朝ごはんのお話

10月30日 月曜日 曇り

肌寒いという表現がぴったりの1日であった。車で街を走っていると、すでに刈り取られたはずの田んぼに後から稲が生えてきている。稲刈りの済んだ田んぼってこんなだったかしら・・。山のふもとを走ると、赤い前掛けをつけたお地蔵さんがほっこり佇んでいる。

何事のおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる

西行法師の詠まれた唄でありますな。目に見えるものではないのだけれど、何が祀られているのかはわからないのだけれど、、涙がこぼれるほどありがたくもったいないことである・・・・そんなことを考えながら・・? お昼の町を走ってました。

そうそ・・・。朝ごはんのお話を書こうと思ってたんですよ。何でかというと、佐藤正午さんのエッセイで、とっておきのミートソースの作り方ってのを読んだからです。朝の過ごし方にはみなさんそれぞれのルーチンがあると思います。小生は、朝起きたら大体10分と経たないうちに朝ごはんに取り掛かります(あ、これは1人で過ごす時のやり方ですけどね)。それからメニューは、大体・・・チーズのせトーストと、薄切りベーコン2枚を下敷きにした目玉焼き(蓋をして十分に黄身を固くします)。飲み物はコップ一杯の牛乳と、Knorrカップスープです(AGFのやつは油断するとコップの下にダマダマが残ってしまうので・・・)。時間のゆとりのある時にはコーヒー豆をゴリゴリとグラインドします。こんなこと書いてもしょうがないのだけど、これが私の流儀でございます(^◇^)/

しょーもないことついでに、シウマツはおうちでのんびりと・・・撮りだめの映画「エイミー」をみてました。正確にいうと、終わりかけ20分手前のところまでみて、そこからは・・・?の状態ですけど。色々と私の世話を焼いてくれる娘がビデオ録画しておいてくれたのです(泣)。エイミーなあ・・・自由奔放というか、天衣無縫というか、向かうところ敵なしというか、男とお薬に溺れてしまったというか、何とも表現のしようのない天才だなと思いました。典型的な自己破滅型な天才芸術家だな〜っていうのが、超凡人のワタクシの感想です。カートコバーンとかランディローズとか、シドビシャスとか、そんな括りの人です私の中では・・・。



ちょっと憧れるわ・・こういうのに(倒錯ぎみ・・・)。

stop bullying

10月28日 土曜日 台風来るのか・・・?

いくら秋雨の季節とはいえ、毎週末の台風はちょっと願い下げです。前回投稿の続きと言ってはなんですが、思い出したように観てみました、「sicko」っていう映画。マイケルムーア監督作品です。シッコって、病気野郎・・・みたいな感じのタイトルなのかな。随所に出てくる語りである ”先進民主主義国で唯一の国民皆保険制度のない国、アメリカ” を具体的に体当たり取材していくような内容です。若い頃のヒラリーが実は皆保険導入を試みていたこととか、あまり知らなかったです。最後に911の救難作業で粉塵被害にあったものの、その後ひどい扱いを受けている消防士たちの一団を引き連れて、監督はカリブ海に浮かぶ小国に向かう。向かった先は、キューバの南東部にあるグアンタナモ米軍基地の医療施設でした。そこで彼らに、せめて収容者たちと同等の医療を提供してくれるようにと訴えるのだが、にべもなく却下されそのままキューバに突入します。何と悪の枢軸国とは言わないまでも、キューバ危機以来の敵国で、手厚く暖かい先進的な医療を受けて一同感激するというストーリー。面白いですので是非一度ご覧くださいな・・・。



ツイッターで目にしたバーガーキングのCMです。話題になっている(?)大阪の高校の髪染め問題の関連TLで流れてきました(ちなみに小生はジャパニーズフレンドリーバージョン(つまり字幕編ですな)を見ましたよ・・どこかに転がってると思います)。

例の毛染めの一件なんて・・この時代にまさかって考えていますけど、これが現実なのですね。こんな環境でどうやって人権とかについて教えるというのだろう。こんなことって”司法の判断に委ね”ないといけない問題なのだろうか・・なんて思いましたけど、私の考えが偏っているのかしら・・

BKのCM・・・ちょっといいなって思いましたけど、実を言うと私、ニューヨークのBKで受けたトラウマを未だに抱えております。オーダーを告げる際に、うまく商品名が発音できなかったのですね ”whopper” っていうやつ。店員さんたちに指をさされんばかりに大笑いをされてしまってとっても恥ずかしい思いをしたのであります。まあ看板商品の発音くらい知っとけよ・・・っていうことなのでしょうけどね(泣)。

