3月2日 月 雨のち晴れ

春に3日の晴れなし

やっぱり今日も訪問診療の話題を一つ・・・

かろうじて何とかお一人暮らしをされている患者さん。最近までおられた伴侶の方も昨年施設に入られたため、現在あらゆる介護サービスを投入して何とか過ごしておられます・・・いわゆる ”カツカツでやっておられる” という印象がまさにその通り。もうホントにぎりぎりの線なのですが、これがまた何事もなく比較的安定しておられるのですね、ハイ。人間の身体って不思議です・・・医者が言ってはいけませんね、そんな事。

お助けまん

そんなお一人暮らしの頼りになる助っ人は・・・クロネコ君なのでした。往診のたびに指を差し出すと、ザラザラの舌でぺろぺろしてくれます。診察が済むまで布団の上で鎮座しておられます。そしていつも私は「よろしく頼むよ〜」って彼に(彼女だったか?)呼び掛けてお宅を後にするのであります。でもたいそう心強いそうですよ、ネコ君がいてくれるだけで。