みをつくし料理帖

5月31日 水曜日

朝は暖房、昼から冷房・・という今日この頃です。

細々と(局所的にはかなり・・)流行していたインフルエンザも溶連菌もほぼ収束傾向かなと思っています。大分前からマスクをしながら診療をしているのですけど、なかなか取るタイミングがないような状況です。が・・、全くの初診患者さんの場合には、なるべく顔を出して診察をしようと思っています。”初めましてどうも・・よろしくお願いいたします。小生このようなものでございます” というご挨拶ですね。



NHKでやってるみたいですね。みをつくし料理帖。大分前に、ハイファイセットの山本潤子さんのおすすめ本で知ってから、3作くらい読んだことがあるのですけど、ドラマにしたら面白いだろうな〜って思っていました。原作も良いです。巻末付録には、本編で出てくる料理のレシピも載っていますよ。気楽に読めるおすすめ本デス。

一人二役のしうまつ

5月28日 日曜日 晴れ

医師会の講習会に参加した。朝から夕方までみっちり缶詰である。ちょっと早めに着いたな・・と思って医師会館に向かったところ、どうも閑散としているのである。よくよく見ると、リサーチパークが会場だとな! 慌てて、駐車場から車を出して、五条に向かうこと15分、滑り込みセーフであった。めでたしめでたし・・・。

講義は多元中継のビデオ映像なので、ちょっと眠くって・・・持参した小説を読み始めてしまったところ・・・没頭してしまい、とうとう読了。”イノセントデイズ” 早見和真著。これがなかなか骨太の作品でして・・。死刑制度に一石を投じている内容であることは間違いないのであるが、貧困、いじめ、虐待、夫婦不和などなど現代社会の縮図を濃密に描いたものであった。エンディングは悲しいのだが、読後感はどこか救いのある、決して暗いものではなく前を向いて行こうという気持ちの湧いてくるものであった。ほっ

そもそも・・・早朝から、ちょっとお仕事をしていたので・・・長〜い、一人二役の1日でした。



夜はフェイスブックのマークザッカーバーグ氏のハーバード大でのcommencement speechを見てみた。スティーブ・ジョブズのスタンフォードへの招請と同じで(彼の場合は他大学の卒業せいであったと思うが)、大学をドロップアウトしたのちに成就した成功者を卒業式に呼んでしまうアメリカの懐の大きさを再認識。大統領への処遇を見ても、我が国のシステムとはかなり違う、民主主義の先輩国ですニャ・・・。

english juke box

5月23日 火曜日 多分晴れる

おすすめ番組のご紹介・・・ラジオなんですけど。

NYプレスビテリアンホスピタルで腕を振るっておられる移植外科医の加藤友朗先生がナビゲーターの番組です。”english juke box”というものなのですけど。洋楽ヒットの一曲を取り上げて、歌詞を解説しながら朗読されて、同時にそれを流してくれるという形式です。加藤先生は現在コロンビア大学で勤務されているのですが、その前は確かフロリダ、テキサスなどの病院で活躍されていたように記憶しています。声が渋いので、DJも完璧です。いやいやできる人はなんでもできるのですね・・・ちなみに、東大薬学部から阪大医学部ご卒業されています。受験英語を制覇された先生が、もっと早く気付くべきだったとオススメの英語学習法・・ご一聴を!

(なんか変な番組宣伝みたくなってしまったナ)



この前のピックアップ曲は Charlie Puth & Selena GomezのWe don’t talk anymoreでした。geekのようなネルシャツ少年とセクシーシンガーの組みあわせ・・見た目はそんなですけど、良い曲だな・・・

漂流していく概念

5月16日 火曜日

所沢市はふるさと納税返礼品を廃止するらしい。市長の言い分を聞いてなるほど腑に落ちた。やめた理由を問われて「本来は自分を育ててくれた、世話になった場所に感謝や応援をする趣旨だったはず。それをモノで釣って、よその自治体に納められるはずだった税金を自治体間で奪い合う始末。・・・他の自治体から奪う必要はなく、救われるべき弱小自治体にふるさと納税されればそれで構わない」と、そういうことだ。今や納税する側は、返礼品リストと首っ引きでその”投資先”を選んでいるような有様であろう。まさにモノで人の心を釣ってしまうという、本来の趣旨と正反対の心の動きを誘発しているのではなかろうか。市長の他の主張や背景は存じてはいないが、政治家や統治者とはまさにこういう視点で行動して、こういう論点を民に提起するのがその仕事の本筋ではないだろうか。ともすれば、嫌なこと、受けないことは他の自治体に押し付けて、自らの実になることにのみ執着する方が多い昨今、新鮮なニュースのように感じられた。ふるさと納税そのものに反対するものではないが、現行のシステムでは、納税者の心理はより自分が得をするように立ち回るような原理になっており、それは良い納税スキームとは言えないのではないかと感じた次第である。うん、今まで心の中にモヤモヤとしていたことが何となくスッキリした気がする。

まだまだいますよ

5月11日 木曜日 晴れ

季節は過ぎたのかと思いきや・・・インフルエンザだったり咽頭炎だったり、結構発熱の患者さんが来られています。去年と全然趣の違う、連休明けの診療状況です。うがい手洗い・・皆様お身体気をつけてお過ごしください。



クロ現で”一汁一菜”の特集やってた・・。土井師匠と武田アナのコンビです。1分料理動画会社の編集業務の紹介VTRを見てると・・最近の受講者たちは、すが入るとか、アクを取るとか、差し水を入れるとか・・専門用語がわからないので、平易な言葉に置き換えて編集されているとのこと。キノコの石づきをとるは→根元をとるに変更するそうです。

こうやって言葉がどんどん廃れていくのかな。石づきとか、雰囲気でなんとなくわかりますやんか。受講者のこと甘やかし過ぎですよ!