比較してみた・・

10月24日 火曜日

台風一過・・色々な爪痕を残して去っていった台風である。縦貫道はまだ夜間通行止めの状態で、京都から来ていただいた方は午後20時に近くの高速入口に間に合うように帰路を急がれた。台風の通り過ぎていった週末はまさしく家に籠っていた。折しも選挙投票日に嵐の真っ只中である。何となく感じていた『社会が二つに分断されつつある感』を確信するような感想を抱く週末でもあった・・・新宿と秋葉原の映像で。断たれていますね・・・あんな人たちとこんな人たちに、この世の中。あ、選挙のお話がしたいのではないのです。世界の医療システムも、あんなシステムとこんなシステムがあります。まずはあんなシステムの世界では・・救急車を呼ぶと高額な報酬を支払わなくてはなりませんから、指一本なくなりそうなくらいではこんな人たちは、救急車をよぼうとはしません。たとい病院へ行っても、まずは受付でどんな保険に入っているのかという質問を受けることから始まります。入っている保険によって、同じ病気でも受けられる(カバーされている)治療方法が異なるのですね。とはいうものの・・あんなシステムでも救急室での医療は保険の種類に関わらず診てくれます。ただし、救急室の前の廊下で待つこと24時間・・・なんていうお話はあながち冗談でもなさそうです。一方、こんなシステムの世界の最たるものは、医療は無料っていうことだそうです。ただし、誰もがすぐに自分で好きに受診医療機関を選べるわけではなく、まずはGP(general practitioner)やFD(family doctor)、といういわゆる登録されたかかりつけ医にまずは診てもらわないといけません。よくよく統計を見てみると・・・あんなシステムの米国も、こんな国のキューバも、なんとなくその中間的な存在の英国も、さほど差がないのでありますね、そのアウトカムについては。こうして見ると、医療統計についてはまだまだ世界に誇れる数字ですね・・・私たちの国、台所は火の車のようですけど・・・。

国名     平均寿命   5歳未満児死亡率(千人当たり)    総人口

英国    81.2歳(20位)  4人(166位)      6500万人(21位)

キューバ  79.1歳(32位)  6人(153位)      1100万人(76位)

米国    79.3歳(31位)  7人(148位)      32億 (3位)

日本    83.7歳(1位)    3人(182位)      1.3億 (10位)

 



寝るな日本人!? もっと夜遊びして遊興費を使って、経済を循環させよ・・・っていうことなのかしら。ちょっとこの雑誌の特集には驚きました。各国とも、17時とかで、デューティーが終わったら、そそくさと帰路について家庭で有意義な時間を過ごそうとしていますよ・・・。いつまでたっても経済至上主義の病から抜けきれないのですね私たち。人口がもう少しシュリンクして、もうそんな夢物語が現実的ではないということが身にしみてみないと思考回路を変えられない・・そんなものですよね、人間って。

だってにんげんだもの・・・みつお

清く正しく美しく

10月17日 火曜日

久しぶりに見た(ような気がする)青空・・雲の合間に垣間見えた今日

 

 

 

玉置さん作詞・・・デス

 

 

悲しいときは空を見て

誰も悪くないと言おう

寂しい時は海に来て

もう、自分を責めなくていいと言おう

嬉しい時は風になり 麦を鳴らして讃えよう

優しい時はあの人に ごめんね ありがとうと言おう

苦しい時は山を見て もう逃げたりしないぞと言おう

虚しい時は故郷の大地を思い泣けばいい

なにもできなくなってしまった時には・・・!!

清く 正しく 美しく

清く正しく美しく ただ 君の手を握りしめていよう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ええ歌やな(^^)

 

 

はい。明日からまたがんばりましょ・・・。

研修に協力しています 

10月14日 土曜日 曇り

近隣基幹病院の先生が来られて、地域医療の研修をされています。自分がその頃に何を学んでいたのかと思い出すと・・・雲泥の差がありますね。今の先生方は・・意識高い系・・っていうやつですね、流行り言葉でいうと。意識低い系・体力だけで頑張ってます系だったワタクシたちの時代がそれなりに懐かしく思い出される今日この頃・・。2週間おつきあいさせていただく予定なのですが、最初の数日でもう伝えられることは尽きてきましたな・・(泣)。ただ、こういう機会はこちらにとっても良い刺激となりますのでこれからも頑張ってやりたいと思ってます。