要はそれをどう使うか・・でんな。

7月30日 日曜日 晴れ

当番日の一日であった。比較的平和に業務は終了した。数日前に読んだ徳田先生のネットの記事が頭に残っている今日この頃。先日天に召された日野原重明先生に徳田先生が尋ねられた時の会話・・・「世界の人々の健康にとって最も重要なことはなんですか?」の問いに対して、日野原先生曰く「戦争をさせないことです」との答え。核兵器の開発に対する物理学者の葛藤と同じく、過去の大戦での医学者の深層心理に潜む反省とは・・・例えば昔なら、731部隊であるのかもしれません。病気を癒すという行為の、もっと以前に、まずは殺しあうことをやめさせようということなのでしょう。医師とは、人命を尊重し人権を重んずる立場の職業です。そうだな、もっと自分も立ち位置を鮮明にして日々頑張っていかなくては・・と思った真夏の夕暮れ。



夜にはアイ・イン・ザ・スカイを視聴。米英合同部隊が英国人のテロリストをドローンで監視しながら、ドローンで攻撃してしまうっていうストーリーなのです。コラテラルダメージを絡めながら、80人を救うために、一人の子供を犠牲にしても良いのかどうかっていう究極の選択のような課題を突きつけられたり・・。攻撃する側は、ドローンとか今流行りのAIとかロボットなので、我が身は傷つかないわけですね。ハミングバードっていう小さな虫の形をしたドローンの性能とか、そのカメラに映し出される人物の顔の特定の機能って言ったら・・・大変な高性能なもののわけです。シベリア出兵の書物などを読みながら、こんな映画見てると、むかしの戦争がつくづくアホらしく思えてしまいますね。というか、将来は機械同士の戦争になっていくのは間違い無いと思います。技術革新の末に得られる果実と私たち人間の関係・・考えさせられるものがあります。うまく使わないと・・それ! もちろん民間傭兵とかは言わずもがなですが・・。あくまでもイギリスの軍事行動の中での意思決定なのですが、彼らが非常に厳密に法にしたがって行動しようとしていることも伝わってきます。大臣がちょっとごまかして答えてしまうような某国とは一味違います・・。しかも現場の隊員一人一人に対する法的防御のことまで気を配る姿勢が描かれてもおり・・一から十までが最近ワイドショーで見せられ続けている絵柄と違うなあと思ってしまう作品だった・・・。

主人公を演ずるイギリスの女優ヘレンミレンさんが何とも格好良いわけなのですが(うちの奥さんに聞いて知りました・・彼女)。この人見るといっつも、IMF(国際通貨基金)の理事であるクリスティーヌ・ラガルド女史を思い出すのは小生だけかしらん・・・。ショートヘアーで、ちょっと浅黒い感じで・・とにかくカッコ良いのです!

二つの顔を持つ小説

7月27日 木曜日 晴れ

暑い暑い・・・あさは比較的涼しかったのですが、やっぱり暑かった、今日も。お仕事終わってから、近隣病院でのセミナーである木七レクチャー(もくしちレクチャーって読みます)っていうのに行ってお勉強をしようと思っていたのです。ちなみにこれは病院の研修医の先生方に行われる勉強会でして・・そこで小生も学んでおきましょうと考えていたのです。え?研修医の勉強をお前が・・・・?っていう方、おられると思います。はい、そうなのです。ほら、プロ野球選手だって、キャッチボールとか素振りとかするじゃないですか。何事も基本が大事なのですよ(ちょっと言い訳も入っていますが)。で、そのお勉強会ですが・・・お仕事が終わったら、なんだかどっと疲れてしまいまして、30分だけ眠ってから、なんて思ってたら完全に寝過ごしてしまいました。ま、それだけの今日のブログ・・・



ま、そんなこともあるさ・・って思いながら、ふと見てみた高橋源一郎さんの講義録、これがめっちゃ面白かった。国民的文学とされる漱石の坊ちゃん解題!!今なら、坊ちゃん文学賞っていうと青春文学の登竜門とされていると思うのですが、当時の知識人が読むそれは一味違ったのではないかと・・・。なんと坊ちゃんって政治小説だったのだそうです。坊ちゃん、山嵐、きよ・・・の会津・奥羽越列藩同盟の佐幕派 VS 赤シャツ、野だいこなどの西欧文化を取り入れようとする新政府軍の戦いとして当時は投影されたのではないかという読み・・・!小説ってこうやってじっくりと読み込まないといけないのですね。

