久しぶりに本屋さん

2月27日 月曜日 晴れ

なんだか寒い1日であった。患者さんもそう仰っていた。みんな感じるところは同じなのだろう・・。昨日はかなり久しぶりに本屋さんと楽器屋さんに行ってみた。楽器屋さんではそうもいかないのであるが、本屋さんでは小脇に抱えた書籍を購入。総合診療の雑誌も含めていっぱい! しばらく楽しめそう。小説も買いましたよ、そして文庫カバーも。



もっとも、文庫カバーとか付けてみるとちょっとそれが気になってしまって、内容に没頭できないので、付けたり外したり・・ずらしてみたり、眺めてみたり。色々やってますけど、結論として気に入っているのですよね、この絵柄が。

買った本はですね・・・池澤夏樹さんとか、橋本治さんとか、北欧のミステリーものとかですな。しばらくは没頭してみる予定ナリ。世の中底が抜けてしまったようなニュースばっかりですので、ちょっと私はそんな俗世から離脱したいものだニャーっていうキモチなのです・・・。

と、思ってたら気づけば月末ですね・・・得意のつんどく! なんだか最近、脳みその中のメモリー領域がほぼ満タンになっているらしく、大事なことからどんどんこぼれ落ちて行ってるような・・不安。

これだったのか・・・

2月24日 金曜日 朝はくもってる・・

一昨日のある患者さんとの意味不明な会話がずっと気になっていたのですが・・・今朝、ちょっと一服の時間に、睡眠医学の先生のツイッターを読んで謎が解けた。要約すると・・某医療番組の中でなされていた ”睡眠薬を飲むと糖尿病が良くなるかも” っていうお話のことだったようだ。またまた同じような会話を幾人かの患者さんとすることになるのかも・・・ヤレヤレ テレビ番組の効果って恐ろしいものだな。



ちょっと!テレビ作ってる人たち!おいら達の被る余計な手間と時間をちょっとは考えてくれよな!ゼニガメも怒ってるよ!

騙されない

2月22日 水曜日 晴れ

買ってそのまんまになっていたDVDを観た・・「ドラゴンタトゥーの女」R15だったかな?なのであんまり大きな声では言えないが、とっても面白かった。レオンみたいな感じもあり・・パンクな女の子が活躍する物語。三部作に手が伸びようとしている。

さて、熱しやすく冷めやすい小生が、わりと続けていること第一弾!(第二弾はおそらくありません) コーヒーを豆から挽いていれる〜(パチパチパチ〜)。もともとは、コーヒっていうと、アメリカンダイナーで出てくるようなおかわり何杯でも自由!みたいな、うっす〜い奴が好みだったんですけど。実際に心を鎮め、瞑想に耽りながら、粗めに挽いたコーヒーに湯を注いでいると・・ではないのですが、結構美味しいなと思って続けています。コーヒーミルもちょっとケチって最安値のものを買ったのですが、底がつるんつるん滑るので今はちょっと空海・・。せめてフィルターはええヤツを・・と思い、メーカー品を使用しています。このフィルター何やら0.3ミリの「アロマホール」なるものが施されているらしく、”お湯を注いですぐに立ち上る上質のアロマと美味しさ成分をスムーズに通し、余分な雑味や脂肪分は通さない” らしい・・・そんな都合のいいことがあるかいなって思っていますが、ふむふむ・・一味違うような気もする。家族には、まだやってるの?って意外に思われているのですが・・・まだやってるんです



ま、いろんなものの謳い文句って、結構誇張されたり、ハッタリだったりすると思うのですが・・それは時と場合による訳でして、アトピーが治りますよ!とかガンが消えた!みたいなものに騙されてはいけませんね。受け取り手の情報選択の能力が問われます(リテラシーっていうのかな?)。そういえば、アメリカ出身の芸人さんの厚切りジェイソン氏が発言されていましたが、「何も言わないのは、何も意見がないっていうことと同じですから、芸能人だって色々なこと(この場面では政治的なっていう状況でしたが)について、発言して当然だと思います」って仰っていました。僕もそう思います。でもそれには十分な情報公開だったり、情報の取捨選択が必要なのですよね。玉石混交のネット社会ですから・・。アメリカでやってるようなC-SPANっていう一日中議会中継をしているような番組が日本でもあったらいいと思うな。

