吐いていられる状況ではないなと反省(別に弱音を吐いたことはないと思いますけど)。こういう場で発言するのですけど、いつも終わった後に、その内容について後悔しているワタクシ・・・。小心者決定戦があったら多分間違いなく一位になれる自信ありますよ!



少し前に往診途中に車窓から撮った桜です。この間テレビで、日本って素晴らしいよね、四季があって・・みたいなことの取り上げられ方をしていたのですけど、地球上の同緯度の国々(南北それぞれ)、たくさんありますから・・・。そんでもって、来日されている某国副大統領が、”戦略的忍耐”の時代は終わった・・平和は力によってのみ初めて達成されるとか仰っているようです、マジか・・・。

食べない方が良いもの

4月11日 火曜日 さむっ

夜は食物アレルギーに関する講演を聴取した。5年前と比べて、大きなパラダイムシフト・・だが、まだまだよくわからないことも多い分野であるという印象。民間療法にどっぷり浸っておられる方へのアプローチはなるほど同感・・だった。

さて、ニュースで乳児ボツリヌス症のことが流れていました。熱に強いボツリヌス菌が蜂蜜を食べることによって体内に入り、菌が産生する毒素によって発症します。腸管粘膜の未発達な乳児期には、蜂蜜を食べさせてはいけません。

あと妊婦さんが生チーズを食して感染する可能性のあるリステリア菌にも注意が必要です。こいつは加熱により予防できるのですが、いわゆるナチュラルチーズとか生ハムなどの食品は妊娠中は避けた方が無難なのだと思います。

厚労省のサイト

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000070272.pdf

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000161404.pdf

これらを参照ください。

 

明日は、真央ちゃんの引退の記者会見だそうですね。今さらながら、ソチ五輪のフリー演技は感動的です。彼女ほど、いわゆる敵のいない人物も珍しいなと・・・。