なつやすみ

7月21日 金曜日 晴れ

梅雨も明けて、ちびっ子たちの大好きな夏休みがやって来たようです。気温はいきなりフルスロットルで、猛暑とか熱帯夜というような気象用語がニュースを飛び交っています。初診患者さんの主訴(今日は〇〇で病院にやって来ましたという主たる不調の訴えです)に「えらいんです」という悩ましい一語の入る率が著しく高まる時期でもあります。この言葉には含意が多過ぎて、そこから身体症状に結びつけていくのにちょっとした手間がかかるのですよ。(病院に行く時には、なるべく具体的な不具合を訴える言葉を用意された方が効率が良いように思います・・・)夏休みはもちろん楽しいことが目白押しで、子供達は大喜びなのですけど、いつもちょっと物悲しい気分が心の一部分を占めています。暑い1日が終わろうとしている時に、西の空を赤く染める夕日を眺めるとなんとなくもの思いにふけるのですよね・・8月6日、8月9日、8月12日とか8月15日のこととかがあって。たぶん毎年同じような話題を書いていると思うのですけど。今年も8月は関連の書物を読もうと考えています。今から少し予備知識を頭に入れながら過ごそうとしているところです。歴史には、その時の空気を変えたり、潮目の変わる一瞬の出来事があると言います。この時代ももしかすると後から振り返ると結構ターニングポイントとして振り返られることになるのかもしれません。ナショナリズムとグローバリズムの対立軸であったり、反知性主義と呼称されるようなムーブメントだったり。過去の世界歴史でのターニングポイントとして、満州事変から国連脱退までの日本の振る舞いが挙げられることが少なくないと聞いています。このあたりのお話をちょっとお勉強してみようかな・・今年のお盆は。



で、一回アップしてみたのですけれど・・・なんとニュースステーションに(違ったかな?タイトル)オダジマンが出ておられたのでビックリ・・・名コラムニストであるのですが、一躍全国区に・・(失礼な言い方お許しください)。

Honesty pays…

7月20日 木曜日 暑い・・・

毎日暑い日が続いています。梅雨も明けたようですし、さらにこれから夏本番となるのでしょう。地区の子供さんたちは、今日が一学期最後の日だったらしく、午後に車を運転していると、楽しそうに友達と遊んでいる姿が散見されました。自分の子供の頃のことを少し思い出しましたが、夏休みのはじめの頃って、宿題毎日きちんとやって・・とか思っているんですけど、一日が過ぎ、二日が過ぎていくうちに・・一週間を越えるともうちょっと諦めの境地になっていくんですよね。それで最終的にはもう投げやりな感じで、お休みの終盤を迎えることとなります(泣)。



今の政治の世界を見ていると、おんなじような投げやり感を感じてしまいます・・。ちょっとごまかしていただけのつもりの方便が、次の矛盾を生んで・・さらにその先に言い繕わないといけない事態を引き起こし、みたいな。そこで・・・冒頭のタイトルですよ!!

Honesty pays in the long run.

正直は引き合うのです、とどのつまり・・・

いろんな生き物のこと

7月17日 月曜日 お休みの日

この世で最も個体数の多い生物は何だと思いますか?

オキアミだそうです。オキアミといえば、小型のエビみたいな形態で、鯨の餌だったり、冷凍された塊を魚釣りの時の撒き餌として使ったりのあれです。南極大陸の冷たい海底にほど近い部分に超!大量の生息地帯があるのだそうです。潜水艇が潜行すると、あたり一面がオキアミだらけで前方確認不可能の状態になるらしいです。彼らが食べられた後には、小さな魚は大きなものに、大きなものはそのまた大きなものたちに食べられて、その捕食者たちの食物連鎖で大きな生態系が成り立っていくわけです。してみると、私たちの生命の幾ばくかの部分はオキアミによって支えられているとも言えるのかもしれません。南極といえば、海水温の上昇がこの数年間の中で2度(水温で)もあるらしく、サメやカニや諸々の上位捕食者たちが、冷温海水によって維持されていた安全地帯に侵入してきているらしく、こんなところにも生態系のほころびの原因となりうる一旦がかいま見えるそうな。数日前に目にしたニュースで、南極大陸から融解して切り離された大きな氷山ができたという話を耳にしましたが、いくつかのpros & consはありますが、やはり温暖化は進んでいるように思われます。すくすく育つパンダの赤ちゃんだとか、九州の災害現場で懸命に働いてくれる災害救助犬とか、人間を取り巻く生き物のニュースをよく目にした一週間だったなあと・・考えています。ぼんやりの休日・・・



The New YorkerのDaily cartoonに掲載されていたマンガが秀逸でした。