 

残念でした

2月19日 日曜日 晴れ

比較的気持ちの良い1日。当番日をこなしながら、お昼休みにはまたまた雪かき・・・細部を仕上げてみました。



ちょっと遊びでトンネルを作ってみた・・

仕事終わってからもちびちびやっていると、近隣病院のN先生に、自転車で通りがかりにお声を掛けていただいた。なんとなくほっこり。

そんでもって、夜にFISのサイトを覗いてみると・・アルペンスキー世界選手権・スラロームの一本目の結果がアップされていた。なんと・・湯浅直樹選手はDNF・・途中棄権(トキ・・っていうやつ)でした。初めの急斜面で、ストレートに入る直前で谷足が引っかかるような感じで次の旗門に入れずコースアウト・・・残念でしたね、また次の機会に向けて英気を養っていただきたいです。でも、ユーロスポーツっていう番組をネットで観てると、湯浅選手がもうスタートしてるのに、ずっとその前にコースアウトしてしまったフランスの選手の話ばっかり(たぶん)で、彼に対するコメントや解説が一切なかったのはちょっと寂しい・・。しかも、ナヨキじゃなくってナオキですよ!!

大事にしよう!ポリコレ

2月18日 土曜日 雨

昨日たまたま報道ステーションなる番組を見たら、我が師匠の(勝手にそう思っているだけですが)、おいしいもの研究所・土井善晴氏が出演しておられた。アメリカ大統領をめぐるドタバタの一幕に関するコメントを求められ・・・何か既存の常識で正しいとされていたことが、いつの間にかないがしろにされ、今では何が正しくて何がそうではないのかがわからなくなっているような気がします・・の、ような内容のことを仰っていました。まさに、いま流行りの「ポリティカル・コレクトネスってダサいじゃん。もっとぶっちゃけ、本音を語ろうよ」みたいな感覚で、それこそ既存の価値や秩序をぶち壊すことに一種のカタルシスを感じるような精神性とでもいいましょうか。そういうものに警鐘を鳴らしておられるのかなと思い、大いに首肯していたのです。でもツイッターでは、何を門外漢の料理人が口を挟んどんねん・・みたいなコメントも並んでおり、ちょっとその変な反動的な反響にびっくりしたものです。もちろん既存の概念や考え方に対して、常に批判的な検証をすることの意義を否定するつもりはありませんけれど・・。

今夜は、日本ではま〜ったく・・ニュースになっていないスポーツを観る予定です。 FISワールドカップ・アルペンスキー世界選手権のスラローム! 何を隠そうアルペンスキーフリークの小生ですので、いつもチェックしております(あ、もちろん丹後スキー大会もね)。お気に入りの選手は、大怪我から復帰したスイスのララ・グート選手です。日本の湯浅直樹選手も是非入賞・・いや、表彰台に上がって欲しいです!



ってことで、数日前の雪景色をアップしておきましょう。雪は嫌いじゃないんだけど、ちょっと今年はもう・・十分デス。

あと・・・母校の悲しいニュースが世を駆け巡っています。いちOBとして、非常に腹立たしい思いで見つめております。真相はよく存じませんが・・・医師としての最も大切なことをお忘れのようですね。医師とは・・不安な人、病める人、困っている人、明日への不安を抱えている人・・に手を差し伸べる職業です。反社会的組織を形作っている人が、たとえ困っておられたとしても、ちょっとそれは身から出た錆でもありますので、わざわざ忙しい時間を割いてまで(会食・・ですか?)取り入る必要はないのではないでしょうかね。そのような方に、将来の医療を担う人材の教育をして欲しくはないです!社会人として働くこと、それ以前に、医師にはもっと基本的に大切にしないといけないことがある筈で、それをまず医学生に教えて(というか、伝えて)欲しいな・・・と思います。

ちなみに、働くことの意味とか、大切さとか、価値は・・・伊丹十三監督の作品である「スーパーの女」を見ていただければ、よ〜くわかります。この映画見て、顔を洗って、もいっかい人生やり直してくださいよ、教授さん方!